FC2ブログ
2018/01/05

庚塚の名残り(?)の見晴らし台

今日は言わば空振りの三振、古墳でも、塚でもない、「金塚」という広場の単なる盛土である。

昭島で新年早々の仕事を終え、今日はこの後、急ぎの用もないので、ドライブを兼ねてのんびり帰ろうと思う。

立川から南下して、関戸橋の手前から多摩川沿いに裏道を是政橋の近くまで来た時である。窓外を通り過ぎて行く看板に「塚」の文字を見たかな、と思った次の瞬間、目前に、大きな塚状の盛土が目に入った。

01 是政金塚桜広場

周囲と同じく芝生が貼られている上に、頂上に構造物が乗っているところを見ると、これは公園の見晴らし台のような人工の盛土だろう。ちょうど赤信号で停止したこともあるので、道路脇にクルマを寄せてちょっとだけ見に行ってみよう。

見る位置によっては古墳のようにも見えなくも・・・。いや、やはりちょっと、さすがにそうは見えない。

02 是政金塚桜広場

最初に「塚」の文字を見た看板はこの広場の植物を紹介しているもので、広場の名前は「金塚桜広場」という名前のようだ。

03 是政金塚桜広場

広場のすぐ前は多摩川の堤防道路で、塚状の盛土の上に上がってみると、多摩川の歴史を伝える府中市の設置した看板があった。

04 是政金塚桜広場

広場の名前にもなっている「金塚」はこのあたりの地名のようで、看板には「是政金塚(昭和4年頃)」という白黒写真が掲載されている。

05 是政金塚

昔ここにあった金塚という塚が映ってるのかな?と思い、近寄ってよくよく見たが、どう見ても塚のようなものが映っているようには見えない。

やはりここに「金塚」という塚があった訳ではないのか、と思い、そのまま帰路についた。

それにしても何故、「金塚」なのだろう。

自宅に着くまで悶々と気になっていたので、調べてみると、府中市が設置した由来碑を紹介しているホームページで「金塚橋」の由来、というものを見つけた。

府中用水に架かっていた橋の名にもなっているようだが、「金塚」の由来は「かのえづか(庚塚)」にあり、「かのえづか」がなまって(?)「かねづか」になったもの、と書かれている。いつの頃かわからないが、ある時期、ここには庚申塚のようなものがあったのだろう。

今日見たあの盛土は、いずれにしても古墳でも塚でもないようだけれど、「塚」の字が付くには、やはりそれなりの理由があるようだ。


(地図)
是政金塚桜広場地図


(参考資料)
「がいどまっぷ府中」 由来碑 https://fugis.city.fuchu.tokyo.jp/FuchuInternet/portal/yuraihi.html




コメント

非公開コメント