FC2ブログ
2017/08/19

3世紀前半の前方後円形墳丘墓(3)(岐阜県富加町 池下1号墳/閏田古墳(2号墳)/中障子2号墳)

今日は「夕田茶臼山古墳」など、富加町に残る3世紀前半築造の古墳を満喫したが、まだ少し時間がある。古墳に興味のない妻はもうすっかり飽き飽きしてしまったようなので、あちこち寄り道はできないが、親戚宅へ向かう道すがら、遠回りにならずに立ち寄れる範囲で、3世紀前半の築造ではないが、富加町内の他の古墳を見て行こうと思う。

「井高1号墳」のすぐ西の丘陵斜面には、墳形不明の「井高2号~4号墳」が分布していたようだが、古墳分布図では「滅失または損壊」となっている。少し北西には「大山車塚古墳」(円墳)が現存しているようだが、さらに北西には前方後円墳がもう1基、現存しているようである。少し遠回りになるが、ここに寄って行こう。

<池下1号墳>
井高1号墳のある滝田地区から山沿いに北西へ暫く走ると大山地区に至る。すぐ西には先ほど渡った川浦川が川下で合流する津保川が流れている。
地区のほぼ中央、大きな溜め池の北側に西公民館があり、公民館の駐車場と溜め池の境にひときわ小高い築山がある。これが「池下1号墳」である。
築造時期などは不明であるが、見たところ墳丘の長さは30mほどであろうか。駐車場の造成に際して、墳丘の北側は削平されたのだろう、築山の麓は玉石で壁が作られている。

01 富加町池下1号墳

西側の道路に近いところに古墳名が書かれた標柱が立てられている。

02 富加町池下1号墳

03 富加町池下1号墳

墳丘の南側には石段があり、上ってみると墳裾に三面多臂の馬頭観音像が数体、祀られている。

04 富加町池下1号墳

石仏の祀られているあたりから墳丘を見上げてみると、奥の方がやや高くなっているようである。

05 富加町池下1号墳

標柱が立っているあたりに踏み跡があったので、心の中で手を合わせつつ踏み跡から墳丘上に上らせてもらい、高くなっていた奥の方まで進むと、根元から何本かに枝分かれした、根っこの見事な巨木の根元に石塔が祀られていたので、合掌して非礼を詫びた。

06 富加町池下1号墳

巨木の前から西の方を見ると、段のようになった墳丘がやや細長く伸びている。
富加町教育委員会の古墳分布図では池下1号墳の主軸はほぼ東西を向いており、前方部は西向きに描かれているので、この巨木の生えている部分が後円部に当たるのかも知れない。

07 富加町池下1号墳

池下1号墳の道路を隔てた西隣、グラウンドがある辺りには「池下2号墳」があったようだが、古墳分布図では「消滅または損壊」となっている。


<閏田1号墳、中障子2号墳>
津保川を渡った向こう、西岸は大平賀地区であり、藤平神社という神社の周辺に「禰宜屋(ねぎや)古墳群」という群集墳があるようだが、方角が違うので諦めることにして、最後に津保川沿いの田圃の中にある「閏田古墳」を見て行こうと思う。

大平賀交差点の南に広がる、津保川と丘陵に挟まれた南北に細長い田圃の真ん中に、遠くから見てもすぐにそれとわかるような、こんもりとした墳丘が見えている。

08 富加町閏田1号墳

「閏田古墳」は直径20mの円墳で、以前は横穴式石室を持つ5~6基の古墳から成る古墳群で、「手をつけた者には祟りが起こる」という言い伝えがあったそうであるが開発で姿を消し、今ではこの1号墳のみ(2号墳?、郷土資料館展示ではもうひとつ現存?)となっているようだ。

09 富加町閏田1号墳

畦道を進み、山側まで行って振り返ると、こんもりとした墳丘の向こうにもうひとつ、小さな木立が見えているが、これはおそらく「中障子2号墳」ではないか、と思う。

10 富加町閏田1号墳、中障子2号墳

11 富加町中障子2号墳


見上げれば強い日差しを厚い雲が遮り、田圃を渡る風に秋の気配を感じた。

12 富加町閏田古墳上空

遠くで蜩(ひぐらし)が鳴いている。蜩の声を聞いたのは、いったい何年ぶりだろうか。

ここまで一日、古墳巡りに付き合って来た妻は、すっかり「電池切れ」の様子である。親戚宅に向かう前に、道の駅にでも寄って、冷たい甘味で「充電」していくことにしよう。


(地図)
富加町地図③


(参考資料)
「富加町詳細分布調査報告書」 2005年 岐阜県富加町教育委員会
「夕田茶臼山古墳範囲確認調査報告書」 2014年 岐阜県富加町教育委員会
「古墳マップ」 http://kofun.info/



コメント

非公開コメント