FC2ブログ
2016/12/16

多賀城の小円墳(宮城県多賀城市 稲荷殿古墳)

仙台港に出張することになり、少し早く現地に到着したので、多賀城駅から徒歩10分ほどの稲荷殿古墳を見に行った。

多賀城駅の北、多賀城市役所を西に入ってすぐの瀟洒な住宅街の一角、三方を住宅に囲まれているが、古墳は文化財としてきちんと保存されていた。朝陽を浴びて、電柱の長い影が墳丘まで伸びていた。

20161215 DSC_4775s多賀城稲荷殿古墳

直径13.5m、高さ約2mの円墳で、7世紀前半の築造、横穴式石室から銀環(耳飾り)や石製小玉などが出土したらしい。

20161215 DSC_4779s多賀城稲荷殿古墳

20161215 DSC_4778s多賀城稲荷殿古墳

墳丘を眺めながら、墳頂が窪んで見えるのは盗掘にあったのか、それとも埋葬施設が陥没した跡だろうか、などと考えていると、幼稚園に子供を連れていく途中か、自転車に乗った女性が怪訝そうにこちらを見ている。近頃は物騒な事件が多いので、古墳見学も気楽でない。

周囲は一面、有名な多賀城遺跡が点在するエリアであるが、遺跡地図を見ても古墳はこの稲荷殿古墳だけのようである。
土地勘が利かず周辺の立地がよくわからないが、古墳はここから数百mほど南を流れる砂押川に面した河岸段丘に作られているのであろう。そういえば市役所からここまでは緩やかな上り斜面になっている。

20161215 DSC_4782s多賀城稲荷殿古墳近く

市役所近くまで下ったところの公園内に、さきほどの古墳よりも大きな盛土の山があった。
最初、これが古墳か、と思ったが、遺跡地図を見ても何も記載がないことからすると、こちらは人口の盛土なのだろう。

さて、ミチクサはこのぐらいにして、仕事に向かうとしよう。今日も空が青い。

多賀城 稲荷殿古墳 地図