FC2ブログ
2018/01/05

庚塚の名残り(?)の見晴らし台

今日は言わば空振りの三振、古墳でも、塚でもない、「金塚」という広場の単なる盛土である。

昭島で新年早々の仕事を終え、今日はこの後、急ぎの用もないので、ドライブを兼ねてのんびり帰ろうと思う。

立川から南下して、関戸橋の手前から多摩川沿いに裏道を是政橋の近くまで来た時である。窓外を通り過ぎて行く看板に「塚」の文字を見たかな、と思った次の瞬間、目前に、大きな塚状の盛土が目に入った。

01 是政金塚桜広場

周囲と同じく芝生が貼られている上に、頂上に構造物が乗っているところを見ると、これは公園の見晴らし台のような人工の盛土だろう。ちょうど赤信号で停止したこともあるので、道路脇にクルマを寄せてちょっとだけ見に行ってみよう。

見る位置によっては古墳のようにも見えなくも・・・。いや、やはりちょっと、さすがにそうは見えない。

02 是政金塚桜広場

最初に「塚」の文字を見た看板はこの広場の植物を紹介しているもので、広場の名前は「金塚桜広場」という名前のようだ。

03 是政金塚桜広場

広場のすぐ前は多摩川の堤防道路で、塚状の盛土の上に上がってみると、多摩川の歴史を伝える府中市の設置した看板があった。

04 是政金塚桜広場

広場の名前にもなっている「金塚」はこのあたりの地名のようで、看板には「是政金塚(昭和4年頃)」という白黒写真が掲載されている。

05 是政金塚

昔ここにあった金塚という塚が映ってるのかな?と思い、近寄ってよくよく見たが、どう見ても塚のようなものが映っているようには見えない。

やはりここに「金塚」という塚があった訳ではないのか、と思い、そのまま帰路についた。

それにしても何故、「金塚」なのだろう。

自宅に着くまで悶々と気になっていたので、調べてみると、府中市が設置した由来碑を紹介しているホームページで「金塚橋」の由来、というものを見つけた。

府中用水に架かっていた橋の名にもなっているようだが、「金塚」の由来は「かのえづか(庚塚)」にあり、「かのえづか」がなまって(?)「かねづか」になったもの、と書かれている。いつの頃かわからないが、ある時期、ここには庚申塚のようなものがあったのだろう。

今日見たあの盛土は、いずれにしても古墳でも塚でもないようだけれど、「塚」の字が付くには、やはりそれなりの理由があるようだ。


(地図)
是政金塚桜広場地図


(参考資料)
「がいどまっぷ府中」 由来碑 https://fugis.city.fuchu.tokyo.jp/FuchuInternet/portal/yuraihi.html




2017/08/10

縄文中期 隅丸方形の環状集落跡(東京都杉並区 下高井戸塚山遺跡)

今回は古墳ではなく、縄文時代の住居跡である。

急ぎの仕事で急に忙しくなってしまったのと、このところ関東地方は天候が不順で、出掛けてもなかなか寄り道ができずにいた。

立川からの帰り道、今日はどうやら雨は降らないようなので、久々にどこか寄り道したいが、もう夕方に近く、あまり時間もないので、近場で探したいと思う。

杉並区に「塚山公園」という場所がある。名前からすると古墳か塚のある公園なのではないか、と思い、いつも近くを通りつつ気になっていた。なかなか立ち寄る機会がなかったが、今日はちょうど都合がよい。
一体どんな公園なのだろう、と思い、ウィキペディアを見ると、縄文時代の竪穴式住居跡が公園として保存されているらしく、「古墳のミニチュアを展示」とある。古墳のミニチュアとはどんなものかイメージが湧かないが、もしかしたら、と淡い期待を持ちつつ、向かってみた。

人見街道を東へ。

話は逸れるが、人見街道は変わった道だ、と学生時代から思っていた。
東京の道路なのに、都心から放射状に延びておらず、東進すればするほど都心から逸れていく。全くおかしな道だ、と思っていたが、それも道理で、この道は東京などまだ影も形もない遠い時代からの道だそうで、府中国府から、以前紹介した上中里の豊島郡衙へと至る古代道路の名残りであるようだ。

浜田山で人見街道を離れて南下すると、ほどなく神田川を渡る。川の向こう右側に見える、緑に覆われた高台が「塚山公園」である。

01 杉並塚山公園遠景

入り口を入ったところに案内図が出ている。「古墳のミニチュア」は「管理棟」にあるらしいので、まずは管理棟を目指す。

02 杉並下高井戸塚山遺跡

公園は近所の方々が思い思いにウォーキングをしたり、犬の散歩をしたり、憩いの場として生活にすっかり溶け込んでいる感じである。
途中、案内図に「住居跡」と書いてある場所を通る。竪穴式住居跡の柱穴などのレプリカが展示してある。

03 杉並下高井戸塚山遺跡住居跡(復元)

木立の中の遊歩道を通り過ぎると、目指す管理棟が見えてきた。ベンチでは散歩中の男性とイヌくんが仲良く休憩中である。

04 杉並塚山公園

管理棟前には復元された縄文時代の住居があり、中では縄文時代のご家族が夕食準備の最中だった。

05 杉並下高井戸塚山遺跡復元住居

06 杉並下高井戸塚山遺跡復元住居内

縄文時代の住居は、時代が下ると円形から方形に変化していくらしく、ここで発見された住居跡は四隅がラウンドした「隅丸」の方形住居だそうである。

いよいよ管理棟に入る。他に見学者の姿はなかったが、入ると係の方がすぐに電気を点けてくれた。
「古墳のミニチュア」は見当たらなかったが、発掘された土器などの複製品とともに、遺跡全体のミニチュアが展示されていた。

07 杉並下高井戸塚山遺跡ミニチュア

遺跡の中央部分は祭祀用のスペースで、住居跡が祭祀址を中心に環状に並ぶ「環状集落」だそうである。そればかりでなく、地中からは武蔵野台地で最古の旧石器時代のナイフ型石器が発見されているようである。

08 杉並下高井戸塚山遺跡解説

木立の切り株にはキノコが生えているし、少し崖を下れば神田川があり、飲料水にも事欠かない。確かにここは生活するにはもってこいの場所だったのだろう、と思う。

09 杉並塚山公園内

10 杉並下高井戸塚山遺跡遠景


公園を出てふと見れば、公園前の道は鎌倉街道であった。

11 杉並塚山公園前鎌倉街道

12 杉並塚山公園前鎌倉街道解説

古えの鎌倉街道も、今ではすっかり地元の生活道路となっている。

13 杉並塚山公園前鎌倉街道

結局、「塚山公園」には古墳も塚もなかったけれど、すっきりしない天気が続く中、縄文時代からの永い歴史が現代の生活にすっかり溶け込んだ心地よさのようなものを見せてもらった気がした。

さあ、こちらも帰って仕事の続きを仕上げてしまうとしよう。

(地図)
杉並下高井戸塚山遺跡地図


(参考資料)
「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」 東京都教育委員会 http://tokyo-iseki.jp/map.html#
「杉並区立塚山公園」(案内パンフレット)



2017/06/12

滝山街道沿いのマウンド(東京都八王子市)

今回は古墳でも何でもないので、興味のない方は読み飛ばして頂いた方がよいと思う。

5月の下旬は忙しかったが、6月に入ってもしばらくは仕事に忙殺されてしまい、寄り道などをする機会がめっきり減ってしまった。時間に追われる毎日で、これでは一体何のために会社勤めを辞したのかよくわからなくなってきたけれど、そんな「欲求不満」が鬱積したある日、滝山街道の旧道を走っていて、車窓に妙な土の山を見かけた。

01 戸吹町マウンド

その後も何度か横を通るたびに何かと思って注意深く観察していたが、とうとう欲求不満が堪忍袋の緒を切って噴出したので、クルマを停めて近くまで見に行って見ることにした。

02 戸吹町マウンド

高さ2m、直径は5~6mほどだろうか、単に道路脇の土地が円墳状に盛り上がっているだけのようだが、大きさ、形と風情が欲求不満の古墳魂を刺激する。

03 戸吹町マウンド

いよいよただの土の山を写真に撮るようになったか、これは相当疲れてきているに違いない、いつになったらきちんと古墳を見に行けるようになるだろうか、と溜息をつきながら西の空を見上げた。

04 戸吹町の空

家に戻り、やるべき仕事を終わらせるともう時計は真夜中であるが、まさか遺跡地図に何か登録されてはいないか、と思い調べてみた。
が、しかし、そんなにうまい話がある訳がない。マウンドは道路の南側にあったが、そのあたりは道路の北側は「宮下遺跡」という縄文時代から古墳時代、平安時代、近世までの複合遺跡のようだが、南側には特段の記載は見られない。しかも。「宮下遺跡」の古墳時代の遺構も「住居、土坑」となっており、古墳の文字は見られなかった。

やはりあれは古墳ではないようだ。だがしかし、もしかしたら近世の一里塚か何かの痕跡なのではないだろうか。欲求不満もここまで来ると単なるストレスではなく、「つける薬がない」という類いのあれではないか、とも思うが、真夜中にインターネットでいろいろ検索してみても、そういった類いの情報はついぞ見つからなかった。

やはりあれは単なる自然地形のようである。
そんなものをブログで紹介するのは気が引けるが、ここのところこんなものしか見ていないので、大変僭越ながら、今回は大目に見て頂くとしよう。

(参考資料)
「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」 東京都教育委員会 http://tokyo-iseki.jp/map.html#


正体不明マウンド地図

<追記>2019.04.15
先日(と言っても2月の下旬)、仕事の帰りに久しぶりに滝山街道を通った際、何気なく見ると、紹介した盛土のあった一画は綺麗に整地され、すっかり平らになっていた。昨年の夏に通った際は「健在」であったものの、盛土の表面には砂利なども混じっていたように見受けられたので、やはりこれは単なる盛土だったのかも知れない。

こんなブログでも、細々と続けている間に、世の中ではいろいろな変化が起きるものである。
そんなちょっとした変化に今後も気が付けるように、細々とでもブログの更新を続けていきたいと思う。


2017/02/27

石器時代の敷石住居、石棺墓跡(東京都あきる野市 西秋留石器時代住居跡)

今回は番外編、古墳ではなく、石器時代の住居跡遺跡である。

西秋留石器時代住居跡

圏央道のあきる野インター近くの牛沼という興味深い名前の地区、秋川に面した河岸段丘上に「西秋留石器時代住居跡」遺跡がある。

西秋留石器時代住居跡

敷石住居跡5戸と石棺墓2基などが見つかったらしい。

西秋留石器時代住居跡

地表面には発掘当時のものか、敷石住居跡と石棺墓の見分けはつかないが、人頭大の川原石の石積みが保存されている。

西秋留石器時代住居跡

地味ではあるが、そこはかとなく興味深い遺跡である。

西秋留石器時代住居跡