FC2ブログ
2016/04/23

高台の漁業無線基地に残る2基の古墳(福島県いわき市 千速古墳)

小名浜で一泊することになり、帰路、早起きして古墳を見学することにした。小名浜近辺の古墳は概して情報が少ないが、今回は「ふくしまの遺跡」(福島県考古学会)に掲載されている千速(せんぞく)古墳群に行ってみることにした。

古墳群と言っても、標高54Mの丘陵先端、漁業無線基地局の敷地内に2基しか残っていないらしい。小名浜本町の交差点を東進、林崎の交差点を過ぎると左前方に丘陵が見えてくる。丘陵上には白いアンテナが何本か見える。
御霊神社の北側の山道を上っていくと、ほどなく無線基地があり、入り口の左右に丸いマウンドがあった。

千速古墳(右:南墳、左:北墳)

「ふくしまの遺跡」によると直径20m、高さは4mとある。墳形は不明だが、特に北側のものは道路のカーブに沿って墳裾部が削られているからであろうか、2つ並んだ円墳に見えるが、南側の墳裾も不自然に切り立って見えることから、おそらく両者とも削られているのであろう。2つの墳丘は距離が極めて接近しており、道路で削られる以前、もしかすると二つは繋がっていたのではないか、と思ったりもする。

千速古墳(右:南墳、左:北墳)

千速古墳(南側)

南側の墳丘上には祠が見える。

千速古墳(南側墳頂)


北側の古墳。墳裾が削られている。

千速古墳(北側)

千速古墳(北側)


北側の古墳北側には広場状の空き地があって、遅咲きの八重桜が小雨混じりの曇り空に震えているようだ。

千速古墳の八重桜

千速古墳群地図