FC2ブログ
2017/01/04

平将門所縁の地の前方後円墳(千葉県印旛郡酒々井町 鬼塚古墳)

成田への初詣の帰途、妻に古墳をひとつ見るお許しをもらったので、鬼塚古墳という前方後円墳を見に行くことにした。

もともと千葉県内の古墳に関しては予備知識をほとんど持っていない上に、予習を全くせずに出かけたのであるが、調べてみると酒々井町から佐倉市にかけた本佐倉という一帯は戦国時代の千葉氏の本拠地であった場所でもあり、古くは平将門の出生地/出城があった場所ともいわれているようである。

成田山へ参詣した後に将門所縁の地に行く、というのも気が引ける話ではあるが、それはともかく、鬼塚古墳はそうした将門伝説のある本佐倉地区の酒々井町隣保館というコミュニティセンターの前に残されていた。

鬼塚古墳後円部を南東から

鬼塚古墳前方部


古墳の築造は6世紀後半、全長30m、高さ3m、円筒埴輪や形象埴輪が出土したようである。周囲はだいぶ削られているのか、前方部と後円部の区別がつきづらいが、古墳巡りの参考にさせて頂くことの多い「埼群古墳館」さんのホームページによれば、西側が前方部、東側が後円部で、後円部の直径は12mとのことである。

鬼塚古墳前方部

鬼塚古墳括部を北から

鬼塚古墳前方部より後円部

夕陽がだいぶ傾いた。

鬼塚古墳 墳丘上の夕雲

鬼塚古墳夕景

将門さん、お怒りだったらごめんなさい。

鬼塚古墳地図

埼群古墳館さん、無断引用大変申し訳ありません。

(参考資料)
「酒々井町観光ナビ」:https://www.town.shisui.chiba.jp/navi/mobile/index.php
「ふさの国文化財ナビゲーション」:http://wwwp.pref.chiba.lg.jp/pbbunkazai/framesetMain.aspx(千葉県教育委員会)
「埼群古墳館」:http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/