FC2ブログ
2017/03/22

現代と過去が交錯する一里塚(東京都日野市 日野万願寺 旧甲州街道一里塚)

今日は古墳ではなく、中世の塚、旧甲州街道の一里塚である。

日野万願寺旧甲州街道一里塚

貞享元年(1684年)に日野の渡し経由に道筋が改められる以前、甲州街道は万願寺の渡しで多摩川を渡り、ここ万願寺を通って日野宿へと向かっていたそうだ。

日野万願寺旧甲州街道の変遷

この塚を超えると日野の宿場に至ることから、このあたりは「塚越」と呼ばれたらしい。

日本橋から九つ目の一里塚であり、北側のものは道路拡張などで昭和43年に失われてしまったが、街道南側の塚が残っており、塚の北側には甲州街道の痕跡も確認されているようだ。

日野万願寺旧甲州街道一里塚 解説

塚そのものは直径9m、高さ3mの楕円形で、街道との境に崩落防止のために設けられた三段の石積みの上で、宝永の富士山噴火(宝永4年、1707年)の際の火山灰が積もっていたのが確認されている。

日野万願寺旧甲州街道一里塚

塚上の榎は平成15年の調査の後に植えられたものだそうだが、風情があってなかなかよいと思う。

日野万願寺旧甲州街道一里塚 夕景

現代は塚の遥か頭上を多摩モノレ-ルが通過してゆく。

日野万願寺旧甲州街道一里塚 モノレール

現代と過去が目の前で交錯する不思議な夕暮れである。

コメント

非公開コメント