FC2ブログ
2018/04/06

新座市内の古墳痕跡?(埼玉県新座市 夫婦塚跡(No.25遺跡)/稲荷塚(富士塚)跡(No.1遺跡))

新座郡の前身である新羅郡は郡境の閑地に置かれたことから、古墳はあまり多くは築かれず、古墳空白地帯となったのかも知れない、と書いたことがあった。
一方で、いやいや、きっとそんなはずはない、新座市にも古墳は実はたくさんあったに違いない、と思(願)いつつ調べていたところ、「新座市史」にこんな記述を見つけた。 

「No.25遺跡 畑中一丁目 
黒目川左岸の野火止台地、国道254号線の南方約150mに所在
『夫婦塚』と呼ばれる円墳と方墳の存在が伝えられるが、現在は宅地化されて消滅」

 「No.1遺跡 東北二丁目
 野火止台地上、東武東上線志木駅の西南約200mに所在
 県の遺跡台帳では『稲荷塚』(地元では字名から『富士塚』)と呼ばれ、志木駅を中心とする大塚古墳群に含まれている。
 昭和55年9月5日、宅地造成工事に伴い試掘調査を行い、土盛りを分断したところ土層は柔らかい黒色土のみであり、古墳らしい形跡は何ら認められなかった。よって当遺跡は古墳ではなく、時期不詳の塚であった可能性が高い」 

知らなかったのは不勉強な私だけなのであろうが、ほ~れ、見たことか。やっぱり古墳、いっぱいあったんじゃん、と思い、仕事のついでに見に行くことにした。(後者は『古墳ではなかった』というくだりは、もはやこの男の目には入っていないのである。)

 <夫婦塚(No.25遺跡)>
 練馬から川越街道を北上、和光市、朝霞市と進むと、やがて前方に野火止台地へ上る長い上り坂が見えて来る。台地の手前、崖下を縫うように流れているのが黒目川であり、目指す「夫婦塚(No.25遺跡)」はこの黒目川を望む台地上の縁にあったようである。 

川越街道から南に逸れて「畑中」という信号で右折するとすぐに台地上への上り坂が始まる。この道は明治時代の地図にも載っている古くからの道のようである。
 やがて坂の頂上付近に大きなマンションが見えて来る。 

01 新座市夫婦塚跡付近

新座市史に載っている「No.25遺跡」の位置図を見ると、遺跡はこの大きなマンションの敷地から、今通って来た道路を挟んで反対側の住宅地の方まで、およそ100m四方ほどの範囲にわたっていたように書かれているが、「現在は宅地化されて消滅」とあるとおり、あたりを見回してもそれらしい痕跡は見当たらない。
 
02 新座市夫婦塚跡付近
 
03 新座市夫婦塚跡付近

新座市史の他には全く手掛かりがなく、「夫婦塚」と呼ばれた円墳と方墳が一体どこにあったか皆目わからないのであるが、「夫婦塚」と呼ばれたのであれば、円墳と方墳はそれなりに近い距離に並んであったのではないだろうか、と思うし、相応の大きさの墳丘を伴っていたのではないだろうか、と思う。 
いつもお世話になっている「今昔マップ on the web」で明治時代の地形図を見ても塚や古墳を示す記号は見当たらなかったが、このあたりに人家の記号が目立ち始めるのは時系列的には昭和51年の地図以降であるので、それ以前の航空写真を見れば墳丘の痕跡などが映っているかも知れないと思い、国土地理院の「空中写真閲覧サービス」で戦後の航空写真を穴が開くほど凝視してみたが、この一帯は「広葉樹林」だったようで、一面に広がる木立に埋もれてしまっているのか、判然としなかった。 

04 夫婦塚周辺航空写真(昭和22年) 
 (国土地理院「空中写真閲覧サービス」より、昭和22年撮影(M676-106)の現地周辺を拡大 何となく中央やや上に丸い影があるような気もしないでもないが・・・。) 

<稲荷塚(富士塚、No.1遺跡)>
 時間もあまりないので、続いて志木駅の南西200mにあったという時期不詳の塚、「稲荷塚(富士塚)」を見に行こうと思う。 
こちらは新座市史の遺跡位置図の縮尺が大きすぎて、事前に場所が絞り込めていなかったが、志木駅南西にその名も「富士塚公園」という公園があるので、ここがその跡地なのだろうと思い、100mほど北、イオン裏のコインパーキングに運よく空車があったのでクルマを停めた。 
徒歩で富士塚公園に向かう前、もう一度、「今昔マップ on the web」で明治時代の地形図を見てみた。 
やはり今、富士塚公園のある場所に塚・古墳マークは見当たらないな、と思った矢先、その100mほど北方に奇妙な記号があることに気が付いた。 
記号はゲンゴロウかミジンコのように見えたが、地形図にそんな絵が描かれているはずもなく、もしかするとこれは「塚・古墳マーク」ではないだろうか、と思う。

 05 今昔マップon the webより明治39年 2万分の1「志木」(部分)  

大正、昭和の地図で見ても同じ場所に「塚・古墳」記号が描かれているので、おそらくこれが昭和55年まであったという「稲荷塚(富士塚)」であろうと思う。国土地理院の航空写真でも、丸い塚の墳丘が確認できる。

06 稲荷塚周辺航空写真(昭和50年)  (国土地理院「空中写真閲覧サービス」より、昭和50年撮影(CKT7415-C16A-14)の現地周辺を拡大 中央上に斜めに志木駅、中央下、丸で囲んだ部分が稲荷塚(富士塚)と思われる場所) 

そうか、ではこの場所は現在のどこにあたるのか、と思ったところでハタ、と気づいた。
今、クルマを停めたばかりのこの駐車場を取り囲む建物の向きがどうもおかしい。敷地がほぼ円形をしているのである。
 07 新座市稲荷塚跡


位置的にもおそらくここが稲荷塚(富士塚)の跡地で間違いないように思う。 

今回訪ねた塚・古墳はいずれも開発で消滅してしまっていて、手掛かりもさほどなく、その痕跡を探すだけに留まったけれど、こういう不完全な探索行も、これはこれでなかなか面白いものだ。 

おっと、いかんいかん、仕事の時間に遅れてしまいそうである。 

夜、帰宅してから少し文献を当たってみたところ、「埼玉の古墳(北足立・入間)」という書籍の「荒川流域右岸の古墳」の項の末尾に、「(伝)大塚古墳群」として以下のような記述があった。

 「(伝)大塚古墳群
  柳瀬川と荒川の沖積地にのぞむ志木市域には、『埼玉縣史』に『志木町古墳群』が登載され・・・『朝霞町の西北に接して柳瀬川・新河岸川に臨める台地に多くの古墳を存し、主として円墳で字大塚の塚ノ山は其の以て地名を来せるものであり、其他田子山の富士、久保の二墳、稲荷山の二墳、二塚の二墳、出口の休塚等其の数可なりに多きを見られる。』・・・しかし志木市史編さんにあたって、文献、古地図、実地調査、聞き取り調査を行ったが古墳と認められる墳丘はなかった。・・・昭和55年段階では古墳群と認められないという結論に達し・・・その後の調査でも、古墳と認識できる資料は発見されていない。・・・野火止塚は・・・台地の奥にあり、古墳の可能性はきわめて薄い。そのほかの『塚』も古墳とは考え難いものである。」 

「稲荷山の二墳」というのは志木駅南西の「稲荷塚」であろうし、「夫婦塚」は言及されているのかよくわからないが、これを読む限り、塚の山古墳も含め、このあたりの塚はいずれも古墳ではない、という文意に読める。
 専門家の方々が「古墳ではない」とするものを、それでも「古墳!」と言い張るつもりはない。
 ないのであるが、それでも遠い昔、誰かが何かしらの意図を以ってこうした塚を築いたことは確かであって、そうした人々は果たしてどのような思いをこれらの塚に込めたのだろうか、また、近世になって削平されるまでの間、そうした古塚は人々からどのように思われていたのだろうか。 
余計なお世話かも知れないが、そんなことをつい、思ってしまうのである。

 (地図) 
夫婦塚跡地図


稲荷塚跡地図



(参考資料) 

「新座市史 第一巻 自然・考古 古代中世 資料編」(新座市立図書館デジタルアーカイブ)http://www.lib.niiza.saitama.jp/das/detail?24&id=1 

「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html 

「地図・空中写真閲覧サービス」 国土地理院 http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1 

「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」1994年 埼玉県教育委員会

「埼玉の古墳(北足立・入間)」2004年9月 塩野 博氏 さきたま出版会





2018/01/14

沖積平野の微高地「神社」巡り(2) (埼玉県吉見町 氷川神社、熊野神社、稲荷神社、氷川神社)

妻のリクエストで埼玉県吉見町の道の駅「いちごの里よしみ」にイチゴを買いに来たついで(?)に、古荒川流域の沖積低地に点在する神社の「土台」を見て回っている。

道の駅でイチゴを買い終わってしまったので、神社や古墳にはさほど興味のない妻にとっては、見知らぬ町の見知らぬ神社巡りは退屈なようで、車内には微妙な空虚感が漂っている。(でもまだやめないのである。)

<氷川神社(北下砂)>
地頭方の頭殿神社から500mほど南に離れたあたりに、もうひとつ別の自然堤防が南北に細長く伸びている。
北側から、微高地の東端を通る道路に入って100mほど進むと、地図には載っていないが、道路から少し離れたところに神社の森が見えた。

01 氷川神社(北下砂)遠景

場所は竜渕寺という寺院の北、地図で見ると今泉地区と北下砂地区の境界線にまたがって建てられているようだ。
西陽が眩しくて見えづらいが、鳥居の扁額は「氷川大明神」と読める。

02 氷川神社(北下砂)鳥居扁額

鳥居をくぐり、東面して建つ小さな社殿に手を合わせる。社殿は1mほどの高まりの上に乗っている。

03 氷川神社(北下砂)本殿

横から見ると、社殿の基壇は円形もしくは方形に盛り上がって見える

04 氷川神社(北下砂)南から

立地する場所の標高は14.8mとやや低めだが、それでも周囲の田圃よりはいくらか高い場所にあるようだ。
マウンドがやや低めな感じは受けるが、ここも雰囲気としては「古墳感満点」と思うのである。

05 氷川神社(北下砂)西から


だが、しかし、いくら「雰囲気」があったとしても、解説板も何もないので、こうした神社の土台が実は古墳である、という確証は一向に得られない。
このままで行くと、ブログのタイトルも「滋味“神社の土台”」か何かに変えねばならないか・・・。


<熊野神社(丸貫)>
先ほどの場所から同じ微高地上を800mほど南に下ると、今度は少し境内の広い神社に着いた。
鳥居に扁額は見当たらないが、地図を見ると「熊野神社」とある。

06 熊野神社(丸貫)遠景

広い境内に比べるとやや小さな本殿は、1.5mほどの高まりの上に祀られている。

07 熊野神社(丸貫)本殿

08 熊野神社(丸貫)南東から

裾がコンクリートブロックで四角く囲まれているので、「雰囲気」はあまり感じないが、立地的にも先ほどの氷川神社と同じく、周辺の田圃より僅かに高い土地に建っている。

神社の社殿横には観音堂があり、その裏手、境内の南西一画には、立派な宝篋印塔がたくさん並んでいる。
よくわからないが、地元の武士の菩提所のようなところだったのだろうか。

09 熊野神社(丸貫)南西の宝筐印塔群


<稲荷神社(谷口)>
さらに南下しつつ、今度は自然堤防の西端に位置する神社を目指した。
西陽が傾いてきて判読がつらくなってきたが、扁額には「正一位稲荷大明神」とある。

10 稲荷神社(谷口)鳥居扁額

小さな社殿は10段ほどの石段のついた、大人の背丈ほどのこんもりとした基壇上に建てられている。

11 稲荷神社(谷口)本殿

何気なく覗くと手水石には、今朝張った氷だろうか、溶けずに張ったままだった。

12 稲荷神社(谷口)手水石

社殿の脇に回らせてもらうと、マウンドには土留めが巡らされていて、表面の土もどことなく新しいように見えるが、よく見ると社殿手前に大きな石材が見えている(ようにも見える)。

13 稲荷神社(谷口)南から

社殿の向こうは一面の田圃が広がる中、住宅が点在している。
西陽はほとんど山の端に隠れてしまい、左前方に小さく富士山のシルエットが黒く浮かんでいた。

14 稲荷神社(谷口)西側夕景


<氷川神社(万光寺)>
さすがに暗くなってしまったので家路に着こうと思い、ナビをセットしようと道路脇に停車したところ、すぐそこにまた神社があった。

15 氷川神社(万光寺)遠景

ここも社殿は1mほどの高まりの上に建てられているが、自然堤防の縁にあるのだろう、社殿の裏はさらに一段高くなっている。

16 氷川神社(万光寺)本殿

17 氷川神社(万光寺)東から


さすがに暗くなって写真のピントも合いづらくなってきた。助手席の妻もげんなりした表情をしている。


恐縮しながら家に帰り、吉見特産のイチゴの御相伴に預かりながら調べてみると、道の駅から最初に向かった高負彦根神社へ道の途中、すっかり素通りしていた「横見神社」はまさに古墳の上に社殿が建っているようだし、そもそも道の駅の西にある「久保田横見神社」や、南にある「とうかん森」なども古墳なのではないか、という説はあるようだが、その一方で、今日見て回った神社が古墳を転用したものだ、という説はいくら探してもついぞ見当たらなかった。

今日一日はすっかり、骨折り損の何とやら、だったようである。
けれど、隣でテレビを見ながらイチゴを食べている妻の顔は何とも嬉しそうなので、まあ、よしとしよう。

(地図)
吉見町地図(南部)


(参考資料)
「埼玉の古墳 [比企・秩父]」 2004年9月 塩野 博氏 さきたま出版会



2018/01/14

沖積平野の微高地「神社」巡り(1) (埼玉県吉見町 高負彦根神社/ポンポン山、天満宮/頭殿神社)

イチゴを買いに行こうと思う。

埼玉県吉見町と言えば「吉見百穴」で有名な町であるが、最近は「イチゴ」の生産にも力を入れているらしい。

今や全国津々浦々に「道の駅」があるが、吉見町の道の駅は「いちごの里よしみ」といって、イチゴ押しである。道の駅好きで、しかも大のイチゴ好きの妻をドライブに連れて(古墳がある町へ)出かけるにはこの上ない。

吉見町は東に荒川、西に吉見丘陵が広がっており、丘陵端の崖面に穿たれた「吉見百穴」を始め、一説には500基以上の古墳が密集する地域らしい。4世紀前葉の築造で古式の前方後方墳とされる「山の根古墳」など、とても魅力的な古墳があるようだが、こうした古墳はいずれも山中にあるらしく、残念ながら妻を連れて行くには不向きなようである。残念だが吉見町の古墳巡りはまたの機会に譲ることにした。

それでも諦めきれずに地図を眺めていると、丘陵下、荒川流域の沖積平野のあちこちに点在する神社の記号が目についた。いずれも標高は周辺の田園地帯より1mほど高くなっているようなので、沖積低地にある自然堤防状の微高地上にいくつもの神社が祀られているようだ。

吉見町は、古くは「横見郡(評)」と呼ばれ、安閑天皇元年(534年)に起こったとされる武蔵国造の乱の勝者である笠原直使主(カサハラノアタイオミ)が朝廷に献上した4ケ所の屯倉(ミヤケ)のひとつ、「横渟(ヨコヌ)屯倉」の比定地とされる。ヤマト朝廷による東国支配の拠点として古くから栄えたためか、町域に延喜式内社が3社もあるほか、神社の数も多いようだ。
こうした神社の中には、自然堤防上に作られた古墳を転用して、その上に社が祀られたものなどもきっとあるに違いない。今回はこうした微高地上の「神社の立地」を観察して回ろうと思う。

(いつものことだが、どこかに出掛ける際、事前に入念な下調べをして行くことは稀で、今回も地図上で適当に目星を付けた神社に行ったのだが、残念ながら訪問しなかった神社のいくつかに、実際に古墳上に祀られた、とされる神社がいくつもあったらしいが、それがわかったのは例によって帰宅した後であった・・・。)

とにかく、まずは道の駅に向かい、昼食を済ませつつ、イチゴをこれでもか、とばかりに買い込んだ。
神社巡りの手始めに、町の北部の丘陵上にある「高負彦根(タカオヒコネ)神社」に向かうことにした。

<高負彦根神社(ポンポン山)>
高負彦根神社は町域に3社ある延喜式内社の1社であり、吉見丘陵が半島状に低地に突き出した「玉鉾山」と呼ばれる高台の頂上にある。

高負彦根神社(遠景)

創建はこの地区の神社の中で最も古いとされ、社記によると何と和銅3年(710年)の創建と伝わるそうだ。天平勝宝7年(755年)には既に官社となっていたというから、相当の古社である。

高負彦根神社(鳥居扁額)

祭神はいずれも出雲系の味鉏高彦根尊(アジスキタカヒコネノミコト)、大己貴尊(オオナムチノミコト)とされるが、解説板によると「素戔嗚尊(スサノオノミコト)とも言われる」とある。

高負彦根神社とポンポン山由来

沖積平野の微高地神社巡りに先立ってまずここを訪れたのは、3社ある延喜式内社のうち最古の創建ということもあるが、社殿の建つ玉鉾山に伝わるという伝説を確かめてみたかったからである。

玉鉾山は別名「ポンポン山」とも呼ばれ、解説板にもあるとおり、地面を強く踏むと「ポンポン」という音がするそうである。
社殿脇に裏の高みへ至る道があり、見上げると解説板にある写真と同じ風景が見えている。

ポンポン山

果たして人間が強く足踏みをしたくらいで本当にそんな音がするのだろうか、半信半疑であったが、周囲に人影がないことを確かめてから、夫婦揃ってその場で地団駄を踏んでみると、確かに鈍い反響音のような音がする(ような気がする)。

吉見町のHPによれば、その昔、財宝の隠し場所を探していたある長者がこの神社に詣でたところ、「この岩山に埋めれば私が守ってやろう」というお告げがあったため安心して財宝を埋めた後、後世になって盗人が山に入って財宝を掘り出そうとしたところ「ポンポン」という山鳴りがしたので恐れて逃げ出した、という言い伝えが残っているらしい。

青面金剛(宝暦六丙子(1756)年)
(宝暦六丙子(1756)年の銘のある青面金剛像)

この「ポンポン」という音については、地下に空洞がある、という説や、ローム層と砂岩の境界で音が反響している、という説などがあるそうだ。
地下の空洞というのはもしや古墳の石室なのではないかしら、と思い訪れてみたが、頂上周辺の地質は土ではなく岩盤のようで、残念ながら古墳が埋もれている、という雰囲気ではないようであった。

山頂部

それはともかく、ポンポン山の頂上からの眺望は頗るよく、青空が目に染みる。

山頂からの眺め


<塚状地形?>
高負彦根神社からそのまま山あいを北東へ進むと、やがて道は緩い下り坂で沖積平野へと降りていく。
前方に広い田畑が広がる間際、道が目前の高みを迂回するように巻いているので停まってみた。

塚状地形?

何かはよくわからないが、高みの上に上がる階段が付いているので、庚申塚か何かだろうか。

塚状地形?


<天満宮/頭殿神社(地頭方)>
沖積平野に出ていくつかの神社を見学した後、南東へ進むと、北吉見郵便局の北、「地頭方」という変わった字名の地域に至る。吉見北小学校の東隣にこじんまりと「天満宮」がある。

地頭方 天満宮(遠景)

向かって右に建つ背の高い方の鳥居に掛かっている扁額に「天満宮」、左側の鳥居の扁額は「頭殿神社」と読める。

地頭方 頭殿神社扁額

左側の鳥居の向こうに高さ2mほどのマウンドが見えている。

地頭方 頭殿神社のマウンド

奥行きは5mほどだろうか、手前側は削られているのか、玉石で巻かれているが、向こう側へ回ると円形の盛土から、何やら石材がところどころ顔を出しているように見えなくもない。

地頭方 頭殿神社のマウンド

地頭方 頭殿神社マウンド

立地としては周辺の標高が14~15m前後であるのに対して、この神社の地盤は標高16mほどで、高負彦根神社の崖下から東に向かって鎌のように湾曲しながら沖積平野に横たわる微高地の北の縁近くに位置している。

見た目、立地とも、個人的には「古墳感十分」と思うのだが、裏付けとなる情報は何もない。


さて、この後も続けていくつかの神社を巡る予定であるが、長くなりそうなので続きはまた次回。


(地図)
吉見町地図(北部)
(茶色マーカーの神社は古墳らしく見えなかったので紹介しなかった。)


(参考資料)
「吉見町HP」 http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_ponponyama.html



続きを読む

2017/07/03

金色の雲を見上げる台地下の塚(埼玉県川越市 がんおい塚?)

前回紹介した「高階村史」に、極めて気になる記述があった。

「藤間の諏訪神社の低地にあるがんおい塚もこの時代の古墳かもしれない」。

砂新田のシベイ塚を見た後、時刻は既に18時半を回っているが、地図を見ると藤間の諏訪神社はここから僅か1kmほどの距離である。やや陽も傾いてきたが、急げば明るいうちに見に行けそうである。

「がんおい塚」とはおそらく「雁追塚」であろうから、何となくイメージ的に、西向きの眺望の頗るよいところではないか、と勝手に想像していたが、藤間の諏訪神社はそんなイメージとは反対向きに、南西から北東に走るシベイ塚と同じ舌状台地のちょうど反対側、南東を向いて崖の際に建っていた。

08 川越藤間諏訪神社

神社自体は古くからこの地に祀られているらしく、見たところ崖の縁に直接建てられているようである。よくある「神社古墳」のように、神社の土台が塚状になっている訳ではなさそうである。

09 川越藤間諏訪神社

境内にもそれらしきマウンドは見当たらないが、忠魂碑の立っているあたりの地面がやや膨らんでいるようにも見えるし、境内の南西の隅の方もやや盛り上がっているようにも思えるが、「高階村史」には「諏訪神社の低地にある」とあるので、境内を探すのではなく、眼前の崖を下りた周辺を探すべきなのかも知れない。

10 川越藤間諏訪神社忠魂碑

11 川越藤間諏訪神社境内奥

とは言え、何となくまだ境内をウロウロしてみる。御神木とされる杉の古木の切り株が大切に保存されている。

12 川越藤間諏訪神社御神木

境内から目前の崖下を望んでみるが、周辺はすっかり住宅が立ち並んでいて、ぱっと見ではそれらしいものは見当たらない。

13 川越藤間諏訪神社より崖下を望む

石段を下りて崖下をウロウロと往復してみたが、やはりそれらしい塚は見つからない。

14 川越藤間諏訪神社下の崖面(南西側)

15 川越藤間諏訪神社下の崖面(北東側)

神社の目前ではなく、どこか離れたところにあるのだろうか、手掛かりが全くなく、お手上げであるが、どうにも諦めがつかないので、崖に沿ってそのまま北東方向に進んでみた。

舌状台地上は末端まで住宅地が続いており、台地が尽きたところは新河岸川の川岸であった。
夕暮れで川面はよく見えなかったが、夕雲が金色に光っていて、思わず息を飲んだ。

16 川越藤間新河岸川夕景

がんおい塚は見つけられなかったが、その代わりに息を飲むような見事な夕陽を見せてもらった。
夕空に雁は飛んでいなかったが、その気になって見れば、金色に光る雲が雁の群れにも見えなくはない。。
今日はこの夕陽で締めくくることにして、家路に着くとしよう。

振り返れば、東の雲まで金色に染まっていた。

17 川越藤間新河岸川夕景

頭上に広がる金色の雲を見上げながら、ふと、がんおい塚からの眺めはこんなだったのかも知れない、と思った。


(地図)
川越藤間がんおい塚?地図



(参考資料)
「埼玉の古墳 [北足立・入間]」 2004年9月 塩野 博氏 さきたま出版会
「川越雑記帳2(川越見て歩き)」 http://blog.goo.ne.jp/kwg1840go



2017/07/03

「古墳のような」神社、再び(埼玉県川越市 シベイ塚)

昨年から続いていた大きな仕事が今日、ようやく一段落した。
時刻はもう夕方であるが、まだ明るいので、以前から気になっていた、もうひとつの「古墳のような神社」を見に行きたいと思う。

川越市砂新田は南西から北東に向けて走る舌状台地を望む崖下にあたり、標高は13~14mほどである。以前、この低地部分にある「古墳のような」神社として「春日神社」を紹介したが、実はその近くにもうひとつ、これこそ「古墳ではないか」と言われている、神社を頂いた塚がある。

「埼玉の古墳」という県内の古墳を網羅した5冊シリーズの書籍の「北足立・入間」編、「新河岸川流域の古墳」の項で、「旧高階村砂新田の古墳」と題して、「次兵衛塚/シベイ塚」という塚が紹介されている。

前述の春日神社から南に800mほど、低地を見下ろす舌状台地上の北の際、高階中学校前の駐車場の奥に、裾をブロック塀で囲まれた大きなマウンドが見えている。

01 川越砂新田シベイ塚遠景

塚の直径は20mくらいあるだろうか、高さは7~8mで、墳頂に吉田神社が祀られている。

02 川越砂新田シベイ塚近景

左手(南)から見ると、赤い倉庫のような建物は宙に浮かぶように建てられている。

03 川越砂新田シベイ塚南から

正面に設けられた急な石段を上ると、頂上には件の倉庫の入り口と、小さな吉田神社の祠が立っていた。

04 川越砂新田シベイ塚墳頂への石段

05 川越砂新田シベイ塚墳頂吉田神社

塚の裏側は民家に接していてよくわからないが、頂上から見回す限りでは、墳丘はほぼ円形をしているようである。

06 川越砂新田シベイ塚墳頂より墳裾

古墳は高さ5mほどの舌状台地の北の際に築かれており、北西側の地盤は低くなっているので、墳頂から西を見ると家々の屋根が目線よりも下になり、見晴らしがよい。

07 川越砂新田シベイ塚墳頂より西を見る

この塚は古くから知られた塚のようで、「埼玉の古墳」によると、「新編武藏風土記稿」で
「次兵衛塚 高サ二丈許」
と紹介されているほか、言い伝えでは川越藩主に仕えた吉田次兵衛という人物が、自らの領地に武具を埋めて築いた塚とされる。この吉田次兵衛は、榛名神社の申し子を自らの子として大切に育て、やがてこの地で木喰上人となったことから、榛名湖の竜神もこの地には雷や水害をもたらさなかった、とされているそうだ。

江戸時代に小林一茶が草津への途次、ここを通った際の記録「草津道の記」にも似たような伝承が記されているそうだ。

「川越入口坂を尾頭坂(烏頭坂:ウトウザカ)、爰にシベイ塚といふ有 そのかみ何某どのゝ姫君、従者あまた供して上州ハルナ山に参り玉ひけるに、姫いかに思ひけん、絶頂の沼に身投げてうせぬ かくて守護なせる者ども、魚の水に放れ、鳥の羽うしなひたるやうに思はれて、館へ返るもよしなして、髪反りこばちて、姫の菩提とひける塚となん里人のかたりける しかるに姫は、彼沼の蛇となりて六月氷を降らせけるにも、此村々人々シベイ塚シベイ塚と唱へ、又嘗て田畠に立れば、其災を除とかや」

旧高階村の村史では、「後に治兵衛についての伝説が付け加えられたが、この頃(大昔?)の古墳とみてさしつかえないものであり、藤間の諏訪神社の低地にあるがんおい塚なども、あるいはこの時代の古墳であるかもしれないし、砂新田には他にも古墳の跡でないかとみられるものもある。」とされているそうだ。

時代が下って「川越市史」では、「治兵衛塚と駅近くにもう一基あるが古墳としての確証なく、それぞれ一基ずつぽつんとあるのはおかしいが、所沢街道の砂久保の手前の山林中の二基のうち一基からは円筒埴輪が出土しているので古墳ともみられるが、一、二基ずつ散在するのは了解し難いところである」と古墳説を疑問視しているようであるが、この際、こうした消極的な説は見なかったことにしたいと思う。

何の根拠もないけれど、古墳好きとしては、舌状台地の際に立つシベイ塚はやはり古墳なのではないか、と思いたいのであるが、古墳であろうと、そうでなかろうと、いずれにしても永年の風雪に耐えた貴重な文化財であることは紛れもない事実であるし、それだけでもう、十二分に感服に値することだと思うのである。

(地図)
川越砂新田シベイ塚地図


(参考資料)
「埼玉の古墳 [北足立・入間]」 2004年9月 塩野 博氏 さきたま出版会
「川越雑記帳2(川越見て歩き)」 http://blog.goo.ne.jp/kwg1840go






2017/05/12

古墳空白地帯の現存古墳と富士塚、貝塚(埼玉県志木市 塚の山古墳/田子山富士塚/城山貝塚)

志木市には塚の山古墳以外に現存する古墳はないらしい。


<塚の山古墳>
塚の山古墳は、その名も大塚という地区にあり、以前は周辺の二塚、稲荷山地区に複数の古墳があって、大塚古墳群と呼ばれていたそうであるが、現存するのは塚の山古墳のみとなっているらしい。
柳瀬川が流れる幅広の谷を見下ろす標高差8mほどの台地の縁に築かれており、昨年近くを通りかかった際はちょうど真夏であったためか、解説板も墳丘も草木が覆い繁っていてよく見えなかったが、「大きさは直径6~7m、高さ約3m」とされているらしい。

01 志木市塚の山古墳
(2016年7月撮影)

しかし、志木市にはもっとたくさんの古墳があったのではないか、と思う。
柳瀬川に面した河岸段丘の崖は北東方向に5kmほど続いた後、柳瀬川と新河岸川の合流地点で南東に向きを変え、再び3kmほど続いている。古代の地方豪族の勢力範囲がどの程度かわからないが、古墳を築くのに最適と思われる地形が8kmにわたって連続しているのであるから、もっと多くの古墳があって然るべきではないだろうか。

志木市のある新座郡の前身は新羅郡で、天平宝宇2年(758年)に渡来系新羅人のために新たに設置された郡だそうである。
志木市のホームページによると「当時渡来人を受け入れた場所は郡と郡の境の閑地(未開発地)が多かったとされていること、また、新羅郡を『武蔵国閑地』に設置したという記述が『続日本記』に見られることから、志木地区周辺も近隣の入間郡や豊島郡などに比べると未開発地であったものと思われ」るらしく、隣接する新座市も含めて、この辺りには有力な支配者が出現することがなく、古墳があまり築造されなかった、ということなのかも知れない。

前置きが長くなったが、このあたりに他に古墳がないか調べていると、「田子山富士と敷島神社」というホームページで、志木市内にある「田子山富士塚」という塚の前身は古墳であった、という記事を見つけた。
場所はやはり柳瀬川と新河岸川の合流地点を見下ろす崖の上で、敷島神社という神社の境内である。
百聞は一見にしかず。時間を作って現地に行ってみた。


<田子山富士塚>
神社の境内では植木市が開かれていて、団子を売る店なども出ている。派手ではないが、小さなお祭りのようで、何だかうれしくなる。

正面にくだんの巨大な富士塚が見えているが、先に神社の本殿にお詣りを済ませておこうと思う。

03 志木市敷島神社本殿

さて、富士塚であるが、前述の記事によると、「田子山はこのあたりの古い地名で、田子山塚はもともと7世紀後半頃の円墳であり、富士塚としての築造は明治5年」とある。地元の男性がここにあった塚(古墳)に登ったところ、暦応3年(1340年)の板碑が見つかったことから、ここに富士塚を作ることとなったらしい。

04 田子山富士塚

02 田子山富士塚解説

以前は石造物の倒壊や崩落が進んで危険な状態にあったらしく、修復工事を終え、再び登れるようになったのは平成28年7月からだそうだ。
塚の高さは約9m、直径は30m×25mの楕円形で、中腹にはたくさんの石造物が林立している。

05 田子山富士塚石造物

頂上には小さな祠があり、木花開耶姫命が祀られている。高さがあるので境内が一望できる。

06 田子山富士塚頂上

07 田子山富士塚頂上より

北側は崖になっているはずなので、麓まで下りて見てみると、一気に落ち込んでいる訳ではなさそうだが、確かに何mか落ち込んでおり、崖の縁という感じである。

08 田子山富士塚北側崖状地形

北西側の麓には「御胎内」が掘られており、長い方は奥行き16.2mもあるようなので、もし塚の基礎が古墳であるとしたら、地下の埋葬施設に当たるのではないかとも思うが、どうなのだろう。

09 田子山富士塚御胎内

境内には他にも石仏などが多く、そのうちの一面六臂の仏様は持ち物からすると、隣の石碑にあるとおり不動明王像だろうか、邪鬼を踏みつけながら、よく見ると左手に合掌する人物像を持っている。

10 志木市敷島神社境内不動明王像

左側の不動明王の台座に「引又」の文字が見えるが、古くは「蟇俣」の字が当てられていたらしく、志木市によると「地形が蟇蛙(ひきがえる)のはいつくばった形に似ているところからきている」という説もあるらしい。台地が低地に向かって三角形にせりだしているところが蟇蛙の形、ということなのだろうか。


<城山貝塚>
ところで、富士塚からほぼ真西に800mほどの志木三小に面した台地の突端に、「城山貝塚」という縄文時代の貝塚がある。

11 志木市城山貝塚

12 志木市城山貝塚解説

城山というのはこのあたりに中世の城跡(木曽義仲の子孫が築いた「柏の城跡」)があったことからついた地名のようだが、貝塚があるということは、縄文海進の時代にはこのあたりにも人が住んでいたということだと思うし、住居跡も発見されている、とある。それほど古くから人が住んでいた地域なのであれば、やがて、こうした人々を統括する首長が出現してもよさそうなものである。

もっと多くの古墳が作られたものの、調査などがなされないまま削平され、消えてしまっただけなのだろうか。そうだとすると、「〇〇塚」などの伝承が残されていないのは、何故なのだろう。

いずれにしても、現実問題として古墳は現存しないのであるから仕方がないが、何故この地域に古墳が少ないのか、何となくわかったようで、やはりよくわからない。

だからこそ、知的好奇心が疼くのではあるのだが。


(参考資料)
「志木市の歴史」 志木市ホームページ http://www.city.shiki.lg.jp/index.cfm/53,2415,263,html
「田子山富士と敷島神社」 http://hosinobiru.com/concept.htm

塚の山古墳、田子山富士塚、城山貝塚地図


2017/04/12

伊勢物語ゆかりの野火の見張り台(埼玉県新座市 野火止塚(九十九塚)/業平塚)

新座市にある野火止台地は、武蔵野台地の北西端部に連なるヤツデ葉状の支台のひとつで、東は黒目川が削った急峻な開析谷で朝霞台地と、西は柳瀬川が削った緩やかな開析谷で所沢台地とそれぞれ画されている。幅 2~3km、長さ十数 km の細長い舌状台地で、低地との高低差は 10mほどを測る。
市域のほぼ中央部に位置する広大な雑木林は国の天然記念物に指定されている平林寺とその境内林で、いにしえの武蔵野の面影をそのまま今に残す貴重な雑木林とされている。

平林寺山門

平林寺境内林

雑木林の西側は周辺よりも一段高く、「平林寺の丘」と呼ばれる独立丘になっていて、西側は傾斜の緩やかな支谷に面している。野火止塚、業平塚はいずれもこの支谷を見下ろす平林寺の丘の北西縁に位置している。

<野火止塚>

野火止塚


野火止塚については、室町時代の文明18年(1486年)、道興准后の関東下向時の紀行文である「廻国雑記」にも「此のあたりな野火とめのつかという塚あり けふはな焼きそと詠ぜしによりて 峰火たちまちにやけとまりけるとなむ」とあり、かなり古くから伊勢物語所縁の地として知られていたようだ。

野火止塚

新編武藏風土記稿によれば、野火止塚の大きさは径10間(18m)、高さ5間余(9m余)となっているが、現在の高さはそれほどには見えない。新座市のホームページでは高さ6mとなっている。

野火止塚

塚の起源は新羅系の渡来人がこのあたりで行った野火によって火田を作る焼畑耕法にあるとされ、現地解説板によると和名抄に見る火田狩猟による野火を見張ったものか、焼き畑耕法による火勢を見張ったものか定かでないが、野火の見張り台であったとする説が有力、とのことである。周辺に同じような塚が数多あったことから別名「九十九塚」とも言われているらしい。

野火止塚解説板

野火止塚と紅葉の若葉


<業平塚>
業平塚は野火止塚からさらに丘の際に近いところにある。

業平塚

伊勢物語の故事、在原業平が東下りの折りに駒を止めて休んだ、という伝説に因んで後世になって名づけられたようだ。

業平塚

古くは塚上に和歌の石碑(むさし野にかたり伝えし在原のその名を忍ぶ露の古塚)があったようであるが、その歌碑は失われて今はない。それどころか、塚そのものも削られてしまったのか、野火止塚に比べるとだいぶ小さくなってしまっているようだ。

業平塚解説板


新座市史によれば新座市域に古墳は現存せず、かつては古墳と言われたいくつかの塚はいずれも調査によって後世のものであることが判明したという。したがい、野火止塚も、業平塚も、いずれもこれを古墳と考える余地はなさそうである。

しかしながら(古墳好きとしては)、野火止塚の起源は野火の見張りのため、という点については、野火の見張り台が果たして(例えであって実際にそんなにあった訳ではなかろうが)九十九も必要だろうか、と思う。焼畑を広めた新羅系の人々が墳丘を伴う墳墓を全く築かなかった、というのも幾分不自然ではないか、とも思う。
群集墳の墳丘が後世、物見塚として再利用される例はよくあることであり、野火止台でも一段と高い平林寺の丘に、往古、墳丘を伴った墳墓が数多築かれ、後世、これを野火の見張り台に転用したか、もしくは焼き畑を伝えた渡来人に関連した伝承としてそのように伝えられてきたのではないのだろうか、などと妄想してしまう。

野火止塚遠望

業平塚遠望

塚の起源はともかく、雑木林の中は濃密な自然に満ち溢れており、草木が春を謳歌している。

平林寺境内林

桜は盛りを過ぎているが、楓の新緑が目に鮮やかだ。

平林寺境内林新緑

足許では平林寺スミレだろうか、紫の可憐な花があたり一面を埋め尽くすように咲いている。

平林寺境内林の菫

平林寺境内林の菫

花咲く野原、何やら夢のような光景に年甲斐もなくうっとりしていると、傍らの木立から初老の男性が二人、雑木林への施肥を済ませ、晴れ晴れと歩み出てきた。

平林寺境内林

幻想の世界から、一瞬にして現実へ。出物腫れ物所嫌わず。

平林寺の桜


(参考資料)
「新座見聞録 第1回 野火止のつか」 新座市ホームページ
http://www.city.niiza.lg.jp/site/niiza-kenbunroku/bunkazai-kenbun001.html
「新座市史」 新座市立図書館デジタルアーカイブ http://www.lib.niiza.saitama.jp/contents?0&pid=68

2017/03/10

夕陽に染まる稲荷塚(埼玉県坂戸市 稲荷塚古墳(浅羽野古墳群))

坂戸市北東部の古墳を見て回り、十分堪能して帰途についたが、帰り道にもうひとつ古墳があったので、日没まではまだ時間もあることだし、寄ってみることにした。
新山古墳群のある清水町から、今日初めて飯盛川を渡り、東上線を越えて左折すると、線路沿いの空き地に夕陽を浴びた小高いマウンドが見えてきた。

坂戸浅羽野稲荷塚01遠望

稲荷塚古墳と呼ばれる直径20mの円墳で、高さは大人の背丈ほどだろうか、墳頂に正一位込道稲荷大明神の祠を乗せている。

坂戸浅羽野稲荷塚02近景

坂戸浅羽野稲荷塚03墳頂


稲荷社への参拝用の階段が東側(線路側)に設けられているので、東側が正面、という印象だが、西陽がだいぶ傾いて、逆光が眩しい。

坂戸浅羽野稲荷塚04逆光の墳丘

浅羽野古墳群の2号墳とされるが、浅羽野古墳群で現存する他の古墳は関越道よりも南、1kmほど離れた花影、浅羽野地区にあるので、2号墳である稲荷塚古墳は単独で築造されているように見える。

稲荷社の旗が夕風にたなびいている。「こんな時間に一体何しに来た」と言われているような気がしたので、祠に手を合わせて小声でお詫び申し上げた。背中で東上線が轟音を立てて走り去って行った。

坂戸浅羽野稲荷塚05稲荷社

帰り際、最後にもう一度振り返ると、ちょうど向こうのマンションに夕陽が隠れるところで、古墳は真っ黒なシルエットの中にすっかり沈んでいた。

坂戸浅羽野稲荷塚06日没

お休み直前のところ、お邪魔しました、と、もう一度頭を下げた。


(参考資料)
「埼玉の古墳 北足立・入間」 塩野博氏 さきたま出版会 2004年9月
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

2017/03/10

坂戸台地 飯盛川右岸の古墳群(6)(埼玉県坂戸市 新山2号墳/3号墳(新山古墳群))

飯盛川右岸を大智寺のあたりまで遡ってくると、それまでの伸びやかな郊外の雰囲気は薄れ、あたりは新興住宅の立ち並ぶベッドタウンの趣きに一変する。

<新山2号墳>
飯盛川を西に望む5mほどの高台いっぱいに広がる清水町という真新しい住宅街の一画、唐突に古墳が現れる。

新山2号墳01全景

新山2号墳02解説

2号墳の周辺は、以前は雑木林で覆われた自然公園になっていて、木立の中に高さ1.4mの墳丘が残されていたが、周辺の宅地開発に伴い発掘調査が行われ、横穴式石室や周溝が発見された。

新山2号墳03墳丘

宅地化に伴い、周囲の地面が削り取られたようで、墳丘は周囲よりも1mほど高い場所にある。

新山2号墳04墳丘

調査の結果、2号墳は古墳時代末期の7世紀に築造されたもので、一辺50mと極めて大型の方墳であることがわかり、周辺を統治した豪族の首長墓と考えられている。

新山2号墳05墳丘

陽が西に傾いた。

新山2号墳06夕陽

往時の豪族たちもこんな夕陽を眺めたであろうか。

<新山3号墳、4号墳>
新山古墳群は2号墳の他に11基の円墳が確認されているが、3号墳、4号墳以外は全て開発で消滅してしまったようだ。

新山古墳群07古墳配置図

幸い開発を免れた3号墳、4号墳は、2号墳のすぐ西隣、幼稚園の北側の木立の中に残っている。

木立は自然公園で周囲を金網で囲まれており、時間が遅いためか閉まっていて入れないが、金網越しに見えているのが3号墳だと思われる。

新山3号墳08墳丘

4号墳はもう少し右の方に・・・。

新山4号墳09ウサギ?

巨大なウサギが服を着て座っているような気がするが、古墳を見過ぎて疲れているのだろうか。


(参考資料)
「埼玉の古墳 北足立・入間」 塩野博氏 さきたま出版会 2004年9月
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/

2017/03/10

坂戸台地 飯盛川右岸の古墳群(5)(埼玉県坂戸市 胴山古墳(新町古墳群))

勝呂神社古墳から坂戸台地の北の縁を西へ1kmほど行くと新町という場所があり、ここにも古墳群がある。前方後円墳1基、円墳8基、方墳1基から成る新町古墳群と呼ばれる古墳群である。
主墳の胴山古墳は墳丘が残っているが、その他大半は宅地開発などで失われてしまったようだ。

台地上を西に進むと、間もなく畑の向こうにこんもりとした森が見えてくる。

坂戸胴山古墳01北から遠望

畑の中の細路を進むと、西側の墳裾が見えてくる。こちらが前方部である。

坂戸胴山古墳02西側前方部墳裾

以前は解説板が設置されていたらしいが、現在では古墳の存在を示すものは何もなく、むしろドラム缶やブルーシートなどが放置されていて荒れた印象を受ける。

坂戸胴山古墳03西側墳裾

古墳の規模は全長63.2m、二段築盛の前方後円墳で、前方部を西に向けている。後円部の高さは6.9m、前方部は長さ31.2m、高さ6.1mで、測定時期は異なるが後円部径35m、前方部幅40mという数字も残されている。

墳裾北側の道は細いが、そのまま半周して、後円部北側まで到達できる。

坂戸胴山古墳04東側後円部墳丘

「埼玉の古墳」に墳丘の測量図が掲載されているが、東側は後円部の一部が耕作用地として直線的に削り取られているため、見た感じはどちらも前方部のように見える。

坂戸胴山古墳05東側墳裾

南側は企業の駐車場になっていて接近しづらいが、こちら側の変形は著しく、墳頂直下近くまで無残にえぐり取られており、ローマ字の「H」か「M」に近い形になってしまっている。周辺の窪地埋め立てのための用土として墳丘の土が使われてしまったようであるが、その際、埋葬施設も破壊されてしまい、石室材の一部が勝呂神社の境内に移設されて保管されている、ということらしい。以前は設置されていた解説板では「厚さ40cm、3m四方の黒褐色巨石」が胴山古墳出土のものとされていたようだ。
なお、元宿という場所にかかっていた鬼橋という橋の石材も胴山古墳の石室材ではないか、と言われているらしい。

坂戸勝呂神社古墳10石室材

周辺にかつて存在した古墳群としては、古くは胴山古墳の陪塚と考えられていた愛宕塚古墳、稲荷塚古墳のほか、お伊勢原古墳、新町古墳(9号墳、直径15m、全長3.8mの川原石造の横穴式石室)、方墳太子塚古墳(10号墳、別名おてし様?)などの存在が伝わっている。このうちいくつかは土地所有者の好意で開発前に発掘調査がなされ、既に墳丘は失われていたが、周溝の一部などが確認されているそうだ。「埼玉の古墳」の古墳分布図では凡そ300m四方の狭い範囲に10基もの古墳が存在しているが、分布が偏在しているように見えることから、調査されずに湮滅してしまった古墳はもっともっとたくさんあったのではないか、と思う。

坂戸胴山古墳06墳丘上の青空

そう思って調べていたところ、少し南にある大智寺という寺院の近くに塚が3基並んでいる場所があるそうだ。守屋塚、天神社、稲荷塚の3基が今でも残っているらしく、中世の十三塚の跡とも考えられるそうである。機会があれば訪れてみたい。(大智寺には鬼橋の石材も保存されているそうだ。)

坂戸胴山古墳08石井庚申塔

写真は上述の塚ではなく、石井上宿集会所近くで見かけた一面六臂の仏様と庚申塔である。全身が擦り減ってしまって痛そうであるにも関わらず、表情は穏やかそうに見える。背後の畑では、農家の老人がのんびりと、トラクターで種まきのための畝作りをしている。

坂戸胴山古墳09石井庚申塔

ここでは時間の流れ方が違うのかも知れない、と思う。
つくづく、人生というものは、奥深い。


(参考資料)
「埼玉の古墳 北足立・入間」 塩野博氏 さきたま出版会 2004年9月
「探訪 武蔵の古墳」 野崎正俊氏 新人物往来社 1998年1月
「埼群古墳館」 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/
「坂戸市に残る鎌倉街道伝承」 http://michis27.main.jp/sakado-KD-folder/sakado-KD2.html