FC2ブログ
2017/03/10

坂戸台地 飯盛川右岸の古墳群(6)(埼玉県坂戸市 新山2号墳/3号墳(新山古墳群))

飯盛川右岸を大智寺のあたりまで遡ってくると、それまでの伸びやかな郊外の雰囲気は薄れ、あたりは新興住宅の立ち並ぶベッドタウンの趣きに一変する。

<新山2号墳>
飯盛川を西に望む5mほどの高台いっぱいに広がる清水町という真新しい住宅街の一画、唐突に古墳が現れる。

新山2号墳01全景

新山2号墳02解説

2号墳の周辺は、以前は雑木林で覆われた自然公園になっていて、木立の中に高さ1.4mの墳丘が残されていたが、周辺の宅地開発に伴い発掘調査が行われ、横穴式石室や周溝が発見された。

新山2号墳03墳丘

宅地化に伴い、周囲の地面が削り取られたようで、墳丘は周囲よりも1mほど高い場所にある。

新山2号墳04墳丘

調査の結果、2号墳は古墳時代末期の7世紀に築造されたもので、一辺50mと極めて大型の方墳であることがわかり、周辺を統治した豪族の首長墓と考えられている。

新山2号墳05墳丘

陽が西に傾いた。

新山2号墳06夕陽

往時の豪族たちもこんな夕陽を眺めたであろうか。

<新山3号墳、4号墳>
新山古墳群は2号墳の他に11基の円墳が確認されているが、3号墳、4号墳以外は全て開発で消滅してしまったようだ。

新山古墳群07古墳配置図

幸い開発を免れた3号墳、4号墳は、2号墳のすぐ西隣、幼稚園の北側の木立の中に残っている。

木立は自然公園で周囲を金網で囲まれており、時間が遅いためか閉まっていて入れないが、金網越しに見えているのが3号墳だと思われる。

新山3号墳08墳丘

4号墳はもう少し右の方に・・・。

新山4号墳09ウサギ?

巨大なウサギが服を着て座っているような気がするが、古墳を見過ぎて疲れているのだろうか。


(参考資料)
「埼玉の古墳 北足立・入間」 塩野博氏 さきたま出版会 2004年9月
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

コメント

非公開コメント