FC2ブログ
2017/07/27

人身御供伝説を伝える橋の跡と信仰の塚(大阪府大阪市 槲の橋跡/塚本如来塚)

今回は古い伝承にまつわる文化財を紹介したいと思う。古墳ではないので、興味のない方は読み飛ばして頂いた方がよいかも知れない。

久しぶりに大阪に行くことになった。
大阪と言っても、淀川の北岸の「歌島」という地区である。

ここには以前にも来たことがある。
島でもないのに「歌島」とはどういう云われがあるのだろう、と思っていた。

=====================================================
2年半ほど以前、当時はまだ会社勤めを辞するか決めかねていた。
仕事を終え、最寄りの塚本駅へと向かいながら、ぼんやりと将来のことを考えていたが、気が付くと正面に夕焼けが見えていた。東に向かって歩いていたはずなので、考え事をしていて方角を間違えたらしい。

01 大阪歌島夕景


<槲(かしわ)の橋跡>
小さな四つ角で、一体駅はどっちだろうと見渡すと、傍らにポツンと「槲の橋 野里の渡し跡」という石碑を見つけた。

02 大阪野里槲の橋跡碑

季節は2月、道に迷って身体が冷えてしまったので、駅前の古めかしい喫茶店で暖を取りつつ「槲の橋」について調べてみた。
先ほどの四つ角は、明治時代に流路を現在の新淀川として直線に付け替える以前、このあたりで大きく蛇行していた旧淀川(中津川?)に明治9年に架けられた橋の袂にあたる場所だったようだ。
その後、中津川の旧流路は埋め立てられ、そこに「歌島」という町名がつけられたのか、と思いきや、西淀川区のHPによると、「旧村名による。一説によれば「加島(かしま)」の古称を転化して「歌島(うたじま)」と訓じたと言う。」とあるので、やはり古くからの呼び名のようであった。
「槲」というのは「神功皇后がこの地を訪れた時、土地の人が餅を柏の葉に載せ、野咲きの花束を添えて歓迎の意を表したのに対し、この地を「鼻川の里」、渡しを「かしは」と命名したことに由来する」そうである。

ところで、槲の橋跡の石碑のある野里地区には、「一夜官女祭」という神事が今でも残っているという。

03 大阪歌島一夜官女祭

その昔、野里村では、疫病や水害を鎮めるため、毎年、白矢の当たった家の娘を人身御供として荒ぶる神に差し出していたが、ある年、ここを通りがかった侍が、神が民を苦しめるのを不審に思い、娘の身代わりとして唐櫃に身を潜めたところ、現れたのは神ではなく大きな狒々(ヒヒ)で、侍は狒々を退治してそのまま立ち去った、という伝承があるそうだ。(その侍はその後、大阪夏の陣で討ち死にしたそうである。)
今でも毎年、人身御供の一夜官女(氏子の女児七名)を、正装した村人が皆で迎えに行く神事として祭礼が行われており、大阪府の指定文化財に指定されているそうだ。

04 大阪歌島夕景

=====================================================

あれからあっという間に2年半が経った。縁あって、その当時関わっていた仕事を今でも続けているので、今日、こうして再び歌島に来ている。
仕事が早く終わったので、記憶をたどり、再び野里の「槲の橋跡」碑までやってきた。季節は打って変わって7月、じっとしていても全身から汗が噴き出してくる。

ところで最寄りのJRの駅名は「塚本」である。「塚」とつくからには、古墳か塚かはともかく、何か云われのあるものがありそうなので、駅前の2年半前と全く変わらない古めかしい喫茶店に入り、今度は全身の汗が引くのを待ちつつ、塚本地名の由来を調べてみた。

西淀川区のHPでは、「『和名抄』に記された旧郷名『槻本郷』に由来する。『槻本』はツキノモト、またはツカノモトと読む。」とある。なんだ、「塚」は「槻」の詠みが変化したもので、残念ながら「塚」や「古墳」の類いではないようである。

ただし、別の方のホームページによると、旧中津川堤防近くにある「塚本如来塚」は古くは別の場所にあって、昔はその場所を「塚ノ本」と呼んでいた、とある。地図で見ると、現在の「塚本如来塚」はここから10分も歩けば行けそうな距離である。まだ全身の汗は引いていないが、もしかしたらそこに行けば「塚」だった頃の痕跡が何か見つかるかも知れない。

<塚本如来塚>
塚本駅の東側を北上、淀川通りを渡って300mほど歩くと、旧中津川の自然堤防に沿っていると思われる湾曲した細い道が交差するあたりにお堂があり、中に数体の石仏が皆、赤い前掛けをかけて並んでいる。

05 大阪塚本如来塚

06 大阪塚本如来塚

堂内には塚の由来を記した解説がある。古くは南の方、現在は新淀川の流路となっているあたりに、「建武年間」(14世紀)に作られた「東西3m、南北1.8mの盛土」の塚があり、その上に「三体の石造物があった」とある。

07 大阪塚本如来塚

自然堤防上に塚状の高まりを作る、となると、俄然、もともと古墳があったところにさらに盛土を高く積み上げたのではないか、と思いたいところであるが、全く根拠はなく、もはやこれは妄想に過ぎない。
新淀川開削に伴い、塚は明治30年に「旧中津川の南岸堤防敷」である現在地に移されたようであるが、石造物はその当時からのものが今でも大切に保存されているそうである。摩耗でほとんど表情がわからない石仏(うっすらと憤怒の相が見える気がするので馬頭観音か不動明王?)も大切に祀られている。

08 大阪塚本如来塚

お堂の脇を西に向かって湾曲した細い路地が続いており、奥に墓地が見えている。墓地には六地蔵が祀られている、というので、心の中で非礼を詫びつつ、見学させてもらう。

09 大阪塚本六地蔵

塚本という地域は戦災を免れた古い建物が多く残る地域でもあるようだ。
そこかしこの路地に、少し懐かしいような風景が隠れていた。

10 大阪塚本界隈

11 大阪塚本界隈

12 大阪塚本自販機のひやしあめ

13 大阪塚本夏草と煙突


(地図)
塚本如来塚地図


(参考資料)
西淀川区ホームページ http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/index.html
「十三のいま昔を歩こう」
『消えた中津川 2 塚本編』 http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-59.html?sp
『塚本の名前の由来』 http://atamatote.blog119.fc2.com/category2-6.html



コメント

非公開コメント