FC2ブログ
2017/07/31

八幡太郎義家の甲冑塚(東京都北区 平塚神社・甲冑塚古墳)

京浜東北線の上中里駅前の台地上にある平塚神社には、これまでにも何度か訪れていたが、社殿裏に古墳があることは最近まで知らなかった。

東北・上越新幹線で頻繁に出張に出ていた頃、上野駅を出て列車が地上に出ると、まず目に飛び込んでくるのは進行方向左手に聳える高い台地であった。数分間にわたって続く高い台地を眺めながら、あの台地の上から見る景色は一体どんなだろうか、と、いつもぼんやりと考えていた。

だいぶ以前に妻と古河庭園を見学に行った際、よもやそこがあの台地の上とは気づかずに立ち寄ったのが平塚神社への最初の訪問であった。その後暫くして、都内に残る古代官道の痕跡を調べていた際に、平塚神社の周辺は古代の豊島郡衙の跡地である、と知り、再び訪れた際、社殿裏に源義家の鎧を埋めた塚がある、という伝説は読んでいたけれど、そのこと自体をすっかり忘れていた。

所沢からの帰り道、遠出をする時間はないので帰りがけに都内でどこか寄り道をしたいと思い、いつものように「古墳なう」で都内の古墳を見ていると、平塚神社裏に現存古墳マークを見つけた。そう言えばその昔、義家伝説を読んだことをようやく思い出したので、懐かしさもあり、立ち寄ってみることにした。

飛鳥山公園を左に見ながら、確かここにも古墳がたくさんあるらしいなあ、と後ろ髪を引かれつつ、続けざまに目に入る「西ヶ原一里塚」の文字にも強く惹かれつつ、三度目の平塚神社へやって来た。

01 上中里平塚神社

境内の写真を撮る前に、まずは手を合わせて非礼を詫びる。

02 上中里平塚神社

先ほども書いたとおり、この周辺は奈良時代から平安時代にかけて、地方政庁である豊島郡衙があった場所とされており、神社の西方の滝野川公園や病院のあるあたりを中心とした500~600m四方が郡衙跡地とされている。古代郡衙がいつ頃、どのような変遷を経たのかも大変興味深いが、その後、この一帯は中世から戦国時代にかけて、太田道灌に滅ぼされるまでの間、この地方で覇権を握っていた豊島氏が、14世紀に石神井に移転するまでの永きにわたり本拠地とした平塚城の城跡でもあるそうだ。

03 上中里平塚神社

源義家が奥州征討の帰途、この地に立ち寄ったとされるのは平安時代の末期、既に豊島氏の城館だった時代で、逗留の礼としてか、豊島氏は義家から鎧一領と、義家が戦の守り本尊としていた十一面観音像を下賜されたという。「江戸名所図会」によると、その後、元永年間(1118~1120年)に「城内清浄の地を択(えら)んでかの鎧を塚に築き収め城の鎮守とす。塚の形、高からざるをもって平塚と号す。地名もまたこれによりて称す」とあり、この伝説に従えば、塚は平安時代に築かれたもの、ということになるが、「東京都遺跡地図情報」では「時代:古墳時代」、「種別:古墳」とされている。

社殿の脇にフェンスと木立が見えている。地面が(心が?)盛り上がっているのがわかる。

04 上中里甲冑塚古墳

「江戸名所図会」には平塚神社の挿し絵があり、社殿の右奥に「よろひ塚」の文字と大きく膨らんだ塚が書かれている。

05 江戸名所図会「よろひ塚」

甲冑塚のある場所はフェンスで囲われており、「危険個所あり 関係者以外立ち入り禁止」と掲示されている。樹木の合い間から空が透けて見えるので、木立の向こうはすぐ台地の縁となって落ち込んでいるのだろう。
フェンスのすぐ向こう、地面は2mほど盛り上がっており、塚の痕跡を感じる。盛り上がっている部分がだいぶ広いように思うが、東京都の遺跡一覧では直径40m、高さ3.5mの円墳とされているので、この盛り上がり全体が「甲冑塚古墳」もしくは「鎧塚」なのであろうと(希望を込めてそう)思う。

06 上中里甲冑塚古墳


(地図)
甲冑塚古墳地図


(参考資料)
「古墳なう」 http://gogohiderin.blog.fc2.com/
「隅田川の伝説と歴史」 2000年6月 すみだ郷土文化資料館編
「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」 東京都教育委員会 http://tokyo-iseki.jp/map.html#
「国立国会図書館デジタルコレクション」 国立国会図書館 http://dl.ndl.go.jp/



コメント

非公開コメント