FC2ブログ
2017/01/13

千波湖を望む穏やかな古墳群(茨城県水戸市 千波山古墳群)

鹿嶋、大阪と出張続きであるが、今度は水戸に出かけることになった。用件を夕方からにしてもらい、以前から気になっていた水戸市内の古墳を見に行くことにした。

踏切事故で少し遅れていたらしく、予定より一本前の特急に乗ることができたが、常磐線の特急はいつも混雑している。水戸駅前でレンタカーを借り、千波湖南岸の千波山古墳群に向かう。小さな古墳群のようで、「いばらきデジタルまっぷ」によれば、前方後円墳1基、円墳2基から成るらしい。

<3号墳>
千波神社の北東、住宅街の一画が小さな公園になっている。公園の築山が若干盛り上がっているのが見える。

千波山3号墳南から

解説板はなく詳細不明だが、「埼群古墳館」さんによれば3号墳は全長25m、高さ1.3mの前方後円墳で、公園造成時に墳丘上部は削られてしまったらしい。

千波山3号墳東から

南側が後円部、北に向かって前方部が突き出しているらしく、上の写真では左が後円部で、右に向かって前方部が伸びている。

千波湖南側の高台が湖に向かって緩やかに下っていく縁のようなところなのであろう。前方部から見上げると墳丘の遺存具合がよくわかる。

千波山3号墳北から

墳丘上は普段は子供たちが駆け回っているのだろう、芝生がところどころ剥げている。埋葬施設が残っているようには思われないが、古墳の主も日々、子供の声を聞きながら眠っているのか、と思うと、穏やかな心持ちになってくる。

千波山3号墳

千波山3号墳墳丘上


<1号墳、2号墳>
3号墳の北西、千波公園背後の緩斜面の頂上付近に、住宅を挟んで2基の円墳が残されている。

千波公園

見づらいが、上の写真の中央遊具の後方緩斜面上、画面右端方向に1号墳、左端付近遊歩道脇に2号墳。

1号墳は直径20m、高さ2mの円墳で、公園背後の雑木林が途切れて住宅地が始まるところで、冬の太陽を浴びていた。

千波山1号墳

千波山1号墳

千波山1号墳

雑木林で千波湖は見えないが、その代わりこちらも公園で遊ぶ子供たちがよく見える。埋葬されるのであれば自分もこういうところがよいのかな、などと考える。

千波山1号墳


2号墳はそこから数件の住宅を挟んだ北側、雑木林の中にあった。1号墳と同じく直径20mの円墳だが、高さは2.5mとこちらの方が僅かに高い。

千波山2号墳

墳裾北側は公園の遊歩道がすぐ近くを回っていて、公園の遊具からは離れているが、こちらは犬の散歩をする老人やジョギングをする人がたまに通るようだ。

千波山2号墳

千波山2号墳

木立の隙間から千波湖が見え隠れしている。

千波山2号墳



(参考資料)
「いばらきデジタルまっぷ」 茨城県 http://www2.wagmap.jp/ibaraki/top/select.asp?dtp=34
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

千波山古墳群地図