FC2ブログ
2017/01/13

那珂国の国造とその妃の墳墓群(茨城県水戸市 愛宕山古墳群とその周辺)

那珂川流域で最大規模の前方後円墳が、水戸市内の北方、那珂川を見下ろす台地上に残る愛宕山古墳である。往時は周囲に多くの古墳を従えて古墳群を形成していたらしく、北西には袴塚という地名が今も残り、南西方向には馬塚古墳、少し離れて五軒町にも古墳群があったという。東側には妃の墓と伝わる古墳もあったそうだが、宅地開発で消滅してしまったという。重機に削られゆく我が妃の墓を前に被葬者の気持ちはいかばかりであっただろう。


<愛宕山古墳>
後円部墳頂に祀られている愛宕神社の参詣用駐車場に着いた時は既に陽が西に傾きかけており、墳丘はうっすらと茜色に染まっていた。

愛宕山古墳

茨城県教育委員会によると、愛宕山古墳は全長137m、後円部は直径78m、高さ10m余、前方部の幅73m、高さ9mに及ぶという。墳形は前方部が長く発達した典型的な中期古墳の様相だそうだ。築造は6世紀初頭、那珂(仲)国造祖(ナカノクニノミヤツコノソ)建借間命(タケカシマノミコト)の墳墓と言われている。

愛宕山古墳解説板

解説板にあるとおり、墳丘の遺存状況は極めて良好で、段築の痕跡も明瞭に判別できる。

愛宕山古墳段築

後円部南西の階段で墳頂の愛宕神社に参詣、仕舞い支度の宮司さんが笑顔で会釈してくれる。

愛宕山古墳

社殿の周囲には多くの祠がある。その中のひとつに「姫塚古墳祠宮」が祀られていた。墓はなくなってしまったけれど、祠は一緒に祀られているのを見て、ほっとした。

姫塚古墳祠宮

高い後円部は周囲の見晴らしもいい。

愛宕山古墳

長く伸びる前方部は後円部よりも低く、いったん15段ほどの石段を下りる。振り返ると後円部の高さがよくわかる。

愛宕山古墳

前方部は緩やかな上りになっている。

愛宕山古墳

西陽が眩しい。

愛宕山古墳

後方部墳頂には天満宮の祠。再び振り返ると後円部が遠い。

愛宕山古墳

愛宕山古墳

前方部石段下には風格を感じる「茨城百景」の碑、その隣には古墳名の幟と手作りの解説板。

愛宕山古墳

古墳の幟

手作りの解説板

青いクレヨンの縁取りはお孫さんだろうか。宮司さんの人柄が滲んでいるようだ。

北東側を古墳に沿って歩いてみた。下から見上げる量感と、墳丘の綺麗な円弧に圧倒される。

愛宕山古墳


<姫塚古墳跡>
姫塚古墳は建借間命の妃の墳墓と伝わる小型の前方後円墳で、かつて、愛宕山古墳の前方部東側に並ぶように築かれていたらしい。昭和49年に宅地開発で消滅したという。

姫塚古墳跡あたり?

大きさは全長58m、後円部直径40m、高さ4m、前方部幅20mの小ぶりな前方後円墳だったという。後円部に比べて前方部が半分というのも細すぎるようにも思うが、無粋な詮索はやめておこう。妃の墓であれば華奢でもいいではないか。

しばし空想に耽った後、ふと視線を上げると強烈な西陽と、青空。

愛宕山古墳周辺

愛宕山古墳周辺


<馬塚古墳>
愛宕山古墳の南東200mほどのところに広い空き地がある。以前は生涯学習センターや原子力事務所などがあったところのようだが、建物は取り壊されて更地のようになっている。

馬塚古墳のある更地

左手の大きな桜の樹の隣に見える墳丘が馬塚古墳である。

馬塚古墳全景

馬塚古墳解説碑

馬塚古墳墳丘

直径14mの円墳とあるが、一説には移設復元保存されたもののようで、そう言われて見れば下草もほとんどない姿はそんなふうにも見えてくる。

馬塚古墳墳丘


<一盃山稲荷神社>
那珂川から古墳のある台地を見上げてみたいと思い、台地下へ下りたところで、台地からはやや独立した円錐形の小さな高台に神社が建っているのが見えた。

一盃山稲荷神社

「いばらきデジタルマップ」で見ても埋蔵文化財包蔵地ではないようなので、古墳ではないようだが、形や木々の具合などは、よほど「古墳っぽく」見える。

一盃山稲荷神社

小高い社殿からは那珂川方面の眺望が利く。

一盃山稲荷神社より那珂川を望む

まだ4時半だというのに、西の雲が茜色に染まった。冬の日暮れは早い。

一盃山稲荷神社あたり

那珂川夕景


(参考資料)
「いばらきの文化財」 茨城県教育委員会http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html
「いばらきデジタルまっぷ」 茨城県 http://www2.wagmap.jp/ibaraki/top/select.asp?dtp=34

愛宕山古墳群地図


続きを読む

2017/01/13

塩街道に面した神社古墳(茨城県水戸市 飯島町古墳群)

赤塚古墳群から桜川を越えた飯島町に、治承2年(1178年)創建の鹿嶋神社という風格のある神社がある。

鹿嶋神社鳥居

御祭神は武甕槌命(タケミカツチノミコト)で、神社の由緒書に「鹿島神宮より御分霊を迎え水江添(現飯島町)の古墳上に奉斎」とあるとおり、社殿は円墳上に建てられている他、境内に円墳が2基残っているという。

鹿嶋神社由来書

ちなみに神社前の道は古来、鹿島灘で生産した塩や海産物を、内陸の栃木・群馬方面へ運んだ街道で、「塩街道」と呼ばれているらしい。

鹿嶋神社塩街道碑

神社にお詣りを済ませた後、拝殿の後ろに回らせて頂く。

鹿嶋神社本殿と飯島町1号墳


<1号墳>
拝殿の後ろ、本殿の土台となっているのが1号墳である。直径25m、高さ2mの円墳とされているが、拝殿右手から見た感じでは高さは大人の肩ぐらいと思われる。

飯島町1号墳

墳丘上には社殿の背後に、八坂神社、別雷神社、西南の役出征祈願社が並んでいる。

飯島町1号墳墳頂

脇には稲荷神社の祠があり、素焼きの神像がたくさん並べられている。人気はないが、それぞれ大切に祀られているようで清々しい。
飯島町1号墳と稲荷神社

左手に回ると墳丘の高さはやや高めに見える。「埼群古墳館」さんによれば幅3mの周溝が巡っているとのことなので、こちら側は周溝の痕跡が濃いのかも知れない。

飯島町1号墳


<2号墳>
1号墳の後方、やや離れた木立の中に、墳頂に浅間神社の祠を載せた2号墳が見えている。直径30m、高さ3mと1号墳よりも一回り大きい。

飯島町2号墳

飯島町2号墳

下草が深く、接近するための道がわからないので、近寄ることは諦めた。


<3号墳>
もう1基、もう少し道路に近い方に円墳の3号墳(直径15m、高さ1.5m)があるはずだが見当たらない。

飯島町3号墳?

道路側から2号墳を撮影した上の写真の右端に移っている下草の盛り上がりがそうかも知れないが、確信はない。

境内のすっくと伸びた大きなスギの木が、古墳を探してウロウロする余所者を無言で見つめている。

鹿嶋神社スギの木

享保の銘のある供養碑の三猿も、余所者の振る舞いを息を潜めて見つめているようだ。

鹿嶋神社三猿


<本郷庚申塚>
鹿嶋神社を辞し、神社前の信号を渡った先に、本郷庚申塚と書かれた庚申塔があり、一面六臂の菩薩様が通り過ぎていく自動車の安全を見守っていた。

本郷庚申塚

本郷庚申塚菩薩石仏


(参考資料)
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

飯島町古墳群地図

2017/01/13

桜川の沖積低地を見下ろす帆立貝式古墳群(茨城県水戸市 赤塚古墳群)

千波湖南岸の千波山古墳群から5kmほど西に行ったところに河和田という場所があり、市営住宅内の公園に古墳が保存されているという。赤塚古墳群といい、往時は帆立貝式2基、円墳21基から成る古墳群で、市営住宅建設で大部分が消滅したが、帆立貝式1基と円墳2基が残されているという。

千波公園から好文橋通りで桜川を渡って台地上に上がる。古墳群は桜川に面したこの高台の西の縁にある。そのまま5kmほど進んで赤塚小南で水戸バイパスを渡ると左右に市営団地が見えてくる。

<1号墳>
左折して団地の中に入るとすぐ右手に大きな公園があり、大きな築山のような古墳が目に入る。

「赤塚八景」と書かれた看板が立っており、「赤塚古墳の秋月」と題して「桜川に面した穏やかな台地」に「前方後円墳や円墳など21基が点在した」と書かれている。傍らに「赤塚遺跡」と書かれた石柱も建てられており、ほぼ同内容の説明がある。

赤塚古墳1号墳

公園内にポツンと残るのが帆立貝式の1号墳で、「埼群古墳館」さんによれば、全長48m、後円部径36m、同高さ5m、前方部幅20mの帆立貝式前方後円墳で、判然としないが、北側に前方部を向けているらしい。

赤塚古墳1号墳

赤塚古墳1号墳

周囲には周溝跡のような窪みも見られる。

赤塚古墳1号墳周溝痕跡

墳丘は変形しているのかなだらかで、遠目には5mもの高さには感じないが、心の中で詫びながら墳丘上に上ってみると目線の高さが周囲の遊具よりもだいぶ高い。一段低くなった田圃のすぐそこを桜川が流れている。西日が眩しい。

赤塚古墳1号墳墳頂より

この近傍にあった3号墳も全長35mの帆立貝式古墳で、粘土槨の埋葬施設が発掘されたそうだが、調査後湮滅したそうである。


<6号墳、7号墳>
1号墳からバス通りを渡った西側、台地縁の南西角にある公園内に残されている。北東(手前)側が6号墳、南西(奥)側が7号墳のようだ。
赤塚古墳6号墳と7号墳(右奥)

北東側の6号墳は北側の道路から見ると一段高いところに作られているように見え、東側と北側の裾はコンクリートで固められているが、公園側から見ると墳丘の高さは1号墳と同じくなだらかな感じに見える。

赤塚古墳6号墳

6号墳は直径25m、高さ3mの円墳であるが、短い方形部がある可能性があるらしい。

赤塚古墳6号墳

そろそろと墳頂に上らせてもらい、7号墳の方を見ると、台地下の平野部の広がりが実感できる。往時はどんな眺めだったのだろう。

赤塚古墳6号墳墳頂から見た7号墳


7号墳は6号墳の南西側に隣り合っており、墳丘は6号墳よりも少し低く、直径25m、高さ2.5mの円墳とされるが、方墳の可能性もあるらしい。

赤塚古墳7号墳

赤塚古墳7号墳

7号墳の方が台地の際に近いので、台地下の眺めはよかったであろう。

赤塚古墳7号墳墳頂

公園を出て、台地下の田圃の方から古墳のある台地を見上げてみた。台地の高さは5~6mほどであろうか、ここから墳丘は見えないが、少し離れたところから見た往時の古墳は存在感があったことだろう。

赤塚古墳群台地下より

空が広い。

赤塚古墳群

<高天原古墳群>
蛇足ながら、赤塚古墳群のある場所から桜川沿いに1.5kmほど東に戻ったあたりに高天原古墳群という興味深い名前の古墳群があったらしい。「いばらきデジタルまっぷ」によると方墳2基、円墳7基があったようであるが、団地建設で全て湮滅したらしい。
「かわわだ みんなで学ぼう河和田の歴史」さんのホームページに往時の高天原古墳群の写真が載っていて、赤塚古墳群と似たなだらかな曲線の墳丘が興味深い。


(参考資料)
「いばらきデジタルまっぷ」 茨城県 http://www2.wagmap.jp/ibaraki/top/select.asp?dtp=34
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/
「かわわだ みんなで学ぼう河和田の歴史」 http://www1.plala.or.jp/papa/enkaku.html#meisyou

赤塚古墳群地図

2017/01/13

千波湖を望む穏やかな古墳群(茨城県水戸市 千波山古墳群)

鹿嶋、大阪と出張続きであるが、今度は水戸に出かけることになった。用件を夕方からにしてもらい、以前から気になっていた水戸市内の古墳を見に行くことにした。

踏切事故で少し遅れていたらしく、予定より一本前の特急に乗ることができたが、常磐線の特急はいつも混雑している。水戸駅前でレンタカーを借り、千波湖南岸の千波山古墳群に向かう。小さな古墳群のようで、「いばらきデジタルまっぷ」によれば、前方後円墳1基、円墳2基から成るらしい。

<3号墳>
千波神社の北東、住宅街の一画が小さな公園になっている。公園の築山が若干盛り上がっているのが見える。

千波山3号墳南から

解説板はなく詳細不明だが、「埼群古墳館」さんによれば3号墳は全長25m、高さ1.3mの前方後円墳で、公園造成時に墳丘上部は削られてしまったらしい。

千波山3号墳東から

南側が後円部、北に向かって前方部が突き出しているらしく、上の写真では左が後円部で、右に向かって前方部が伸びている。

千波湖南側の高台が湖に向かって緩やかに下っていく縁のようなところなのであろう。前方部から見上げると墳丘の遺存具合がよくわかる。

千波山3号墳北から

墳丘上は普段は子供たちが駆け回っているのだろう、芝生がところどころ剥げている。埋葬施設が残っているようには思われないが、古墳の主も日々、子供の声を聞きながら眠っているのか、と思うと、穏やかな心持ちになってくる。

千波山3号墳

千波山3号墳墳丘上


<1号墳、2号墳>
3号墳の北西、千波公園背後の緩斜面の頂上付近に、住宅を挟んで2基の円墳が残されている。

千波公園

見づらいが、上の写真の中央遊具の後方緩斜面上、画面右端方向に1号墳、左端付近遊歩道脇に2号墳。

1号墳は直径20m、高さ2mの円墳で、公園背後の雑木林が途切れて住宅地が始まるところで、冬の太陽を浴びていた。

千波山1号墳

千波山1号墳

千波山1号墳

雑木林で千波湖は見えないが、その代わりこちらも公園で遊ぶ子供たちがよく見える。埋葬されるのであれば自分もこういうところがよいのかな、などと考える。

千波山1号墳


2号墳はそこから数件の住宅を挟んだ北側、雑木林の中にあった。1号墳と同じく直径20mの円墳だが、高さは2.5mとこちらの方が僅かに高い。

千波山2号墳

墳裾北側は公園の遊歩道がすぐ近くを回っていて、公園の遊具からは離れているが、こちらは犬の散歩をする老人やジョギングをする人がたまに通るようだ。

千波山2号墳

千波山2号墳

木立の隙間から千波湖が見え隠れしている。

千波山2号墳



(参考資料)
「いばらきデジタルまっぷ」 茨城県 http://www2.wagmap.jp/ibaraki/top/select.asp?dtp=34
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

千波山古墳群地図

2017/01/11

高級住宅街の前方後円墳(大阪市住吉区 帝塚山古墳)

久々に大阪に行くことになった。
関東の古墳でさえ、まだまだ見たいものがたくさんある中、著名な古墳が目白押しの近畿地方に私のような素人が手を出すのは失礼にあたるのではないか、と思っていたが、どうせ行くのであれば、せっかくなのでやはり見たい。
宅地化の進んだ大阪市内にもいくつか古墳が残っており、中でも帝塚山古墳は難波からも近く、しかもほぼ完全な形の前方後円墳だそうだ。

難波には仕事で何度も来ているはずだが、難波駅には見覚えがなかった。行き止まり式の櫛型ホームは「これぞターミナル」という感じがする。
帝塚山方面行きの各駅停車は中央改札から離れた1番線にひっそりと停まっていた。南海電車を見て、小学生時代、級友の誰もがジャイアンツの帽子を被る中、天邪鬼な自分は南海の野球帽を被っていたことを思い出した。

今宮戎の賑わいを車窓に見ながら、南海電車はやがて帝塚山に到着した。ホームも駅舎もえらくこじんまりとしていて、初めてなのにどことなく懐かしい。見れば踏切の向こうに帝塚山古墳が見えている。

帝塚山古墳遠景

帝塚山古墳は大阪城の付近から南に細く伸びる上町台地にある国指定史跡であるが、「住吉村常盤会」という一般財団法人が所有する民有地で、年に何回か一般開放されるようであるが、通常は施錠されていて、門外漢は塀の外からのぞき込むぐらいしかできない。

帝塚山古墳

塀の外からでも見事な墳丘がよく見える。

帝塚山古墳

帝塚山古墳

門扉横の解説板によると、4世紀末から5世紀初めの築造とされ、当初の規模は全長120m、後円部直径57m、高さ10m、前方部幅50m、高さ8m、二段築盛で墳丘上には円筒埴輪や葺石、周囲には周濠も確認された、とある。

帝塚山古墳解説板

「住吉村常盤会」のHPを見ると、このあたりは古くは「玉出岡」、古墳は「玉手塚」と呼ばれたことが「帝塚山」の語源、とある。古墳の被葬者は住吉に居宅のあった大伴金村とも言われるが、摂津名所図会では鷲住王の墓とされるほか、地元では浦島太郎の墓である、という伝承もあるらしい。

北側住宅街の間から

周囲を一周してみたが、東側以外は住宅が密集していて、墳丘はあまり見えないようだ。括部あたりであろうか、北側のお宅の間から失礼して撮影させてもらう。きっと不審者に見えているのだろうなあ・・・。

帝塚山古墳の周囲は古来、多くの古墳が群集していたらしく、古墳の東側、南海電車の線路のあたりには「大帝塚」という字名の地域があり、以前は「大玉手塚」あるいは「大帝塚」と呼ばれる、一回り大きな前方後円墳があったらしい。「大阪市遺跡地図」を見ると後円部が南を向いた、今の帝塚山古墳とは反対向きだったようだ。
さらに、古墳の南側、現在の住吉中学校付近にも別の古墳があったようで、こちらは「小玉手塚」あるいは「小帝塚」と呼ばれたらしい。

さらにもうひとつ、「大帝塚」のさらの東側、同じく住吉村常盤会が所有する万代池公園の北側からも、墳丘は失われていたが、帆立貝式古墳の痕跡が発見されているらしい。帝塚山東一丁目で平成16年に発見されたもので、後円部直径29m、前方部長6m、同幅17mで、万代古墳と名付けられたそうだ。

帝塚山の南方向を望む

周辺を一周しつつ、いにしえの風景に思いを馳せていると、あっという間に仕事の時間が近づいてきた。

帝塚山住宅街


(参考資料)
「一般財団法人住吉村常盤会」 http://sumiyoshimuratokiwakai.or.jp/index.html
「大阪市遺跡地図」 公益財団法人大阪市博物館協会 大阪文化財研究所http://www.occpa.or.jp/ikou/isekiinfo/isekiinfo.html

帝塚山古墳地図