FC2ブログ
2018/06/09

弥生出雲王の墳丘墓(2)(島根県出雲市 西谷墳墓群史跡公園)

出雲弥生の森博物館の展示を見た後は、いよいよ四隅突出型墳丘墓の実物を見に行こうと思う。

四隅突出型墳丘墓は博物館のすぐ西側、西谷の丘の上にある。
西谷の丘は比高差20mほどの高台で、東に斐伊川を望む眺望のよい場所である。台地の西側は切り拓かれて学校などになっているが、墳丘墓群の見つかった東側一帯は史跡公園として整備されている。
墳丘墓は丘上に南北に並んでおり、北から順に1号墓、2号墓・・・となっている。

01 墳丘墓分布図(博物館パンフレットより)
墳丘墓分布図(博物館パンフレットより拝借)

この丘上には、大型の四隅突出型墳丘墓が3基、小型のものが2基と、少し離れた神社境内に大型のものが1基確認されており、これら大型の墳丘墓は歴代の弥生出雲王の墳墓とされている。行ったことはないので勝手な妄想ではあるが、どことなくエジプトの王家の谷を連想してしまう。
この一帯は、弥生時代末期に四隅突出型墳丘墓が作られた後も、引き続き墓域として連綿と使用され続けたらしく、周辺では古墳時代の円墳や方墳なども数多く確認されているようだ。

02 現地解説板

博物館横には古墳時代末期の横穴墓も見えている。

03 横穴墓群 第3支群

できれば全てをつぶさに見て回りたいけれど、残念だがそこまでの時間はないので、四隅突出型墳丘墓に絞って順番に見て回ろうと思う。

博物館前の坂道から丘陵上に上ると、木立の向こうに最南端、小型の6号墓が見えてきた。

04 6号墓(北から)

柵が載っているマウンドがそうであろうか。

05 6号墓解説板

06 6号墓(南から)
南側から。手前左の赤土部分が残存する突出部?

四隅のうち一隅だけが残っているようだが、墳墓脇の解説板と見比べてもどうも判然としない。築造されてから幾星霜、1800年以上経っているのだから、部分的に残っているだけでも、もはや奇跡ではある。6号墓の墳丘は東西16m、南北は8m以上、高さ2.5mで墳裾の配石は1列、弥生時代終末期の築造とされている。

丘上を北に向かうと5号墳がある。
5号墳はパンフレットでは「墳」とされていて、弥生時代の墳丘墓でなく古墳時代の古墳のようだが、現地の解説板の表示は「5号墓」で、「築造時期は不明」となっている。かつては前方後方形と考えられた時期もあったようだが、22m × 17m前後の長方形墳墓だった可能性が高いとされている。

07 5号墓解説板

5号墓
北側から振り返って。手前左側が「土壙」の見つかった「北西平坦部」?その奥、中央の最も高く見えているところが5号墓

5号墓のすぐ北側に聳える小山が4号墓、大型の四隅突出型墳丘墓である。
4号墓は大型墳丘墓の中で3号墓、2号墓に続いて築造された3代目の王墓(築造順は3号墓→2号墓→4号墓→9号墓)とされており、弥生時代後期後半(2世紀末頃)の築造とされている。
現地解説板によれば方丘部は東西32m、南北26m、突出部を含めると約40m(パンフレットでは『47m × 45m、高さ3.5m』)で、壺や鼓型器台のほか、吉備地方の特殊土器も出土している。

09 4号墓解説板

墳丘は山道で破壊されていた突出部を復元、遺存していた方丘部に若干盛土をし、表面に芝を貼った状態で保存されているそうだ。

4号墓北西突出部

4号墓の北隣には「17号墓」がある。
墳丘は調査時点で既に原形を留めておらず、解説板に「現状では高さ70cm以上、直径または一辺が8m以上の円形または方形」とあるが、あいにく草叢で所在が定かでない。

17号墓解説板

正面にあるこの茂みがそうであろうか。

17号墓?

その北側に隣接する3号墓も大型の四隅突出型墳丘墓で、西谷の丘では最も古く、初代出雲王墓と考えられており、築造は弥生時代後期後半、2世紀後半頃と推定されている。発掘以前、墳頂にはお堂があって、斜面にはお堂へ至る石段が残っていたそうだ。
墳丘は墳裾周りに石列(2列)が復元されており、独特な形状がよくわかる。大きさは東西40m、南北30m、高さ4.5mで、突出部を含めると約50m(パンフ記載は『52m × 42m × 4.5m』)もあり、博物館の展示にあったとおり、墳頂の主体部からは祭祀目的と思われる柱穴の跡や厚く敷き詰められた朱、ガラス製の勾玉などのほか、吉備や越(高志=北陸地方)の土器も出土している。

3号墓南西突出部

つくづく、突出部は見れば見るほど面白い形状である。何やら巨大なカモノハシが腹ばいに寝そべっているようにも見える。

北側2号墓墳頂から見た3号墓

墳頂へは階段で上ることができ、発掘された主体部や柱穴の位置がカラー表示されている。

3号墓墳頂主体部と柱穴跡の表示

墳頂から北を見ると、墳丘全体の張り石まで再現された2号墓がすぐ隣に見えている。

3号墓墳頂から見た2号墓

2号墓は3号墓に続いて築かれた2代目の王墓で、弥生時代後期後葉、規模は南北36m、東西24m、高さ4m(パンフ記載は『46m × 29m × 3.5m』)、墳裾の配石は2列あったそうだ。戦前まで陶土採取の対象とされてきたため、墳丘は南側の一部を残して大きく削平されていたらしい。残存墳丘に2mほどの盛土をして墳丘全体を復元、墳裾配石や貼り石まで再現され、築造当時の威容を目の当たりにすることができる。墳丘内部には発掘調査の過程を紹介した展示施設まで設けられている。

2号墓解説板

2号墓北西突出部

さらに史跡公園の北端ギリギリ、高校のグラウンドを見下ろす場所に、この地で最初に四隅突出型墳丘墓として発見された1号墓がある。

1号墓

発掘当時、既に北西側が大きく崩されて半壊状態だったようだが、残存部分から大きさは10m四方ほどと推定されている。南東側墳裾から大きく弧を描いた石列(1列)が発見され、当時は古墳時代初期の「発生期の古墳」と考えられていたことから、「西谷1号墳」若しくは当時の地名から「来原1号墳」と呼ばれたらしい。

1号墓解説板

さて、史跡公園として整備されているのはここまでのようだが、もう1基、国内最大の四隅突出型墳丘墓である9号墓が300mほど離れた丘の上に残っているようだ。

が、しかし、だいぶ長くなってしまったので続きはまた次回、西谷墳墓群を築いた弥生王たちの時代を妄想してみたいと思う。

<投稿 2019.09.02>

(参考資料)
「出雲弥生の森博物館ホームページ」
http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1244161923233/index.html
「シリーズ遺跡を学ぶ123 出雲王と四隅突出型墳丘墓 西谷墳墓群」 2018年2月 渡辺貞幸氏 新泉社
「日本史リブレット13 出雲国風土記と古代遺跡」 2014年11月 勝部昭氏 山川出版社
「山陰文化ライブラリー12 古代出雲繁栄の謎」 2017年9月 河原和人氏 ハーベスト出版



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

michikusa520さん、こんにちは。

このヒトデのような古墳も最初は葺石でしっかり保護されていたんですね。北陸や福島にもあると本で読みましたが、まだ見たことがありません。でも群馬の弥生墳丘墓の方墳には四隅が直角ではなく、やや飛び出たものもあります。日本海経由で東北に入ったとすれば、関東に影響与えていてもおかしくはないですね。
また、古墳本体ではないが、古墳時代の造出や周濠の中の島状遺構には完全にヒトデ形があります。津堂城山古墳や巣山古墳は典型的です。私は出雲を中心とした中国地方文化の影響なのかと想像してます。このように特徴のある形だと、文化の交流、人の交流が推定できるかも知れないので貴重な遺物ですね。

Re: No title

形名様、コメントどうもありがとうございます。東国の古代史、興味深く拝見させて頂いております。
事前に大した予習もせず、軽い気持ちで見学に行き、帰宅後、いろいろ調べては、その奥深さに感嘆しています。
ご指摘のとおり、出雲の勢力が(丹後の勢力と敵対していた、という説もあるそうですが)北陸から南東北へと影響力を及ぼす過程で、北関東にもその文化的な要素が伝播していたとしてもおかしくはないですね。群馬の弥生墳丘墓も是非見に行ってみたいと思います。
全くの不勉強ゆえ、ヒトデ形の島状遺構については初めて知りました。どうもありがとうございます。少し研究などしてみたく思います。

不束なブログですが、今後ともご指導のほど、よろしくお願い致します。

四隅突出型墳丘墓、独特

>その北側に隣接する3号墓も大型の四隅突出型墳丘墓で、西谷の丘では最も古く、初代出雲王墓と考えられており、築造は弥生時代後期後半、2世紀後半頃と推定されている。

〇前回に続き興味深いきじでした。
 特に「築造は弥生時代後期後半、2世紀後半頃」、大和政権以前のこと、こうした独特の文化があったというのは、そのルーツも知りたくなります。
 もしかしたら、ツングース系でしょうか。

No title

レインボー様、コメントどうもありがとうございます。

出雲の人々の起源については不勉強で存じ上げないのですが、貴ブログにあるとおり長身の北方系民族が縄文時代、寒冷化に伴って朝鮮半島を経て日本列島に移住してきたのであれば、当然、彼らは出雲地方にも入ってきたのではないかと思います。各地の独特な文化圏形成の一因にもなってるのかも知れませんね。