FC2ブログ
2018/01/02

「鶴舞う里」の大きな一里塚(東京都町田市 鶴間大塚)

正月休みに座間の実家へ顔を出そうと思うが、少し早めに自宅を出て、寄り道をしてから行こうと思う。

首都高から保土ヶ谷バイパスで横浜町田インターを過ぎ、国道246号のバイパス手前の交差点を左折して246の旧道に入る。高校生でバイクの免許を取った頃はまだバイパスは開通しておらず、「246」と言えばこの片側一車線の道しかなかった。今でもこちらを通ることが多いのは、旧道が好きなこともあるが、年を取って「郷愁」が年々強くなっているせいもあるのだろう。
武蔵と相模の国境とされる境川に向かって、緩やかな南向きの斜面をゆっくりと下っていく景色は、空が広くて気持ちが落ち着く眺めだ。
赴きのある大谷戸の集落で246の旧道と南北に交わる古い道との交差点に立つ庚申塔なども風情があってよい。

この南北に真っすぐに走る道は「戸塚道」と呼ばれ、瀬谷を経て泉区の飯田から戸塚方面へと至る古くからの道で、飯田までのルートは鎌倉街道上道とも言われているようだ。
大谷戸からこの「戸塚道」を少し北上したところに、「鶴間大塚」もしくは単に「大塚」と呼ばれる大きな塚が現存している。

戸塚道は今では住宅地の中のごく普通の生活道路になっており、大塚はその道路に面した東側に残っている。

02 鶴間大塚

「鶴間」は町田市であるが、隣接して相模原市に「上鶴間」、大和市に「下鶴間」という地名がある。分割・編入が行われる以前はいずれも相模国高座郡だったそうだ。
「ツルマ」の語源はいくつかあるようだが、源頼朝が富士に鷹狩りに行くために通りがかったときに鶴が舞うのを見た、というもの、あるいは義経が頼朝の怒りを買い、失意のうちに京都へ戻る際、この地で鶴が舞うのを見て、持参した財宝をこの地に埋めた、という伝説もあるらしい。

さて、塚であるが、とても大きくて立派な塚であるが、この塚についての情報は意外と少ない。

「東京都遺跡地図情報」では時代は「[中世]」、種類は「その他(塚)」となっているので、時代不明の塚の一種という、何だかよくわからない整理になっている。
塚の所在する鶴間町内会のホームページによれば、塚の高さは5mほどで、地元では「一里塚」とされているようだ。直径は10mほどはあるだろうか。

01 鶴間大塚


塚の頂には、火難及び盗難除けを祈願して祀られた奥多摩の御嶽信仰に由来する小さな石祠が建っている。

03 鶴間大塚

04 鶴間大塚 頂上の御嶽社祠


塚の中腹には「一里塚 鶴間」と彫られた新しい石碑が建っている。

05 鶴間大塚 中腹の一里塚碑

周囲はすっかり開発が進み、住宅や企業が立ち並んでいるが、少し以前までは、あたり一面、畑が広がっていたようである。「旧鎌倉街道探索の旅 上道編」という40年ほど前に発行された書籍には、畑の向こうに鬱蒼とした木立を背負って聳える大塚の写真が掲載されている。
「今昔マップ on the web」で見ると、一面に桑畑の記号が広がる中、南北に真っすぐ伸びた街道に面して、塚のマークが見えている。

06 明治39年 2万分の1「長津田」より(今昔マップon the webより)
(中央赤矢印が鶴間大塚、その左脇を南北に通るのが戸塚道こと旧鎌倉街道上道、画面右上から斜めに横切っているのが大山街道こと国道246号の旧道、画面左下に黒く境川 今昔マップon the web 明治39年測図、42年製版「長津田(二万分の一)」より該当部分を拡大)


このあたりの地形は、500mほど西を境川が南北に流れる高さ15mほどの高台の上であるが、塚がある場所から高台の縁までは300mほど離れている。一里塚にしては大きくて背も高いので、もとは古墳だった可能性も・・・と思っていたが、立地からするとやはりこれは一里塚なのであろう。

とは言え、少し合点が行かないのであるが、これが一里塚であるならば、道の反対側にもあったようにも思うが、「今昔マップ on the web」で見ても、明治39年の地図には道の反対側には何も描かれていない。道路拡幅に伴い、一里塚の片方が削平された、という例も多いように思うので、不思議なことではないのかも知れないが、この道はどうも拡幅されたようには見えない。
桑畑への開墾で削平されたのであれば、両方とも削られてしまうようにも思う。
さらに、これが一里塚なのであれば、地図上を街道沿いに南北へ辿れば、隣の一里塚も残っているのではないか、と思い、いろいろ探してみたのだが、周辺には一里塚やその跡地、伝承などもさっぱり見当たらない。

一里おきに道の両側に一里塚がある、というのは江戸時代に整備された街道の特徴なのであろうから、鎌倉時代までに自然発生的(?)に成立した鎌倉街道の一里塚は、一定間隔にある訳でも、道の両脇に必ず塚がある、という訳でもないのかも知れない。

そうだとすると、こうした一里塚は、たまたま誰かが、何かの目的で、街道沿いに築いた塚、ということなのだろうか。
(そうではなく、昔からそこにあった古墳だったんじゃないの?と、ノドまで出かかっているのであるが・・・。)

いずれにしても、果たして、この塚の正体は一体・・・。


(地図)
鶴間大塚地図


(参考資料)
「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」 東京都教育委員会 http://tokyo-iseki.jp/map.html#
「鶴間町内会ホームページ」 http://www.tsuruma.jp/
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html
「旧鎌倉街道探索の旅 上道編」 芳賀善次郎著1978年10月 さきたま出版会
「ホントに歩く大山街道」 中平龍二郎著 2007年7月 風人社




コメント

非公開コメント