FC2ブログ
2017/04/19

多摩川右岸 微高地の低地古墳(3)(神奈川県川崎市 黄金塚古墳跡/宮内古墳)

川崎市市民ミュージアムから1996年に出版された「加瀬台古墳群の研究Ⅰ~加瀬台8号墳の発掘調査報告書」では、同時に「古代橘樹郡の古墳の基礎的研究」と題して、多摩川中下流域右岸から鶴見川・早淵川左岸にかけて現存する古墳に関する概括的な情報が纏まられていて、自分のような俄か考古ファンには大変有難い書物である。

この中に「宮内古墳群」という見慣れない名前があったので、仕事の合間に気分転換を兼ねて見に行ってみることにした。

宮内という場所は、地図で見ると、川崎市側でありながら、すぐ北西に「下野毛」、南東側には同じく「等々力」という地名があることからもわかるとおり、往古は宮内の前後で大きく蛇行していた多摩川の右岸に形成された自然堤防に囲まれた古くから開けた地域のようである。


<黄金塚古墳跡>
宮内地区の北辺、自然堤防上を辿るように道路が弧を描くように通っているが、黄金塚バス停付近でその道が北側(下の写真では右側)に膨らんで何かを迂回しているようにも見える箇所がある。「ガイドマップかわさき」では、その「迂回している何か」の場所に古墳マークが付されている。

01 宮内黄金塚古墳跡遠景

よく見ると、中央に移っている植え込みの中に比較的最近のもののようであるが石碑が立っていて、「遺跡 こがね塚」と書かれている。

02 宮内 遺跡こがね塚碑

碑が建てられている土台は側面のコンクリートが崩れていて、中からはおそらく周囲と同じであろう赤土が見えている。

03 宮内 こがね塚碑

大きな木の切り株が残っていて、切り口は(自信はないが)さほど古くないように見え、切り株の太さからすると(当てずっぽうだが)樹齢50~60年ぐらいのものではないか、と思う。

04 宮内 こがね塚碑の切り株

「加瀬台古墳群の研究Ⅰ」では、黄金塚古墳は墳形も大きさも不詳であり、大正10年の多摩川の河川工事の際に破壊された、とあるので、この切り株はその当時のものではないだろうと思う。

この地域の戦後間もない頃の航空写真を見ると、碑の立っている場所の地割は三角形に近い円形をしており、さらに西側に続く地割を見ると、裾が途中から広がったような、銅鐸のような形に見えるのは古墳好きの妄想だろうか。


<宮内古墳>
黄金塚の碑から南西に1kmほど、多摩川に突き出た形の自然堤防の南西の付け根に春日神社がある。

05 宮内春日神社

春日神社は自然堤防の微高地上にあり、敷地は現在でも周囲よりも高く、古くは「高瀬」と呼ばれたらしい。

06 宮内春日神社高瀬

社殿は敷地の北寄りの最も高い場所に建っており、その裏手に古くから「禁足地」として崇められている2m四方ほどの場所がある。

07 宮内春日神社禁足地

08 宮内春日神社禁足地

ここは新編武藏風土記稿にも記述が見られるとおり、近づき触れると祟りがあると畏れられた霊石が古くからあるとされてきた。いつの間にか霊石は埋没して見えなくなっていたらしいが、平成19年に榊を植樹する際に掘削したところ、1m大の赤い石が見つかり、再び埋め戻されたそうである。また、ここから出土したと伝わる勾玉が隣接する常楽寺に保管されており、ここに古墳があったことは間違いない、とされているようだ。

10 宮内春日神社禁足地解説

改めて周囲を見回して見ると、禁足地の周辺は最も高くなっており、北側は緩やかに傾斜して低くなっているのがわかる。

11 宮内古墳(遺存地形?)

敷地の北西の隅から禁足地の方向を見ると、敷地境界の柵付近に一段低いテラス状の場所があって、そこから敷地が一段せりあがっているように見える。

12 宮内古墳(遺存地形?)

境界の柵から見上げてみると、せりあがった敷地は緩やかに湾曲していて、何だか括れているようにも見える。

13 宮内古墳(遺存地形?)

宮内古墳も墳形、大きさとも不詳のようであるが、北西側の地形は旧来の姿を幾分留めているのではないだろうか、と思う。(これもまた古墳好きの妄想かも知れないが。)

14 宮内古墳(遺存地形?)

15 宮内古墳(遺存地形?)

勾玉を保管している常楽寺も含めて、春日神社の一帯は川崎市の重要史跡に指定されていて、歴史の重みが積み重なっている空気を強く感じる。

16 宮内常楽寺薬師堂周辺

若い人はご存じないかも知れないが、浅黄色の若葉を見ているとBee Geesの「First of May / 若葉のころ」という曲を思い出す。しかも年のせいか、そういう歌を口ずさむと少し涙が出てくるようになった。

17 宮内春日神社若葉のころ

果たして年は取りたくないものなのか、それとも積み重なって深まっていくものなのか・・・。


(参考資料)
「加瀬台古墳群の研究Ⅰ~加瀬台8号墳の発掘調査報告書」 川崎市市民ミュージアム
「ガイドマップかわさき 川崎市地図情報システム」 川崎市 http://kawasaki.geocloud.jp/webgis/?p=0&mp=21
「川崎誌考」 山田蔵太郎著 国書刊行会

コメント

非公開コメント

春日神社の一帯は川崎市の重要史跡

>勾玉を保管している常楽寺も含めて、春日神社の一帯は川崎市の重要史跡に指定されていて、歴史の重みが積み重なっている空気を強く感じる

〇記事と写真、拝見しました。
 春日神社、境内には古墳もあり興味深い記事でした。また、植えられている木が杉でないことに歴史を感じました。
 ところで、上記記事の下の写真は説明がありませんでしたが、独特のモニュメントでした。こちらの方も興味深いですね。
 草々

No title

レインボー様

コメント、どうもありがとうございます。

仏像には(にも)あまり詳しくなく、頭部の造形が欠損してしまっていて詳しくわからないのですが、一面六臂で弓矢などの武器を持ち、邪鬼を踏みつけているのでおそらく馬頭観音菩薩ではないのかな、と思います。光背に「明和四年(1767年)」という文字が刻まれているようです。

植生にお詳しいのですね。周辺の樹叢は神奈川県の天然記念物に指定されており、樫や椋、椨などが多い、と書いてありました。椨が自生している点から見ても、やはり昔は水辺に近かったのではないか、と思います。