FC2ブログ
2018/01/02

馬の背の宿場に伝わる塚と伝説(神奈川県海老名市/綾瀬市 相模大塚跡)

前回に引き続き、今回も相模国の大塚シリーズ、今日は「相模大塚」を訪ねてみようと思う。

鶴間大塚を見た後、暗くなるまではまだ少し時間があるので、再び246の旧道に戻って南西方向に向かう。
この246の旧道も、古くは大山街道若しくは矢倉沢往還という昔からの街道であり、延喜式に見える旧官道東海道のルートを踏襲したものとされていて、下鶴間から相鉄線のさがみ野駅前まで、南西方向に一直線に進路を取っている。

ところで、そのさがみ野駅であるが、相鉄線が開通した当時、この近くにあった駅は「相模大塚」という名前であった。

(現在、さがみ野駅の東隣にある「相模大塚」駅は昭和18年に新設された別の駅らしい。しかも戦後の一時期、「さがみ野」駅はなく、今のかしわ台駅近くに「大塚本町」駅があったそうで・・・、この辺りは複雑なので深追いするのは止めておこう。)

このあたりには矢倉沢往還の宿場町、「大塚宿」があり、大山詣でが流行した江戸後期はたいそうな賑わいだったらしい。
明治以降、大正時代までは旅籠や商店が建ち並んでいたそうだ。
大塚本町の周辺は、現在でも狭い街道に沿って民家が密集していて、往時の雰囲気をよく残している。

さて、この「大塚宿」、古くは宿場の外れに大きな円墳があったためにその名が付いたらしい。
鶴間大塚以上に、こちらの大塚についても極めて情報が少ないが、「ホントに歩く大山街道」という書籍に以下のように記載されている。

「大塚宿は大塚本町交差点の近くにあった。・・・中略・・・宿場の西南端辺りに大塚があった。頼朝の時代、早川村と上今泉村がここで戦い、戦死者が出たため、ここに塚を作り、埋めたと伝えられている。当初、大きな円墳があったらしいが、今はない。」

宿場は現在の大塚本町交差点を挟んだ200mほどの範囲にあったようであるので、「宿場の西南端」と言うと、大塚本町交差点の南西あたりではなかったか、と思う。
このあたりは座間市、海老名市、綾瀬市の市境が複雑に交差している。大塚本町の交差点は海老名市域にあるが、交差点の南西は、街道よりも南は綾瀬市域、北は海老名市域になっているが、宿場名の由来となった大塚は一体どこにあったのであろうか。

交差点の南側には幼稚園などがあり、そのすぐ向こうは崖状に落ち込んだ標高差10mほどの谷状地形になっている。そちらの方向は周囲では最も標高が高く、街道から見ても一段高くなっているのがわかる。

01 相模大塚 交差点より南西方向

塚を築く場所としては持ってこいのように思えるが、南に広がるV字谷が狭く、どことなく視界に広がりが足りない感じもする。亡くなった方々を弔う場所として、南向きの高台を選ぶ、ということもないだろうし、谷底も緑地帯などがあっていい雰囲気ではあるが、川と言うほどの流れも見当たらない。

一方、街道の北側は、こちらも50mほど行ったところで高さ15mほどの崖に面した高台になっている。

02 相模大塚 北西方向の眺望

03 相模大塚 北西方向の眺望

家々が立ち並ぶ以前はさぞかし見事な眺望だったのだろうと思う。今となっては見通しは利かないが、地図で見ると崖下は幅300mほどの谷になっており、谷底には目久尻川が流れている。この目久尻川(メクジリガワ)にも興味深い伝承が多く残されている。

目久尻川は今でも夏になれば蛍が飛び交う自然の豊かな川である。そんな谷を見下ろす北向きの斜面でもあり、崖沿いの高台には雰囲気のある雑木林も残っている。

04 相模大塚 大山街道北側の斜面

近くに墓地もあり、戦で亡くなった方々を弔う場所としてもふさわしいようにも思われたが、手がかりとなるようなものは見当たらなかった。

もう一点、「早川村と上今泉村が戦って出た死者を埋葬した」という由来についても少し気になっている。
時代はともかく、集落同士で死者が出るほど争う、というのは、一体どのような紛争だったのだろう。
古く、早川村は「渋谷荘」と呼ばれる渋谷氏(河崎氏)の支配地であり、早川城山には渋谷氏の城も築かれていたようである。一方で、上今泉村は、早川からの距離は僅か4kmほどで、早川城の渋谷氏と対峙するような勢力がいたというような情報は見当たらない。
宿場の労役負担や境界などを巡って、死者が出るほどの争いが起こったのだろうか。

05 相模大塚 北西の空

結局、塚のあった場所も、由来も、わからないことだらけ、ということがわかったに過ぎないが、最後にひとつ、色々調べた副産物、という訳ではないが、海老名市のホームページで見つけた、大塚宿に伝わる伝承を紹介しておこうと思う。

南北に谷が迫り、馬の背のような土地にある大塚宿は昔から風に無防備であった。
殊に冬の吹雪の晩はたいそう寒く、吹き溜まりで難儀する旅人も多かったそうだ。
江戸の頃、この宿場にあった大塚屋という旅籠に、とある吹雪の晩、道に迷った若い男女が一夜の宿を求めてきた。男は青白く、折り目正しい武家の青年で、連れの女はぞっとするほど美しかったそうだ。
さぞかし寒かろうと、宿の主人が火鉢を勧めても、二人とも手をかざすこともせず、そのまま布団に入って寝てしまったそうだ。
吹雪は夜通し荒れ狂い、地鳴りのように一晩中吹き荒れたが、夜明けとともに収まった。
朝になって、女中が二人を起こしに行くと、部屋に女の姿はなく、男は布団の中で冷たくなっていた。
昨晩、女中が片付けた草履は何故か一足しかなく、宿の戸口も内側から留め金が架けられたままだったという。
役人の検視が済んだ後、女中が部屋の布団を片付けようとすると、女の方の布団は人の形にずっしりと濡れていたそうである。
(海老名むかしばなし 第5集 「大塚っ原の雪女郎」より)


雪女が旅人の命を奪う、という伝説は、冬の寒さと旅の困難さを伝えるものだと思うが、この話は大塚宿が立地する土地柄も織り込まれていて、興味深い、と思う。

相模大塚の痕跡はわからなかったが、大塚宿が辿ってきた歴史の香りを少しだけ嗅がせてもらったような気がした。


(地図)
相模大塚地図


(参考資料)
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html
「ホントに歩く大山街道」 中平龍二郎氏 2007年7月 風人社
「戦国武将列伝Ω 『早川城と渋谷氏・渋谷高重・渋谷光重の栄華』」 https://senjp.com/haya/
「海老名むかしばなし 第5集 『大塚っ原の雪女郎』」 海老名市ホームページ www.city.ebina.kanagawa.jp/shisei/profile/tankyusha/minwa/index.html




コメント

非公開コメント