FC2ブログ
2018/11/01

秋の陽と原木田の「君ヶ塚」(福島県いわき市 君ヶ塚古墳)

「君ヶ塚」という地名が目に留まった。
だいぶ以前から「塚」の字にはめっぽう敏感になっている。
2018年11月、泊りで小名浜で行くことになったので、寄り道できそうな場所を物色していたところ、市内に「君ヶ塚」という地名表記を見つけた。
きっと昔、そういう名前の塚があったのかしら、と思い検索してみると、またもや埼玉古墳軍さんの「古墳軍ニュース」がヒットした。
「恒例古墳軍夏の東北遠征・第7回福島県古墳探索(2009.10.21)」という記事に、「君ヶ塚古墳」という古墳が君ヶ塚域内に神社として残っている、とあった。
詳しい場所までは掲載されていなかったが、「今昔マップ on the web」で明治時代の地図を見ると、小名浜中央公園のやや北に当たる場所に、塚/古墳マークを見つけた。

01 今昔マップ on the webより「五万分の一 小名浜」 明治41年


金冠塚古墳を見た後、陽が沈む前に現地に行ってみた。周辺はすっかり瀟洒な住宅が立ち並んでいて、そんな路地を入った一画、遠くからでもそれとわかる場所に大きなイチョウの木立があって、近寄って行くと少し小ぶりな鳥居が立っていた。

02 君ケ塚古墳 入口 小ぶりな鳥居

一礼して身をかがめ石の鳥居をくぐると、手作りだろうか、親しみを感じる赤い鳥居が墳丘上へと続いている。

03 君ケ塚古墳 墳丘へと続く赤い鳥居

墳丘の形は、見たところ判然としないが、「ふくしまの遺跡」という書籍によると「墳径約20m、高さ3mの円墳」となっている。現存している墳丘の高さはそれほど高くはないように見える。

04 君ケ塚古墳 墳丘の様子

墳頂はやや窪むように削平されていて、時節柄、あたり一面は銀杏と落ち葉で埋め尽くされており、そんな中、稲荷神社の祠が夕陽に染まって建っている。

05 君ケ塚古墳 墳頂 稲荷神社の祠

現在は閲覧できなくなっているようだけれど、当時は福島県の遺跡情報データベースが閲覧でき、県内の古墳はその所在地と名称、標高や水系、調査歴などが検索・表示できるようになっていた。「君ヶ塚古墳」の頁は幸い印刷しておいたので手許に残っていて、それによると所在地は「小名浜岡小名字君ヶ塚」(現在の表記は 小名浜君ヶ塚町14)、水系は1.5kmほど西を流れる「藤原川」水系、所在地の標高は「5m」、調査歴は「無」となっていた。

06 君ケ塚古墳 横から見た墳丘

平安時代に成立したとされる「先代旧事本紀」の「国造本紀」によると、このあたりを境にして、北を「石城(いわき)郡」、南を「菊多郡」と呼んだらしく、両郡の境は一説には藤原川水系とも、もう少し南の小浜町あたりであるとも言われているようである。いずれにしても石城郡の南端、菊多郡との境にほど近い地域であるが、太古から人々が暮らしていたらしく、貝塚遺跡や弥生時代から古墳時代の集落跡なども見つかっているらしい。

ところで古墳の名前であるが、そういう伝承が残る塚があったから「君ヶ塚」という地名がついたのか、それとも「君ヶ塚」という地区にあるから塚の名前もそうなったのか、どちらが先かよくわからないけれど、明治の地図をよく見ると、このあたりの字名は「君ヶ塚」ではなく「原木田」と表記されている。これは昭和57年の地図でも変わっていなかったので、町名が「君ヶ塚」になったのは昭和58年以降になってからなのかも知れない。
そうだとすれば塚の名前が先にあったのだろうが、普通、原木田にあった塚であれば、塚の名も「原木田塚」となりそうなものである。
「君」の語は通常は高貴な人物に付される敬称であろうから、全くの妄想に過ぎないが、もしかするとこの古墳は身分の高い人物の墳墓である、という伝承とともに「君ヶ塚」という名前が古くから伝わっていて、そうした由緒ある塚の名を町名に冠した、ということなのかも知れない。

そんなことを考えながら少し離れた場所に停めたクルマに戻ろうと歩いていると、まさに秋の陽は釣瓶落とし、太陽が西に傾き出した。ふと見ると、広々とした公園の芝生広場の真ん中、もうじき沈まんとする西陽の中にお椀型の遊具が見えている。

07 公園の遊具まで「古墳?」

町名にもなったわが町自慢の古墳なのだから、わが町の公園の遊具のモチーフにも古墳を・・・というのは些か勘繰りすぎかも知れないが、この角度から見る薄暮に沈みゆくあれは、どう見ても葺石を施された円墳にしか見えなかった。
仕事のし(古墳の見)過ぎか、目(と頭?)がおかしくなっているのかも知れない。

今夜は宴席であるが、ハシゴは遠慮して、早めに寝た方がよさそうではある。

<投稿 2020.7.31>

(参考資料)
「埼玉古墳軍」 http://www.asahi-net.or.jp/~fx3j-aid/kofun/tobira.html
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html
「みんなで学ぼう いわきの歴史」 平成29年度版 いわき市教育委員会




2018/11/01

中田七曜塚 名残りの古墳(2)(福島県いわき市 曲田古墳?/糠塚?/重殿古墳?)

小名浜へ向かう道すがら、寄り道をした金冠塚古墳は「中田七曜塚」と呼ばれたものの一つであったそうで、残りの塚/古墳は壊滅状態にあるそうだが、果たしてそれらは一体どこにあったのだろうか、と思う。

現地での探訪はここまでにして、その日はこの後、小名浜へ向かったが、何とも気になったので帰宅してからいろいろと調べてみた。

<曲田古墳?>
それらしいところはないものか、とまずは明治時代の古い地図を眺めていると、金冠塚古墳から線路に沿って1kmほど北上したあたり、現在で言うと釈迦堂という字名の少し北、曲田というあたりにひとつ、塚/古墳マークのようなものがあることに気づいた。多分これこそ中田七曜塚の1基に違いない(是非そう思いたい)と思うけれど、これは一体何だろうか。

01 五万分の一「小名浜」明治41年測図より
(左下矢印が金冠塚古墳のあるあたり、中央上が曲田古墳? 今昔マップ on the web 五万分の一「小名浜」 明治41年測図より)

インターネットであれこれ探してみたが、いわき市を含め、福島県の遺跡などの調査報告書はネット上では閲覧できず、さっぱりわからない。これはお手上げか、と思っていたところ、幸い、福島大学が2017年に実施したいわき市内の別の古墳の測量調査報告書に、いわき市内の遺跡/古墳がプロットされている地図を見つけることができた。
これによれば、明治の地図に載っていたのは「曲田古墳」という古墳のようであるが、詳しいことはわからなかった。グーグルマップで見る限り、現在はすっかり畑になっていて、塚/古墳の痕跡のようなものは残されていないようであった。

<糠塚?>
さらに、埼玉古墳軍さんの「古墳軍ニュース 第6回福島県古墳探索(2008/11/16)」では、金冠塚古墳の北、錦町の中田原遺跡域内にあるという塚の写真が掲載されており、「七曜塚の名残であろうか」とあった。
この塚と神社は現在でも残っているようで、グーグルマップでも金冠塚と同じ「大山祇神社」として登録されている。所在地の字名は「糠塚」となっているので、もしかするとこの塚の名を糠塚というのだろうか、と思ったが、中田原遺跡について調べたところ、平成18年の調査で、隣接する病院敷地(地番は糠塚ではなく落合1-1)から古墳痕跡が発見されているようである。「糠塚」という語は、古墳や塚に付けられる汎用的な名称であるが、さらにここから少し北の「中田遺跡」(糠塚6-21)からも、平成24年に古墳の痕跡が見つかっているようであるので、糠塚の字名はこれらの古墳に由来しているのかも知れない。

02 糠塚の大山祇神社(Googleストリートビューより)
(糠塚の大山祇神社 Googleストリートビューより)

ちなみに、ここ糠塚の北、常磐線をはさんだ反対側に稲荷神社があり、カシミール3Dの地形データを見ると、この稲荷神社のすぐ西に直径10mほどの塚状の高まりのような地形が見えるのだが、グーグルマップで見るとそこはクレハの工場敷地内で、重機が土木工事などをしているようであるが、いずれにしても塚状の高まりは見当たらなかった。

<重殿古墳?>
最後にもう一カ所、古い航空写真でこの周辺を見ていると、米軍が昭和21年に撮影した写真で、金冠塚の南東、「重殿」(ジュウドノ)という変わった字名のあたりにひとつ、怪しい樹叢が写っていた。

03 19461010_USA M283-A-10米軍航空写真(「地図・空中写真閲覧サービス」 国土地理院より)
(左が金冠塚古墳のあるあたり、中央下が重殿の怪しい樹叢 1946年米軍撮影 「地図・空中写真閲覧サービス」 国土地理院より)

グーグルマップでもちょうどこの地点の360°画像を個人の方が投稿されていて、鳥居と祠を頂いたマウンドのようなものが写っている。ここには今でも塚状のマウンドが残っているらしい。

04 重殿の神社祠とマウンド(Googleストリートビュー加戸淳一さんという方の投稿写真より)
(重殿の神社祠とマウンド? Googleストリートビュー加戸淳一さんという方の投稿写真より)

このあたりには、福島大学の報告書地図では「伊賀屋敷遺跡」という遺跡名がプロットされている。
伊賀屋敷という字名は、2kmほど西、菊多郡の郡衙跡とされる郡遺跡や菊多国造の創祀によるとされる國魂神社の西隣あたりを指すはずなので、おかしいな、と思いよく見ると、逆にそちらの方には「重殿古墳」があると書かれている。どうやら名称が入れ替わっているのかも知れない。

ところで「重殿」と書いて「じゅうどの」と読む、重箱読みの字名も変わっているが、どんな謂われがあるのだろうか。
以前、埼玉県吉見町の「頭殿(ヅウドノ)神社」について調べた際、「頭殿」とは中世の地頭領に関連した地名であるらしい、と書いた。「重殿」の由来もこれに通じたものか、と思ったが、どうやらそれとは違うようである。
「重殿」は「通殿」(ツウドノ)や「水殿」(スウドノ)に通じ、水を司る神、川を鎮める神を指すらしい。
波乗りうさぎさんという方のブログでもこの地名について紹介されていて、それによると「重殿」という地名は茨城県北部に多く見られるそうで、「目一つの神」、すなわち「一目連」(ヒトツメノムラジ)という天候を司る神に纏わる伝説が伝わっているそうだ。上述のグーグルマップに写っている祠も「重殿神社」の祠であるらしい。

さらに線路沿いに南の方へ眼をやると、「塚田」、「長塚」という字名が目に入った。
もしかするとこっちの方にも塚があったのかも知れないが、ここまで行くと既に旧錦村から出てしまう。そもそも中田七曜塚の最南端は金冠塚古墳であったようなので、重殿古墳などは少なくとも中田七曜塚とは別の古墳群だったのだろう。

結局のところ、「中田七曜塚」の所在は皆目わからなかった。
けれど、このあたりに残る古くからの地名/字名はいずれも奥深く、こうした地名には過去の記憶の片鱗が見え隠れしていることに、改めて感銘を受けた。

それにしても七曜塚、どこにあったんだろう・・・。

<追記>
誰かの歌ではないが、探し物というものは探すのを止めないと見つからないらしく、その後、偶然にも「中田七曜塚」ではないかと思われる七つの塚の名前を見つけた。

錦町宮ノ前の八坂神社に「なこそ中田地域づくり協議会」が設置した「江戸期中田村絵図」という看板の写真を「けんぼう」さんという方がグーグルマップに投稿されており、それによると、中田村に伝わる「遺跡」として以下の七つが挙げられている。

①砂塚、②二ツ塚、③糠塚、④飯森塚、⑤六部塚、⑥山神(金冠塚)、⑦唖塚

①~⑦はいずれも「塚」であって、中田村の七つの塚であるから、これらを称して「中田七曜塚」と呼んだのではないのだろうか、と思う。
これらの塚の位置は、曲田古墳のあたりに①砂塚が、糠塚の大山祇神社のあたりに⑦唖塚、そのやや北東に③糠塚が描かれている。やはり糠塚という字名は塚の名前から来ているようだ。また②二ツ塚は、⑥山神(金冠塚)の北を流れる川が西進、流れを北へ変えた後、再び西へ向きを変えるあたりに二基描かれているので、現在の錦変電所あたりに当たるのだろうか。さらに④飯森塚は現在の飯森町、錦中学校のあたりにマークされており、⑤の六部塚は海の近く、現在の馬場のあたりになるだろうか、蛭田川が菊田浦に達する手前で大きな沼のようになっていたらしく、そのほとりにマークされている。
上記のほか、重殿古墳の場所には「十殿(権現)」と記されており、また、上記①~⑦には含まれていないが、①砂塚のすぐ南、釈迦堂のあたりにもひとつ、塚のようなものが描かれている。

上記の①~⑦と「中田七曜塚」との関係はよくわからないが、少なくとも上記の七塚は「常磐線沿いに並んでいる」という訳ではなさそうなので、やはりこの七基が「中田七曜塚」という訳ではないのかも知れない。

古くからの文化財が後世に残されたとしても、自治体の史跡に指定されない地域に根ざした素朴なものについては、それらが有する歴史的意義や伝承など、後世に伝えようという地元の人々の思いがなければ、口伝はいつしか途絶え、やがて人々の記憶から消えていってしまう。
「過去の記憶」というものは、須らく完全な形で後世に伝えて行けるものではないにしても、もしそうであるならば、及ばずながら私のような不心得者でも、こうしてネット上の情報の聞き齧りを如何ばかりかでも文字に残すことで、地域の素朴な「記憶」の保存に僅かでもお役に立てているとよいのであるが・・・。

<投稿 2020.06.30>

(参考資料)
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html
「福島大学考古学研究報告 第11集 塚前古墳1 福島県いわき市塚前古墳測量調査報告書」
2018年3月 福島大学行政政策学類考古学研究室
「埼玉古墳軍」 http://www.asahi-net.or.jp/~fx3j-aid/kofun/tobira.html
「全国遺跡報告総覧」 奈良文化財研究所 https://sitereports.nabunken.go.jp/ja
「地図・空中写真閲覧サービス」 国土地理院http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1
「ジュウドノという地名」 波乗りうさぎの日記 http://blog.livedoor.jp/naminoriusagi/archives/51381970.html





2018/11/01

中田七曜塚 名残りの古墳(1)(福島県いわき市 金冠塚古墳)

都道府県を跨いでの移動も自粛が解除されて、観光地への行き来などもそれなりに許容されるようになったようだけれど、それでも皆、心の奥底にはまだ不安が影を落としているのだろうか、すれ違う人たちの表情は目だけしか見えないけれど、皆、どことなく不安そうに見える。ほんの数か月前までは当たり前だった「日常」を手探りで怖々と確かめている、そんな風に見える。
とにかく第二波とやらがひどくならないことを古墳や神社で祈りたいと思う。

2018年の晩秋、宴席に呼ばれ、久しぶりに小名浜まで泊りで行くことになった。

いわき勿来インターで高速を降りて国道289号を右折、「菊多(きくた)浦」と呼ばれる海へ向かって徐々に下っていく。勿来と言えば「勿来の関」が有名であるが、このあたりは遠く律令時代、「国造本紀」によると「菊多郡」と呼ばれていたそうで、関の名も古くは「菊多関」であったそうだ。
丘陵地帯から平野部へ下り、クレハや日本製紙の広大な工場の間を抜けると、常磐線をオーバーパスで跨ぐ陸橋に差し掛かる。この陸橋の南脇に「金冠塚古墳」がある。

この古墳には何年か前にも来たことがあるが、昭和20年代後半に発掘調査され、金冠の飾金具などが発見されたことから、一躍、話題を集めたらしい。これらの遺物は国立博物館に展示され、古墳も県の史跡に指定されているようである。私のような素人が取り上げる余地などないのだが、時間に余裕があるので立ち寄ってみることにした。
常磐線を跨ぐ陸橋への上り口の信号を左にそれて、立ち上がっていく陸橋に沿って側道を少し進むと、陸橋下に解説版と古墳への入り口が見えてくる。

01 金冠塚古墳入口と解説版

陸橋をくぐって反対側へ抜けると、直径28m、高さ3mの段築のある見事なマウンドが見えてくる。

02 金冠塚古墳(南から)

築造時期は古墳時代末期、現地の解説版には「7世紀前半」とあるが、いわき市教育委員会が出版している「いわき市の文化財」では「6世紀後半」の築造とされていて、古くは「山の上(山神)古墳」と呼ばれていたらしい。
発掘調査の結果、何層かに分かれて追葬されており、下層から冠の一部とされる透彫された金銅製の飾金具など豊富な副葬品が出土したことから金冠塚古墳と呼ばれるようになったそうである。出土遺物の豊富さから、被葬者は中央政権と強固な結びつきを有する勿来低地の支配者層と考えられているらしい。
往時、菊多郡の郡衙はここからすぐ西、郡という字名が残る標高20mほどの高台の一画にあったとされていて、現在も高台に鎮座している國魂神社は菊多国造の創祀による、とされているらしい。金冠塚古墳からの距離は1.5kmほどで、まさに目と鼻の先ほどの距離であるから、この古墳の主は、菊多国造とも相当所縁の深い一族だったのだろう。
一礼して鳥居をくぐり、墳頂へ登らせてもらうと、木陰に小さな祠が鎮座している。グーグルマップの書き込みによればこれは大山祇(オオヤマツミ)神社の祠だそうである。

祠に手を合わせ、墳丘の反対側に回ると、石室の天井石が見えている。

03 金冠塚古墳(北東側石室開口部)

石室の規模は前掲の書籍によれば全長7.5mもあるそうで、石室内の鮮明な写真も掲載されているが、狭い開口部から中を覗く勇気はヘタレの私には毛頭ない。

周囲には他に古墳などは見えず、孤立して築造された単独墳のようにも思えるが、実は十数基から成る「中田古墳群」のうちの1基で、常磐線に沿うように複数の塚/古墳が並んでいたことから「中田七曜塚」とも呼ばれたそうだが、他の古墳はいずれも開発で「壊滅状態」で、往時の姿を留めているのはこの金冠塚古墳のみとされているらしい。

04 金冠塚古墳(東から)

そう思いながら周囲を見ると、古墳脇の陸橋は墳丘を避けるためだろうか、微妙に北寄りに迂回しているようにも見える。ここまでしてよくぞ残してくれたものだ、と思う。

05 金冠塚古墳

ちなみに「中田」というのはこのあたり、旧錦村の古い地名で、源義経が木曽義仲と戦った際、義経側についた佐々木四郎高綱の家臣に中田孫左衛門という人物がいて、この人の出自がここ、中田であるとされるようなので、相当古くからある地名なのだろう。

それにしても、中田七曜塚の残りの塚は一体どこにあったのだろう。「七曜」は太陽や月などを表す語でもあるが、この場合は家紋としての所謂「七曜紋」、●の周囲を六つの●が取り囲んでいる家紋を指すのだろう。とは言え、まさか金冠塚古墳の周囲をぐるりと6つの古墳が取り囲んでいた、という訳でもないだろうし、もしかすると「七」は具体的な塚の数ではなく、「複数/幾つもある」といったような意味合いなのかも知れない。

06 金冠塚古墳周辺

07 金冠塚古墳周辺

ひとしきり周囲を見回していると、陸橋下、常磐線の線路脇に小さな祠が見えたので行ってみた。

08 阿屋稲荷神社遠景

この祠は「阿屋稲荷神社」という神社の祠のようだが、すぐ脇にある神社の名前の彫られた石板が大きく欠けてしまっていて、何とも痛々しい。手を合わせ、いつもより深めに頭を垂れるぐらいしかできることがない。

09 阿屋稲荷神社 欠けてしまっている石碑

祠の周囲が特別、塚のように盛り上がっているという訳ではないが、なぜこんな陸橋下で日当たりも悪く、すぐ脇まで駐車場と線路が迫る手狭な場所に祠が祀ってあるのだろうか、と思う。
「今昔マップ on the web」で明治時代の地図を見ても、この場所には神社のマークは見当たらず、そればかりか金冠塚古墳も描かれておらず、七曜塚の名残としての手掛かりは何もなさそうである。

長くなったので、続きはまた次回。

<投稿 2020.06.21>


(参考資料)
「いわき市の文化財」 改訂版 いわき市教育委員会
「みんなで学ぼう いわきの歴史」 平成29年度版 いわき市教育委員会
「要綱石城郡町村史」 昭和4年10月 諸根樟一著 郷土社出版部
「ふくしまの文化財をみる 金冠塚古墳」 まほろん 福島県文化財センター白川館 https://www.fcp.or.jp/mahoron/bunkazai/362.htm
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html





2018/10/24

心が疼く「石積み」(東京都福生市 睦橋東袂の石積み)

今回は、以前から気になっていた「石積み」である。

何年か前から仕事であきる野方面へ往復する機会が増えて、クルマで睦橋を渡るたびに、橋の東側の袂の斜面上にある石積みが気になっていた。
それは遠目には、人頭大の丸い川原石がゴロゴロと積み上げられているだけの、単なる石積みにしか見えなかったのだが、確かこのあたりの古墳はあんな感じの積石塚が多いらしいんだよなあ・・・と、そこを通るたびに気になっていたけれど、「東京都遺跡地図情報」を見てもそこには古墳マークはおろか、遺跡表示すらされていなかった。

ある日、「今昔マップ on the web」を眺めていて、何気なく例の石積みのあたりを見てみた。
そのあたりは明治の頃から「内出」という集落があって、橋が掛けられるずっと以前から民家が多かったらしく、明治の地図で既に一帯が黒い斜線で「市街地」表示されていた。
中央少し上、神社と寺院が並んでいるそのすぐ南、斜線が白く抜けてしまっている箇所があった。
あれれ、塗り損なってるじゃん、これ、と思ったその時、ハタと気が付いた。塗りつぶし損ねているわけではなくて、これは「塚/古墳」のマークではないのか、と。

01 内出周辺の明治時代地図(二万分の一「拝島」明治39年)
(中央、寺院記号下に見える「塗り残し」? 今昔マップ on the webより、二万分の一「拝島」明治39年)

位置的には現在、睦橋通りが通っているあたりか、それよりやや南にズレたあたりだろうか、おそらく睦橋通りを切り拓く際、切り通しになって崩されてしまっているようにも思えるが、もしかするとここには昔、塚や古墳の類いがあったのかも知れない。
そう思ったところで再びハタと閃いた。いつも気になっていたあの石積み、実はこれだったりするんじゃなかろうか。

数日後、半ば無理やりセットしたあきる野での用事を終え、睦橋を渡り、懸案だった斜面の石積みの前に立ってみた。(仕事とどちらが主目的なのだろうか、と自分でも時々思うことがある。)

02 気になっていた石積み

積み上がっている石は思いのほか大きく、しかも石の積まれている底地はコンクリートで階段状に整地されていて、やはり少なくともこれは古くからある石積みの塚か古墳がそのまま遺存している、という訳ではなさそうである。

03 石積みから多摩川を望む

やはり空振りだったかしら、と思い、振り返ってみると、少し離れた空き地に大きな木が一本、立っており、その根太のあたりが盛り上がっているようにも見える。

04 少し東に見える木

05 少し東の木の根太

いやいや、さすがにこれは木の根太が盛り上がっているだけだろう。だがしかし、永年鬱積した欲求不満がそうさせるのか、頭では違うと思っているのに、何故か写真まで撮ってしまう。(しかもそれをブログで記事にしてしまう。)

結局のところ、明治の地図にあった塚/古墳マークの正体も存否もわからずじまいであるが、これで終わってはあまりに何なので、ひとつだけ。
ふと見ると、石積みのやや下の方に、福生市の立てた史跡の案内板がポツンと立っていた。

06 石積み下の福生市史跡案内板

お!やっぱここ、古墳だったのか!と、諦めの悪いオッサンは瞳を輝かせつつ駆け寄ったのだが、やはりそうではなかった。
昭和30年頃まで、このすぐ下の河川敷から砂利が採取され、それを運搬する鉄道がここを通っていたらしい。確かにいまの南武線なども私が子供の頃は砂利を運ぶ貨物列車が走っていたようにも思う。コンクリートの強度を増す重要な建築資材として、多摩川の砂利は首都東京の経済成長を担っていたのだ、と聞く。
戦前の地図を見ると、当たり前だが解説版と同じ経路を線路が通っているのがわかる。いまの拝島駅の北西、共光稲荷神社前の駐車場のあたりまで続いていたようだ。

積年の懸案はひとまず解消した、と思ったけれど、習慣というものは恐ろしいもので、その後もやはり、ここを通るたびにこの石積みが目に入り、何故か心が疼くのである。

07 石積み近くで見上げた空



<投稿 2020.6.14>

(参考資料)
「今昔マップ on the web」 http://ktgis.net/kjmapw/index.html





2018/10/19

川崎市内に残る中世の十三坊塚(2) (神奈川県川崎市 野川の十三坊塚?)

非常事態宣言は解除されたけれど、東京などでは一時期よりも感染した方の数は増えている。南米やロシアなどでは深刻な状況になりつつあるらしい。当分の間、こうした未知のウィルスとの闘いは続くのだという人もいるし、傲慢になった人類に神様が罰を与えているのだ、という人もいるけれど、雨はいつかは上がるものだし、夜明けの来ない夜はない、という歌だってある。
夜明けを信じて、今はとにかく謙虚に、前を向いていようと思う。

前回に引き続き、今回も川崎市宮前区内の十三塚伝承地である。

長尾の十三塚から南東に5㎞ほど、現在は開発されて野川南台団地が立ち並んでいる台地上の一帯も、古くは「十三本堂」と呼ばれた土地だそうだ。
団地の南側を画する台地上の道は「南の横大道」と呼ばれた古道で、中原街道から分岐して標高差30mほどの台地上に上り、野川を通ってそのまま西へ進み、打越でいったん台地を下りた後、再び上り直して有馬古墳の目前を通り、有馬9丁目で矢倉沢往還へと至る、尾根上を行く見晴らしのよい道で、鎌倉街道中ツ道の支路ではないか、とされる道でもある。

この台地上は中世、鎌倉幕府の有力御家人であった和田一族が支配していたとされるらしく、台地下を東西に流れる有馬川に面した南向きの崖地には和田八幡宮が鎮座している。このあたりは現在でも和田一族の末裔の方々が多く暮らしているのだそうだ。
和田八幡宮の300mほど東、南から台地に向かって、「篭場谷(ろうばや)」と呼ばれる深い浸食谷が食い込んでおり、この浸食谷を望む台地の縁、南の横大道のすぐ南側に、15m四方ほどの大きな土のマウンドがある。

01 十三坊塚とされるマウンド

宮前区の発行する「歴史ガイドまち歩き」では、この大きなマウンドが「十三坊塚」となっていて、解説文でも「以前、13の塚が並んでいたと伝わるが、現存する塚は一つである」とされている。

02 十三坊塚とされるマウンド

これを読むと、まさしく目前のこのマウンドがかつての十三塚の名残、「現存する一つ」であって、おそらくは東西に走る南の横大道に沿って、往年は十三基の塚が並んでいたのだろう、と思っていた。
しかしながら、何となく腑に落ちない気もしていた。

天保5年(1834年)に発刊された「江戸名所図会」には、まさにここ、野川村の十三塚が挿絵付きで次のように紹介されている。
「十三塚 土人は十三本墓と呼べり 野川村の耕地の中ここかしこに散在せり 雑樹茅草茂れり 相伝ふ新田左兵衛介(新田義興)江戸遠江守のために伐たれて矢口の渡しにて亡びたまひしとき随ふところの家臣の墳墓なりといへども詳らかならず」

03 江戸名所図会「十三塚」
(「江戸名所図会 巻之三」、「国立国会図書館デジタルコレクション」 国立国会図書館より)

十三塚は「ここかしこに散在」とあり、挿絵でも、広い野原のあちらこちらにポツン、ポツンと、樹々を頂いた塚が点在している様が描かれている。
前回紹介した「長尾の十三塚」は、典型的とされる十三塚の配列、すなわち村境の街道沿いに一列に並んでいた、とされるし、また、ここから東に第三京浜をわたった久末神社の南方、同じ読みの「籠場谷(ろうばや)」やその東の「伊ノ木」にあったとされる十三塚も同様に、整然と一直線に並んでいた、とされるのだが、ここ、野川の十三塚はそうではなく、「名所図会」によればここにあったのは整然と一列に並んだ十三塚ではなかったようである。

さらに、文政13年(1830年)に完成したとされる「新編武藏風土記稿」では、次のように書かれている。
「十三本堂 中程なり 又十三菩提とも十三本塚とも呼り 古は古塚十三ありしと云 今は其状のみ残れり 中古此所より甲冑の朽しものを堀出せしと云」

「風土記稿」では「昔は十三の古塚があったというが、今ではその名残しか残っていない」とあるので、当時既に十三塚は僅かな名残しか残っていなかったのかも知れず、そうだとすると、「名所図会」の挿絵のように明確に塚が点在していた、といった光景は、もしかすると「名所図会」では観光案内として幾分かの脚色が加わっているのかも知れないな、などと思わないでもない。

なんとなく腑に落ちないまま現地を訪ねてみたのだが、折しも地主の方が丹念に落ち葉を清掃していて、写真を撮りたいのだが、と尋ねると無言で小さく頷かれた。見ると、マウンドの脇では小さな石の仏様が合掌していらっしゃる。

04 十三坊塚脇の仏様

これを見れば、このマウンドが、点在した十三塚の名残であろうと、整然と並んだ十三塚の名残であろうと、もしかするとこの方も和田一族の末裔かも知れないが、とにかく大切なことは、今なおこうして念入りに手入れがなされていて、小さいながらも仏様も祀られている、という事実であろう。少なくとも私のような赤の他人がとやかく詮索すべきことでないことだけは確かである。

ここで話を終わらせておけばよかったのだが、帰宅してから、以下、無粋な詮索をしてしまった。

このマウンドのことが気になって、前回も参考にした、日本常民文化研究所が昭和54年に発行した十三塚に関する報告書を読んでいると、次のような記述があった。
すなわち、ここ、野川の十三塚は、地元では古くから「十三ボディ(菩提)」と呼ばれていたが、調査を行った昭和54年時点では既に「塚は確認できない」とある。
さらに、この地域の文化財調査に精通していたとされる新井清氏が昭和29年に十三塚を撮影しており、その場所は下図①の場所であった、という。さらに新井氏は下図②にも十三塚の名残があった、とし、さらにもう一人、地元在住の古老 金子氏も、下図③、④に十三塚の名残の塚があった、と証言したという。

新井氏が撮影したという①の塚の写真は、白黒で、こんもりとした草叢が写っており、その大きさは比較するものが写っていないので判別し難いが、少なくとも、歴史ガイドが「十三坊塚」としている今日見たマウンドとは別のもののように見える。また、金子氏が証言した③の塚は、高さ3m、面積にして25㎡(ということは5m四方ぐらい?)ほどあったそうで、これも「十三坊塚」のマウンドとは規模感が違う気がしないでもない。

05 野川南耕地 十三坊塚周辺の十三塚跡

①~④の4基の塚は一列に並んでいる、という感じではなく、むしろ「名所図会」のように点在しているように見えるし、なおかつ、昭和54年の時点でこれらの塚は既に確認できなくなっていた、というのである。
位置的に見ても、今日見た「十三坊塚」とされるマウンドは上記①~④とは場所が違っていて、最も近い④からでも南西方向に100mほど離れている。

調査報告書では、文末になお書きで、「④の西、約120mぐらいのところに、径16.7×12.6メートル、高さ1.85メートルほどの盛り土《塚》がある。私は、ながいことこれが十三塚の一つであるとばかり信じてきたが、新井・金子両氏ともその点については明確に否定された。」と付記している。
もしこの「盛り土《塚》」が、「十三坊塚」とされるこのマウンドを指しているのだとすれば、少なくとも前述の調査では、このマウンドは十三塚の名残ではない、と結論付けられたことになる。
ただし、報告書では上記に続けて、「発掘調査したわけでもないので、古墳であるとも断言できない。」と結んでおり、この「盛り土《塚》」の正体が何であるかについてまでは言及していない。

もしこの「十三坊塚」とされるマウンドが、古くからある「盛り土《塚》」なのであれば、①~④の塚と同様、前述の新井氏、金子氏ともに、それが何であるか知っていてもおかしくなかったのではないか、と思う。①~④の塚、しかもおそらくは「十三坊塚」とされるこのマウンドより小ぶりであったであろう塚に興味を持っていた二人が、それよりも大きなこのマウンドを認識していなかった、としたら、それは一体何故なのだろう。
報告書でも、わざわざ「盛り土《塚》」と表記している点や、①~④の塚とは別に、文末になお書きで付記してあるところなどからすると、調査の結果、残念な結論となってしまったが、筆者としても、永い間、十三塚の名残と信じてきたこのマウンドを軽んじることができず、そうした特別な思いを後世の研究に託したかった、ということなのかも知れない。

ところでこのマウンドは、グーグルマップでは、「野川南台和田古墳」として登録されているので、もしかすると上記昭和54年の調査後、発掘調査などがあってこれが古墳であることが確認されたのかと思い、「川崎市地図情報システム」でこの地点の遺跡登録の有無を調べてみたのだが、この場所には特段、古墳・塚としての登録は見当たらなかった。

万策尽きたかな、と思いながら川崎市市民ミュージアムの調査報告書にある「橘樹郡内の古墳一覧表」を見ると、そこには「野川古墳群」としていくつかの古墳が掲載されており、その中に「十三菩提古墳」という古墳が挙げられていて、やっぱりここがそうか!と全身の毛穴から一瞬、アドレナリンが噴き出しかけたが、よく見ると墳形・規模は「-」となっていて「不明」とも書かれておらず、存否は「×」(おそらく「現存せず」の意)となっていることからすると、やはり「十三菩提古墳」は「十三坊塚」とされるこのマウンドを指している訳ではないのかも知れない。(ではその『十三菩提古墳』というのはどこにあったのだろう・・・。)

何とも諦めきれないので、最後に、国土地理院の「空中写真閲覧サービス」でこの周辺の航空写真を確認してみることにした。夜更かしして、充血した目を皿のようにして古い写真を凝視していたところ、昭和38年(1963年)に撮影された白黒写真に、そうだ、と言われればそのようにも見える(?)影を見つけた。

06 航空写真(1963年6月)MKT636C16-6(部分)

一番左の大きな円内が「十三坊塚」とされるマウンドで、ここはこれより古い戦後すぐの航空写真で見ても同じように樹々が密生していたようであり、木立の中に何があったのか、航空写真からは判別できないが、周囲に人家が立ち並ぶ中、この一画だけは宅地化の波から大切に守られてきているのだから、やはり何か特別な意味を持ったマウンドなのであろう。
ちなみに、その少し右上の円が④塚、一番右上が①塚、その下が②塚と思われる位置であるが、それぞれ、塚のような気がしないでもない、小さな影?が見える気がするのだが、さて、これって一体・・・。


<投稿 2020.6.1>

(参考資料)
「宮前区歴史ガイドまち歩き その9 南の横大道」 川崎市宮前区役所地域振興課 宮前区歴史文化調査委員会 平成27年3月
「十三塚 実測調査・考察編」 神奈川大学日本常民分化研究所報告 第10集 1984年 平凡社
「ガイドマップかわさき 川崎市遺跡地図」 http://kawasaki.geocloud.jp/webgis/?p=0&mp=21
「加瀬台古墳群の研究Ⅰ-加瀬台8号墳の発掘調査報告書」 1996年12月 川崎市市民ミュージアム
「地図・空中写真閲覧サービス」 国土地理院 http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1





2018/10/19

川崎市内に残る中世の十三坊塚(1) (神奈川県川崎市 長尾十三坊塚)

国内の感染拡大は一見、一段落してきたようにも思える。一部地域を除いて非常事態宣言も解除され、巷では「アフターコロナ」という言葉も耳にするようになった。
だがしかし、ひとたび目を海外に向ければ、アフリカなどでは経済の封鎖で生活の糧を得る術を奪われた多くの人々が、コロナではない普通の病気でさえも治療を受けることができず、通常であれば失われるはずもない多くの命が犠牲になっているのだという。しかも、そうした犠牲者の数はコロナ禍の犠牲者としてはカウントされず、顧みられることがないのだ、と、海外で人道支援に当たっている方がラジオで話していた。抑揚を抑えた静かな語り口に、心の琴線をかき鳴らされた。
今、我々がすべきことは何なのだろう。せめて、目を閉じて、世界の平穏を祈る気持ちだけは忘れないようにしたいと思う。

今回も2018年10月、中世の「十三塚」を見に行った時の話である。

十三塚というのは中国・四国の一部地域以外、東北北部から九州南部まで広く全国に見られた塚で、読んで字の如く、多くの場合、13基(中には15基とか、2列21基などというものもあるらしい)の塚が、街道や郡境などに沿ってほぼ一直線に並んでいるのが典型的な形態とされる。
その多くは、戦乱で命を落とした十三人の武士を葬ったもの、といった伝承が伝わり、13基のうち中央、7番目の塚が一回り大きく、「親塚」とか「大将塚」、「将軍塚」などと呼ばれることも多いのだそうだ。

十三塚については過去、あまり研究の対象とはされて来なかったらしく、塚の性格もよくわかっていないようであるが、境界を示す境塚であると同時に、中世の十三仏信仰とも関連していたのではないか、と考えられているようだ。塚は祈祷のための祭壇であって、それぞれの塚上には十三仏を示す梵字を記した塔婆が立てられ、村に疫病や災いが入って来るのを防ぐため、そうした塚が村境に築かれたのではないか、ということらしい。

十三塚は「十三仏塚」、「十三壇」、「十三坊」などとも呼ばれ、民俗/民族文化の調査・研究団体である日本常民文化研究所という団体が1984年に出版した調査報告書によれば、「十三塚」に関連すると考えられる伝承が残る場所が300箇所以上あったそうであるが、文化財としての価値が認識されていなかったことから、開発で次々と姿を消してしまい、残念なことに今日まで完全な形で残っているものは、もはや数えるほどしかないのだそうだ。
関東では、柏市の藤ヶ谷十三塚や、川崎市麻生区と稲城市との境にある平尾十三塚、寒川町にある「おこり塚」などは比較的往時に近い形で残っているようであり、いずれ訪ねてみたいと思うけれど、今回は川崎市宮前区内に残る十三塚の伝承地を訪ねてみようと思う。

宮前区に「長尾の十三坊塚」と呼ばれる場所がある。グーグルマップでは「十三坊塚の道標」という名の史跡として表記される場所である。
国道246号の梶ヶ谷交差点から西へ向かうと、すぐに二股の分岐に差し掛かる。二股を左の馬絹方面へ向かえば宮崎大塚古墳はすぐそこであるが、今日は二股を登戸方面へと進む。道は標高50mほどの舌状台地上を行き、途中右手に百日咳に霊験あらたかという「しばられ松」の伝承の残る聖社の祠の前を通り、やがて緩やかな下り坂となって、平瀬川の流れる谷底に向かって下り始める。
下り坂の途中、ローソン手前を斜めに左へ別れていく細い路地が、台地の縁を王禅寺方面へと続く古くからの街道で、王禅寺道、別名「十三坊道」と呼ばれる古道である。台地の縁を東西に走るこの古道を少し進むと小さな十字路があって、その十字路脇の高まりに「十三坊塚の道標」が立っている。

01 長尾十三坊塚道標

道標は文化12年(1815年)に建てられた庚申供養塔で、側面右に「庚申供養塔」、正面に「西 王せんし道」、側面左側に「北 ふちう道」、裏側はのぞき込めないが「東 二子道」と書かれているそうである。

02 長尾十三坊塚道標

03 長尾十三坊塚道標

この辺りは古くは「十三坊原(十三坊塚/十三本原)」と呼ばれ、現在では東西に走る十三坊道を境に、南側は「神木(しぼく)」、北側は「神木本町」となっているが、古くは南側は馬絹村、北側は南北に交差する道を境に東側が上作延村、西側が長尾村と呼ばれたそうで、この十字路は中世以来、ちょうど三ケ村の境界だったのだそうだ。

04 十三坊道(王禅寺道) 王禅寺方面を望む
(十字路から西、王禅寺方面を望む。道の右が旧長尾村、左が旧馬絹村)

その名の示す通り、ここにはかつて十三塚があったとされており、「新編武蔵風土記稿」には上作延村と長尾村の項に地名の由来に関する記述がある。
「(上作延村)十三坊原 村の西南 丘上の平地を云 此邊長尾村の續きにして かの村にても此地名を唱へぬれど 文字を十三本原と書て唱へもおのづから異なり 名義は二村とも傳へを失ひて詳ならず 或は十三佛を供養せし跡なりと 是によれば十三坊と記す方ましならんか されど巨樹十三本ありし地と云傳説もあれば今何れを是なるべしとも定めがたし」
「(長尾村)十三本原 村の東南 上作延村地續の原野を云事は上作延村に出せり」
十三坊原は上作延村の項に詳しいのでそちらにあるようにも見えるが、所在地は長尾村の「続き」とあるのは、おそらくその一画だけ上作延村に突き出していた、というような意味合いであろうか。

宮前区の発行している歴史マップを見ると、「十三坊塚」、「庚申塔(道標)」はいずれも地図上にプロットされており、「道標」については解説されているが、十三塚については言及されていない。そこで前述の日本常民文化研究所の調査報告書を調べてみたところ、昭和54年に実施したという現地調査について、詳細に記述されていた。それによると、どうやら道標が建てられている高まり、つまり十三坊道に沿った東西に細長い土手状の敷地全体がまさに十三塚の名残、ということのようである。
当時、道沿いの土手状の敷地は既に竹や草が群生していて、明確に確認はできなかったようだが、地元の文化財調査に精通した新井清氏の言によると、かつては確かに塚状の小さな突起が数個あり、しかも十字路の角、道標の建っている高まりは「一つだけ大きく、中央の塚かと思われる」とあった。
報告書には新井氏が撮影した、という塚の白黒写真と周辺の公図の写しが掲載されており、写真は茂みが丸く盛り上がっていて、塚と言われれば確かにそのようにも見える。
公図の方は現在道標の建っている細長い土地だけでなく、そこから西の長尾村方面にも、十三坊道に沿って東西に細長いやや不自然とも思える地割が描かれており、かつてはこちら側にも十三塚が続いていたであろうことがこの地割からも裏付けられるようだ。

地元ではこの塚を「神戸谷戸(ごうどやと)の十三坊」と呼んでいたらしい。「神戸」というのは街道南側の馬絹村の字名だったようで、人家が疎らだったことから「神戸の三軒屋」とも言われていたらしい。明治39年の地図を見ると、「神戸」には「ゴード」と振り仮名が振ってある。「神戸」と言えば伊勢神宮に使える人々の住まう土地を指すものと思うが、ここも中世、伊勢神宮の神領であったのかも知れない、と新編武蔵風土記稿に見えるようだ。

最後に意外?な伝承がもう一つ。
ここから北西に1.5kmほどの高台にある「五所塚」という名の塚について以前、書いたことがあって、そちらには平将門との戦いで命を落とした京都(御所)方の武将5人が葬られた塚である、という伝承があったが、この五所塚はここ、長尾の十三塚と同じ旧長尾村内にある。ここ十三坊塚には、五所塚とは逆に、御所方との戦いで討ち死にした将門方の家来十三人を葬ったもの、という伝承も伝わっているのだそうだ。

まさか平将門の伝説にたどり着くとは思いもよらなかったけれど、五十路をとうに過ぎた大の大人が一人、住宅地の道端に突っ立って、十三基の塚が街道沿いに整然と並んでいたであろう、往時の姿を妄想しながら遠い目をしていると、それまで持ち堪えていた空から不意にポツリポツリと雨が落ちてきた。もう1ケ所、別の十三塚を見に行きたいと思うのだが、長くなったので続きはまた次回。

<投稿 2020.05.22>

(参考資料)
「十三塚 実測調査・考察編」 神奈川大学日本常民分化研究所報告 第10集 1984年 平凡社
「宮前区歴史ガイドまち歩き その10 王禅寺道」 川崎市宮前区役所地域振興課 宮前区歴史文化調査委員会 平成30年10月



2018/10/19

中世今井氏の物見塚(東京都青梅市 今井物見塚)

日を追うごとに新たに感染する方の人数が減ってきて、少し明るい気持ちになってくるが、とは言え、罹患され、闘病されている方が一人でもいる限り、コロナ禍は完全な終息、とは言えないのだろう。

以下、2018年10月の話である。

春先、仕事で弁護士さんを乗せて青梅市内を走っていた時、ふと見た道路の名前が「物見塚通り」だった。
きっとどこかに物見塚と伝わる塚があるに違いない、とその時以来、気になっていた。

都内にある塚や古墳は、ご~ご~ひでりんさんの「古墳なう」がとても詳しいので、青梅市内の塚を順番に見ていくと、青梅インターの近く、岩蔵街道沿いの「今井物見塚」という塚がどうやら「物見塚通り」の由来となった塚のようだった。
夏から始まった新しい仕事は、まさに岩蔵街道のひとつ東、飯能街道沿いなので、少し家を早く出て、今井物見塚へ立ち寄ってみることにした。

国道16号を左折して岩蔵街道に入る。岩蔵温泉という鉱泉に向かう道なのでそう呼ばれているようだ。
岩蔵温泉には仕事で何度か行ったことがあった。伝説ではヤマトタケルが岩の蔵に鎧を置いたことから「岩蔵」と名付けられたそうで、泊まったことはなかったが、長閑な山あいの静かで居心地のよさそうな温泉であった。
青梅スタジアムのあるあたりは、川などが流れている訳でもなさそうだが、高低差10mほどの崖になっていて、緩い上り坂になっている。坂道を上ると圏央道との交差点で、圏央道の開通に合わせて、それまで一直線だった街道はここでクランク状に左、右と折れ曲がるが、この右折地点の北側に「今井物見塚」がある。

01 今井物見塚 近景

草で墳丘(塚丘?)は全く見えないが、高さは大人の目の高さほどだろうか、何となく細長い形をしていて、塚の名前の書かれた石柱が立っている。

02 今井物見塚 近景

03 塚上の標柱

東京都遺跡地図情報ではここには塚などの登録はなく、ウィキペディアで見ても昭和末期まで2mほどの高さの丘が残っていた、とあるので、もしかしたら今あるこのマウンドはその当時の名残りの一部か、若しくは後世になって復元されたものなのかも知れない。
昭和の末まで残っていたのであれば、航空写真などに写っているか、と思い、何枚か穴の開くほど観察してみたが、いくら探しても、これだ!というものは見当たらなかった。

ウィキペディアには「物見塚」の名前の由来も載っていて、中世、この地を支配した今井氏の支族の居城であった今井城がこの塚の北方2㎞ほどを流れる霞川を渡った向こうの丘陵地帯にあって、少し距離がありすぎるものの、塚は今井城の防衛のための物見塚ではなかったか、と言われているようだ。

04 塚から北方 今井城の方向

このあたりは狭山茶の産地でもあるようで、周囲には茶畑が広がっている。
少し離れて振り返ってみると、敵の襲来を見張る物見塚としては高さが足りず、何だか頼りない感じもする。

05 茶畑から見た塚

ところで、中世、この地を巡る覇権は目まぐるしく移り変わったらしい。
今井氏は応永23年(1416年)の上杉禅秀の乱で没落、代わりに東青梅の勝沼城を居城とする三田氏が台頭するが、永禄年間(1558~1570年)、三田氏も関東の覇権を狙う北条氏に滅ぼされ、その後は北条の家臣である平山氏が今井城から2㎞ほど西の藤橋城を居城としたそうである。
戦国時代に支配者が目まぐるしく変わることは殊更珍しいことでもないかも知れないが、油断すれば攻め滅ぼされてしまうような乱世であれば、城から離れた崖上に築かれた物見塚は、南から攻め来る敵をいち早く捕捉するためのものとして、有意義だったに違いない。

今あるこの塚はその当時のものではないのかも知れないが、そんな争いの絶えなかった時代の空気を僅かながらでも今に伝える貴重な史跡であることには間違いなかろう。

できればこのまま茶畑の中でずっと空を眺めていたいが、現実逃避はこれくらいにして、全く気は進まないが、そろそろ仕事に向かうとしよう。

<投稿 2020.5.11>

(参考資料)
「古墳なう」 http://gogohiderin.blog.fc2.com/
「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」 東京都教育委員会
http://tokyo-iseki.jp/map.html#
青梅市郷土博物館HP
「今井城跡」 https://www.city.ome.tokyo.jp/site/provincial-history-museum/2825.html
「勝沼城跡」 https://www.city.ome.tokyo.jp/site/provincial-history-museum/2956.html
「日本の城巡り MARO参上 藤橋城」 http://maro32.com/藤橋城/





2018/09/23

北を見晴るかす高台の塚(神奈川県横浜市緑区 ごはん塚)

外出自粛の折、さすがに仕事も急ぎの用件以外は延期せざるを得なくなり、すっかり遅れていたブログの更新が少しづつ進むようになった。とは言え、医療現場の方など、大変な思いをされている方々に感謝の気持ちを示す意味でも、できることから少しづつ、せめて「ステイホーム」ぐらいは心がけたいと思う。

更新が進んだとは言っても、以下はまだ2018年9月の出来事である。

忙しさにかまけて(?)仕事のついでに古墳探索、というブログ創設の趣旨をすっかり忘れたまま、いつの間にか9月も中旬を過ぎてしまったことにハタと気付いた週末、妻を乗せて鴨居のららぽーと横浜までクルマを走らせた。用事は明るいうちに済んだので、日没まであまり間がないが、3kmほど南にある中世の塚を見て帰ることにした。

「緑区遺産」にも登録されているというその塚は「ごはん塚」と呼ばれ、1205年(元久2年)、鶴ヶ峰の合戦で敗走する畠山重忠の郎従が北条氏の追撃により討ち取られて葬られたものとされ、古くは周辺に5つの塚があったから、とか、食事中に追手に討たれたから、とか、ご飯を茶碗に盛ったような形だから等々、由来についても諸説あるらしい。
鴨居という土地にはあまり土地勘がないが、一体どんなところだろうか、と思う。

ららぽーとを出て南へ鶴見川を渡り、しばらく走って鴨居5丁目の信号で県道109号線を右折、上り坂で徐々に高みへと上っていく。調べてみると鶴見川周辺の標高は8mほどであるが、ごはん塚のあるあたりは標高80mほどもあり、意外と高低差がある。
上るにつれて周辺の緑が濃くなり、人家も疎らになってくる。鴨居にもまだこんな自然の濃いところがあるのだな、と思いながらヘアピンのような大きなカーブをぐるりと曲がると左手の眺望が開け、なだらかな斜面に畑が広がっている。ごはん塚はこの畑地の中にあるらしい。
脇道にクルマを停めて、妻を車中に残し、カメラ片手に農道を上っていく。西日がだいぶ傾いてきたが、「ごはん塚入り口」という案内板はすぐに見つかった。

01 傾いてきた夕陽

が、肝心の塚の場所が皆目わからない。
農道をひとしきり右往左往し、「入り口」の標識からはだいぶ見当はずれの方向、小高い高みに記念碑のようなものが見える気もするが、でも多分あそこではないな、と思いながら、近くで農作業をなさっていた男性に尋ねてみると、「ああ、あっちだ」といま来た方角を指す。「一般人が見に行って構わないものか」と問うと、「今日はもう帰っちまっただろうが、農具やら作物に触れなければよかろう」という。ぶっきらぼうだがいい人のようだ。丁重に礼を言い、このあたりかな、というあたりで目をこらすと、ようやく遠くに土のマウンドのようなものが見えた。

02 ごはん塚遠景

ぐるりと迂回して畑の畦道から接近すると、周囲をコンクリートで固められた一画がみえてきた。

03 ごはん塚近景

茶碗に盛ったご飯だとするとやや少なめに見えるが、塚の傍らには「蓮性寺」と書かれた由来碑のほか、墓碑や卒塔婆、石の香炉などが並んでいるので、このお寺さんや地元の方々が今でも弔いの花を手向けているのだろう。

04 塚の由来を記した石碑

05 ごはん塚近景

「鎌倉Today」というHPの「鎌倉好き集まれ!」というコーナーの「もちださんの鎌倉リポート No.303」の回を見ると、この蓮性寺は既に廃寺となっていて、現在はここから800mほど北にある善徳院というお寺に合併(合祀?)されているのだそうだ。

あまり詳しくないので受け売りだが、畠山重忠という武将は武勇の人で、武士の鑑とも称された清廉潔白の人であったらしい。鎌倉幕府を支える有力御家人として重んじられたが、頼朝の死後、北条一族によって力のある御家人が次々と滅ぼされていく過程で、畠山重忠にも謀略の災禍が降りかかり、理由あって手勢130余騎で鎌倉に向かう途上、自らに謀反の嫌疑がかけられていることを知ったものの、逃げも隠れもせずそのまま進み、鶴ヶ峰まで来たところで雲霞の如き北条方の大軍を発見(これが『万騎が原』の由来だそうであるが)、一説には数万ともいわれる幕府軍と4時間もの激闘の末、壮絶な最期を迎えたのだそうだ。
鶴ヶ峰周辺には、重忠の首塚や首洗い井戸、一族郎党134騎を供養したと伝わる六つ塚などがあり、地元では今でも大変手篤く供養されているのだそうだ。

ごはん塚は、激戦のあった鶴ヶ峰から3kmほど北にあり、戦場からは1時間足らずの距離、ということになるのだろう。畠山氏の本貫地である深谷を目指して北へ向かおうとしていたのか、それとも「もちださんの鎌倉リポート」にもあるとおり、重忠と同じく秩父平氏の血を引く近隣の小机氏や中山氏の領地を目指したのか、命の危機に晒されていた5人の郎従が、こんなに見晴らしのよい場所で、こんなタイミングで腹ごしらえをするとも思われないが、いずれにしても、余りにも短い逃避行と、その無念を思うと、こんな私でも胸が痛む。

06 ごはん塚越しの夕陽

もしかすると彼らは自らの最期を悟り、ここから遥か北方、せめて我が家のある深谷の方向を見晴るかすことができるこの場所で、心の中で静かに家族に別れを告げていたのかも知れない。

そう思いながら見上げた夕陽は何だか少しぼやけて見えた。

07 夕陽


<投稿2020.4.30>

(参考資料)
「ごはん塚」緑区ホームページhttps://www.city.yokohama.lg.jp/midori/shokai/midorikuisan/isan_ichiran/isan006.html
「鎌倉Today 鎌倉好き集まれ!もちださんの鎌倉リポート No.303」 https://www.kamakuratoday.com/suki/mochida/303.html
「旭区ふるさとの歴史発見 鎌倉武将 畠山重忠」 平成22年3月 旭区観光協会


2018/06/23

狐と尼さんの伝承の伝わる古墳(山梨県甲州市 おまん稲荷塚古墳、髪切塚)

今回も、まだ世間が平穏であった、2018年梅雨のできごとである。

仕事で疲れているのか、最近、妻に少し元気がない。

気分転換にドライブに誘うと、彼女にしては珍しく、山梨のワイナリーに行ってみたい、と言う。
梅雨の降りしきる中、中央道で勝沼まで行き、地元のワイナリーが経営するという古民家レストランに向かった。
いつもなら混雑していて予約しないとだいぶ待たされるようだが、今日は雨のせいか空いていて、予約していないのですが、と恐る恐る尋ねると、意に反して「どうぞ」とすんなり店内に通された。梯子のような階段に軽く難儀しながら階上へと上ると、店内には年配の夫婦が一組と、もう一組、外国人を交えた3人組が静かに食事をしている。皆、小声で話している、というわけでもないのだが、古民家の屋根や壁は、湿気と一緒に話し声を吸収するのだろうか、店内は不思議と静謐で満ちていて、目を閉じると微かに木枠の窓の外、しと降る雨音が静かに響いてくる。こんな雨の休日もいいものである。

ゆっくりと少し遅いランチに食後の珈琲まで終えて、再び難儀な階段で階下へ降りると、1階はここで作っているワインを試飲しながら購入できるような設えになっている。いつの間にやら妻は、小さなワインボトルを何本か握りしめて、うれしそうに笑っていた。少し元気が出たようだ。
レジの隣では、大きな白い犬が床で丸くなってすやすやと寝息を立てている。何もかもがひっそりと静かな雨の午後である。

店を出て、目前に見えている町営のぶどうの丘に登ってみることにした。こちらも雨のせいだろうか、売り場は人影も疎らで、展望台から雨に煙る勝沼盆地をのんびり見下ろしていると、次第に雨足が弱まってきた。

01 ぶどうの丘より勝沼盆地

夕方になり、そろそろここも閉店時間のようであるが、日が暮れるまではまだ間がある。帰りの中央道も渋滞しているだろうから、もう少し寄り道をして行こうか、と言うと、気配を察したのだろうか、妻から「古墳、見てよし」のお許しが出た。なんとも思いもかけず、山梨の古墳デビューと相成った。

心の準備をしていなかったので、慌てて「古墳マップ」で近くの古墳を探すと、旧勝沼町内の古墳はどこも果樹園の敷地内にあるようで、さすがに果樹園はどこももう閉園時間であろう。この辺りの古墳はまた別の機会、ブドウ狩りでも兼ねてまた尋ね来ることにして、さてと、と目を北に転じると「塩山」の文字が目に入った。

全くの余談であるし、思い出話は健康にはあまりよくないそうだが、勝沼町などと合併して甲州市ができるずっと以前、私が中学に上がった40年ほど前の夏、そこは「塩山市」だった。
人見知りの私が一人でどうしてそんなものに参加したのか皆目覚えていないが、当時住んでいた町田市が主催した塩山市との子供交換留学のようなイベントで、塩山市内、山の中腹の民家に何泊かお世話になったことがある。
笛吹川でキャンプファイヤーをしたような記憶もあるが、はっきりと覚えているのは、八王子から乗った中央本線の普通列車で塩山駅に到着した際、青空と蝉時雨の中でふと見上げた駅名標の「えんざん」の文字と、翌朝起きて顔を洗おうと何気なく捻った蛇口から出た水の、とても真夏とは思えないような冷たさだった。

<おまん塚稲荷古墳>
そんなことをぼんやりと思い返しながら、ぶどうの丘を下って鬢櫛川(びんぐしがわ)沿いに西へ向かい、清水橋西詰交差点を右折、左右に果樹園が広がる中をどんどん上っていくとやがて陸橋で中央本線を跨ぐ。跨いだ先の交差点を右折して、すぐに住宅の合間を左折して入って行くと、右手の畑の向こう、大きな杉木立を頂いたマウンドと祠が見えてきた。

02 おまん稲荷塚古墳 遠景

すっかり雨も上がったようなので、カメラを持って畑の向こう側に回り込むと、隣家の庭先だろうか、墳丘の手前は芝生の広場になっていて、何十年ぶりかで見るような懐かしい遊具がいくつか、鉛色の空と古墳の墳丘を背に置かれている。

03 おまん稲荷塚古墳横の芝生広場と遊具

墳丘は高さ2mほどだろうか、「古墳マップ」には「円墳」とある。

04 おまん稲荷塚古墳 近景

05 おまん稲荷塚古墳 近景

墳頂の祠は稲荷社で、小さな白狐の人形がいくつか並んでおり、つい先ほどまで皆で話をしていたけれど、時ならぬ闖入者に驚いて、皆、一斉に息をひそめてこちらの様子を伺っているように見える。

06 おまん稲荷塚古墳 墳頂の稲荷祠

ところで「おまん稲荷」という名称には何か謂われがあるのだろうと思い、いろいろと調べてみたが、狐にまつわる伝承があること以外、詳しいことはわからなかった。
お稲荷様と言えば狐様、狐は稲荷の神の使いとされるし、関係ないかも知れないが、茨城県鉾田市には「大塚おまんと青塚おせん」という狐の姉妹の伝承が残っているそうなので、この「おまん稲荷」もそういった名前の狐にまつわる祠なのかも知れない。

07 古墳脇 梅雨に濡れた花

<髪切塚>
さて、おまん稲荷塚古墳を辞して、来た道を戻る途中、Googleマップで「しおごみち」と書かれた北東から南西へ向かう一本道と斜めに交差する。この道の謂われもよくわからなかったが、何となく気になってこの道へと逸れたところでふと見ると、皮膚科の建物の裏に大きな木を何本か頂いた小山が目に入った。

08 髪切塚 遠景

皮膚科はもう診察時間が終わったのか閉まっているので、駐車場の隅にクルマを停めさせてもらい、社内に妻とワインを残して小山を見に行ってみた。

09 髪切塚 近景

夏草で判然としないが、高さは3mほどあるだろうか、周囲はだいぶ大きく、直径10mほどはありそうである。

10 髪切塚 近景

これはどうやら「髪切塚」と呼ばれる塚のようで、一説には古墳である、とも言われるようであるが、詳しいことはまたしてもわからずじまいであった。
ただし、「髪切塚」という名前の由来は見つけることができた。
「JH1IRUのページ」という方のホームページに山梨の民話が紹介されており、その中の「比丘尼原(びくにっぱら)」という地名の由来に、この髪切塚の由来が書かれていた。

「比丘尼原」というのはこの周辺の字名のようであるが、南北朝時代の天授六年(1380年、北朝年号では康暦2年)、今でもこの地にある善正寺の僧の娘が、塩山の向獄寺で仏門への入門を願い出たが、女性であることから願いは聞き入れられず、意を決して髪を下ろし、顔に焼き鏝を当てることで信心の深さを示し、漸く入門を許され、「理庵尼(りあんに)」という法号を授かって仏門に帰依したことから、このあたりを「比丘尼原」と呼ぶようになったのだそうだ。この尼さんが髪を下ろしたと伝わる場所が「髪切塚」で、ここがその塚のようである。
尼さんが切った髪を埋めた塚、若しくはこの塚上で髪を切った、ということなのだろうか、髪を埋めるにしては塚が大きすぎるようにも思うけれど、やはりそれ以前からあった塚(ないしは古墳)に後世、逸話が付加された、ということではないだろうか。ちなみにここから西に6㎞ほどの旧春日居町にある牧洞寺古墳はこの「理庵尼」の墓である、とも伝わるようだ。

いずれにしても、昔の日本には、我々のように平和な時代に育った人間には到底思いも及ばないような、なんと信仰心の深い人々がいたのだろうか、と思う。せめて、各地にこうした伝承があることを後世に伝え残していくことぐらいは、我々のような平和な世代の責務なのではないだろうか、と思う。

クルマに戻ると、妻は、ワインと一緒に買ったつまみの味見を始めていた。だいぶいつもの彼女に戻りつつあるようで安心でもあるし、これはこれで平穏な毎日の中で自分が守れる幸福の一つなのだろう、と何となく思う。
さて、彼女がワインまで開けてしまわぬうちに、早々に帰路につくとしよう。

<投稿 2020.04.18>

(参考資料)
「古墳マップ」 http://kofun.info/
「ふるさとの昔ばなしシリーズ 鉾田市 狐と赤ん坊」 茨城いすゞ自動車㈱ https://www.ibaraki-isuzu.co.jp/story/detail/id=187
「山梨市の民話 地名の由来 比丘尼原」 JH1IRUのページ https://www.qsl.net/jh1iru/yamanashi/minwa/biku/biku.htm





2018/06/19

「水戸の始まり」の前方後方墳(茨城県水戸市 安土星古墳群跡/大井神社)

趣味で古墳を見に行くことは、間違いなく「不要不急の外出」であろうから、自粛すべしと心得ている。
けれど、止むを得ず仕事で外出せねばならない日もある。出来れば出かけたくはないのだが、仕事なので仕方がない。
そんな仕事への行き返り、時間の許す範囲で、移動経路から大きく外れずに行ける範囲の古墳であれば、必ずマスクを着用した上で、できるだけ誰にも会わないよう、手短かに写真を撮ってすぐに帰る程度なら許容範囲かしら、と思っているけれど、果たしてどうなのだろう。
もとより古墳を見に行って、誰かに会うようなことは滅多にないのだが・・・。

これはまだ、世の中がこんなことになろうとは微塵も思っていなかった、2018年6月の夕方の話である。

水戸での仕事が終わり、時計は17時を回っているけれど、帰りがけにもう一カ所、寄り道したい場所がある。以前から是非見たい、と思っていた「安土星(あどぼし)古墳」である。

「安土星古墳群」は水戸市飯富(いいとみ)町の安土星という地域にあった古墳で、県北地域最古級の前方後方墳であったそうだが、国道バイパス工事の採土作業のため発掘調査が行われた後、残念ながら保存されることなく削平されてしまい、今は駐車場になっている、という。

水戸駅前の市街地から国道123号を北西に走り、水戸北インターを横目に常磐道をくぐって左折すると、田園風景の向こうに古墳のある細長い台地が横たわって見えている。時刻は18時半を回って、西の空がだいぶ茜色に染まってきた。暗くなってしまうので急がねばならない。

01 夕景の舌状台地

台地に向かって真っすぐ進むとほどなく「飯富特別支援学校入口」の信号に差し掛かる。信号右上に見えている駐車場が「安土星古墳」のあった場所であるらしい。

02 特別支援学校入口信号

03 飯富特別支援学校校門前

駐車場は学校敷地内で勝手に立ち入るわけにも行かず、一言断ろうにも時間が遅いためか人影がない。
仕方がないので、学校入口の信号近くの公園から駐車場を見上げて空想に耽るほかない。

04 台地下公園から見上げた古墳跡地

こうして見上げている高台は、西を那賀川本流、東を田野川で細長く削られた舌状台地が南に向かって突き出した末端部分で、高台と麓の比高差は10~15mほどある。
肝心の古墳群については、インターネットなどで調べてもなかなか詳しいことはわからなかったが、水戸市教育委員会他から成る調査団が1981年に発掘調査した記録を纏めた調査報告書、「常陸安土星古墳」によると、古墳群はもともと13基の古墳から成る古墳群であったらしく、分布域の最南端、目前の台地上の前方後方墳が1号墳と名付けられ、古墳群中の盟主墳であっただろう、とされたようだ。
1号墳は自然地形を利用した地山削り出しによる全長約40mの前方後方墳であったが、南東方向、尾根の先端に向かって検出された前方部はやや歪んでおり、長さもごく短く、しかも盛土は全くなかったらしい。括れ部西側には造出状の突出部があり、後方部はやや縦長、長方形の二段築成で高さは2mほどあったらしい。主体部は検出されなかったようだが、埴輪を持たないことから古い時代の築造と考えられ、出土した土器片などから判断して5世紀前半頃の築造であろう、とされたそうだ。

なお、後方部北西に隣接して東西10m、南北9mの方墳が確認され、こちらは2号墳とされたが、周溝の形状などから築造順は1号墳が先行するものとされたようだ。

この辺りは那賀国の中心地として古くから開けた場所であったらしく、1kmほど北方には、延喜式内社で常陸国那賀郡七座の筆頭社としてその名の見える大井神社がある。

05 大井神社鳥居

露出の加減で写真からはそうは見えないかも知れないが、だいぶ日が傾いて辺りが薄暗くなった。薄暮の無人の境内を一人で歩く根性はあいにく備わっていないので、参詣はまたの機会にしようと思う。

この神社の祭神は建借間命(タケカシマノミコト)で、大和朝廷から派遣された建借間命がこの地域を平定、那賀(仲)国造に任命された際はこのあたりを根拠地としたと考えられるらしく、水戸市商工会議所のホームページには、この地が「水戸の始まり」とある。
そう聞くと、安土星古墳が建借間命の墳墓か、とも思ってしまうが、建借間命の墳墓と伝わるのはここから那賀川沿いに5kmほど南東に行ったところにある巨大な前方後円墳「愛宕山古墳」であって、ここは昨年の冬に訪れたことがある。

06 愛宕山古墳(2017年11月)

愛宕山古墳は6世紀初頭の築造で、考古学上は安土星古墳の2代後の首長墓とされ、両者の間には首長墓がもう1代、かつて愛宕山古墳に隣接して存在していた「姫塚古墳」が挟まると考えられるようだ。

大井神社は江戸時代の初期、寛永年間(1624~1645年)までは安土星古墳のすぐ近くにあったそうで、古墳近くには当時の御手洗池の跡が残っていたようである。明治6年まで大井神社の社地は現在よりもずっと広く、安土星古墳も境内地内にあって別名「大井御立山」と呼ばれ、神社に残る寛政期(1789~1801年)の絵図には前方後円墳としてその姿が描かれているのだそうだ。

ところで、鳥居横の由緒書きには「建借間命はもと肥の国の意富臣(おふのおみ)」とある。

07 大井神社由緒書き

以前、潮来市の大生西部古墳群と大生神社について調べた際、「多(オオ/オウ)氏/大生(オフ)氏」についてもいろいろと調べた。オオ/オウ/オフ氏は、建借間命と同じく神八井耳命(カムヤヰミミノミコト)を祖とし、鹿島神宮を奉斎した中臣氏もオオ臣族としての那珂臣族で、オオ氏とは同祖同族とする説もある。
この大井神社ももとは「意冨比(おほひ)神社」若しくは「鹿島明神」と呼ばれていたようであるが、この「カシマ」は「建借間命」の「カシマ」を表す、という説もあるようだ。
鹿島神宮も元々はオオ氏の奉斎した神社であるという説もあるようで、時代が下るにつれ、国家的な祭祀の中心に中臣氏が台頭、東国の神郡祭祀に際しても、東征以降、この地方の政治/祭祀権を握っていたオオ氏が、その立場を中臣氏に徐々に奪われたのではないか、と素人なりに考えたが、それと同じことがここ、祭祀権をオオ氏が握っていた大井神社と、これに代わって那賀国の政治/祭祀権を掌握するようになった新勢力(吉美侯部(キミコベ)氏?)とその本拠地である水戸駅南の台地上にある吉田神社/吉田古墳群でも起こったのではないか、という解釈が前述の調査報告書には紹介されていて、興味深かった。

大井神社の宮司である松本氏は意富(オフ)臣の一族であるそうだし、そもそも「飯富」という地名も「飫富(オフ)」の誤記であろう、とされているのだそうだ。

最後に、そもそも「安土星」とは惑星の「土星」の古い和名で、読みは「あどほし」、「あとぼし」、「あづちのほし」、「安曇星」、「梓星」などとも表記されたらしい。(「あどほし」と聞くと、年代的には水森亜土さんと小林亜星氏を連想してしまうが・・・。)
何故、この地域の字名に土星の名前がつけられているのか皆目わからないけれど、自分が生まれ育った土地に星の名がついていたとしたら、ロマンがあってさぞかし素敵だっただろう。
ただし、もしそうであったなら、趣味は古墳巡りではなく、きっと天体観測に嵌っていたに違いない。

外出自粛もあることだし、天体望遠鏡、買ってみるかなあ。

<投稿 2020.4.10>

(参考資料)
「いばらきデジタルまっぷ」 http://www2.wagmap.jp/ibaraki/top/select.asp?dtp=34
「常陸安土星古墳」 1982年 常陸安土星古墳調査団
「水戸の始まりの史跡と信仰」 郷土いいとこ再発見 水戸商工会議所 https://mito.inetcci.or.jp/110iitoko/shinkou/