FC2ブログ
2017/03/10

坂戸台地 飯盛川右岸の古墳群(2)(埼玉県坂戸市 稲荷塚古墳/東光寺古墳(雷電塚古墳群))

坂戸市北東部にある雷電塚古墳群には3基の古墳が現存している。
現地解説板を見ると、雷電塚古墳のすぐ東側と、南側にやや離れて円墳群の周溝が発掘されているらしいが、これらはいずれも墳丘は現存しないようだ。

<稲荷塚古墳(2号墳)>
古墳群の主墳である雷電塚古墳の墳丘上から周囲を見回すと、前方部墳裾がそのまま畑地との境界となって南の方に続いているように見える。その先、民家の手前にこんもりと盛り上がって見えているのが陪塚とされている2号墳である。

坂戸稲荷塚古墳00

坂戸稲荷塚古墳01

民家の庭先の続きのような場所なので立ち入るのが憚られるが、墳頂の祠にお詣りする道があるので、「失礼しまーす」と小声で呟きながら稲荷社まで進み、非礼をお詫びしつつ合掌。

坂戸稲荷塚古墳02

直径15m、高さ1.4mの小円墳で、西側半分ほどが畑地として削り取られているらしい。


坂戸稲荷塚古墳03


<東光寺古墳(3号墳)>
東光寺は平安時代末期、「心」の文字の形をした小さな池に浮かぶ老樹が鬱蒼と繁る小島に薬師如来を祀ったのが始まりとも、新田義貞が鎌倉攻めの途上、ここで休息した際、東西に光を放つ場所があったためそこにそれぞれ寺を建てた、とも言われる古寺である。

3号墳は雷電塚古墳、稲荷塚古墳から少し北に離れた、東光寺本堂裏手の杉木立の中にひっそりとあった。

坂戸東光寺古墳04

墳頂に愛宕権現が祀られていることから「愛宕塚」とも呼ばれている。

坂戸東光寺古墳05

直径20m、高さ2.4mの円墳とされるが、「三芳野村郷土誌稿」に「此ノ社ハ往古ノ墳墓ラシク瓢形ノ塚ノ上アリ」との記述が見られることから、古くは前方部を伴った前方後円墳で前方部が破壊されている可能性があるそうだ。

坂戸東光寺古墳06

北側から回ってみると横から見たときよりも墳丘は幅が広く、細長い形をしているようにも見える。

坂戸東光寺古墳07

3体のお地蔵様が穏やかな日差しの中、穏やかな表情で立っている。

坂戸東光寺古墳08

見ているこちらまで穏やかな心持ちになってくる。


(参考資料)
「埼玉の古墳 北足立・入間」 塩野博氏 さきたま出版会 2004年9月
「探訪 武蔵の古墳」 野崎正俊氏 新人物往来社 1998年1月
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

コメント

非公開コメント